471件中 21 - 30件表示
  • 2005年の中国における反日活動

    2005年の中国における反日活動から見た尖閣諸島尖閣諸島

    4月10日、香港教育評議会と中国歴史教育学会などが連携して、署名活動を行った。彼らによれば、日本の尖閣諸島(中国称釣魚台群島)の横領、歪曲された教科書の検定通過、および日本の国連安保理常任理事国入りに反対し、4月17日(日)にデモ行進が行われた。他の地域と違って警察に従ったデモであったが、参加者は数千人規模となった。日本国内で香港でのデモ隊の一部が暴徒化したとの情報がテレビ朝日「報道ステーション」において報じられたが、映像の中の車が右側通行であることや、背景のビル群が香港のものでないことが視聴者にも明らかであったためクレームが続出、翌日誤報であったことを謝罪した。なお、当日石川県にて観光事業推進のため来日した香港の観光親善大使が、「香港では大規模な暴動は起こっていない」と発言している。2005年の中国における反日活動 フレッシュアイペディアより)

  • 第一列島線

    第一列島線から見た尖閣諸島尖閣諸島

    法制面では、1992年に、尖閣諸島、西沙諸島、南沙諸島を中国の領土であると規定した「領海法」を施行し、1997年には、国防の範囲に海洋権益の維持を明記した「国防法」を施行、さらに現在、国家海洋局が中心となって、島嶼の管理を強化する「海島法」の立法作業を進めている。第一列島線 フレッシュアイペディアより)

  • 宮嶋茂樹

    宮嶋茂樹から見た尖閣諸島尖閣諸島

    1997年5月6日、尖閣諸島魚釣島に衆議院議員(当時)西村眞悟、石垣市議会議員仲間均、映像教育研究会の稲川和男とともに視察を行った。宮嶋茂樹 フレッシュアイペディアより)

  • 葛城奈海

    葛城奈海から見た尖閣諸島尖閣諸島

    自身が立ち上げた「やおよろずの森」という民間団体では、石垣島、小浜島、西表島、対馬の海岸の漂着ごみを清掃するビーチクリーン活動等を行い、日本の自然・生物の生態系を守る活動に取り組んでいる。尖閣諸島を含む国境離島における、「平穏かつ安定的な維持及び管理」という政府見解に対し、放っておく事が環境を安定させる事にはならないと主張。いずれは、上陸が禁止されている尖閣諸島海岸に於いても同様の活動をしたいと述べている。葛城奈海 フレッシュアイペディアより)

  • かりゆしクラブ

    かりゆしクラブから見た尖閣諸島尖閣諸島

    11月3日 - 30名程が、日本、沖縄で最初の尖閣諸島に関するデモ、第一回尖閣諸島沖縄領有アピール集会・デモを行った。かりゆしクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 阿部俊幸

    阿部俊幸から見た尖閣諸島尖閣諸島

    声編集長就任以降、日本は安倍政権の下で右翼化し、軍国主義になろうとしている、戦前の道を歩んでいるとする投書を掲載し続けている。領土に関しては「領土問題」と書き(日本政府は領土問題は存在しないとする立場)、竹島の領有権放棄、尖閣の国有化反対・日中共同管理を唱え、2013年参院選挙では「ねじれ」状態の継続をよしとし、安倍自民党政権のアベノミクスや日本国憲法第9条第2項の改正には、一貫して反対する投書を掲載している。また東京都教育委員会などが公立学校の卒業式などで日の丸・君が代の掲揚・斉唱時に起立・斉唱しない教職員組合の教員を処分していることも批判している。2020年東京五輪の誘致にも反対し、ライバル都市のイスタンブールに譲り、震災復興を優先せよ、とする投書を掲載し続けている。阿部俊幸 フレッシュアイペディアより)

  • 領空侵犯

    領空侵犯から見た尖閣諸島尖閣諸島

    また、尖閣諸島周辺で領海領空を主張し、防空識別圏を設定(尖閣諸島防空識別圏問題)している中華人民共和国に対するスクランブル発進が、近年増加傾向にある。。領空侵犯 フレッシュアイペディアより)

  • 南西諸島

    南西諸島から見た尖閣諸島尖閣諸島

    北から南へ、大隅諸島、吐?喇列島、奄美群島、沖縄諸島、宮古列島、八重山列島と連なり、沖縄諸島の東に離れて大東諸島、八重山列島の北に離れて尖閣諸島がある。南西諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 海上保安庁の歴史

    海上保安庁の歴史から見た尖閣諸島尖閣諸島

    5月17日:尖閣諸島魚釣島に仮設ヘリポートを設置するため、第一管区海上保安本部釧路海上保安署所属の巡視船「そうや」を派遣。仮設ヘリポートは、後に中華人民共和国の抗議があったため撤去された。海上保安庁の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 森山欽司

    森山欽司から見た尖閣諸島尖閣諸島

    1978年3月2日、永年在職議員表彰を保利茂衆議院議長から受け、慣例により自民党顧問に就任した。25年間在職した議員は彼で171人目であった。その年の自民党総裁選挙では、河本敏夫の選対事務局長を務めた。同年運輸大臣に就任、12月20日からの値上げが決定していた私鉄運賃の値上げを大臣就任直後に延期した。12月26日には高木文雄総裁ら国鉄役員のボーナス半額カットを指示した。1979年1月12日、それまで受験資格が男子に限定されていた航空管制官、気象観測官、海上保安官などの五職種を女子にも受験資格を与えるよう指示した。1月23日、六大都市のタクシー運賃値上げにストップをかけた。1月29日、鉄道労働組合の辻本滋敬組合長らと懇談し、国鉄再建への協力要請を行った。3月30日、尖閣諸島・魚釣島にヘリポート建設を指示した。3月26日、笹川良一日本船舶振興会長への勇退を勧告、全日空の若狭得治会長へ辞任要求を行った。6月には国会で、「国鉄の財政改善のため、非効率な夜行列車は廃止すべき」と表明し、議論を呼んだ。第1次大平内閣発足時に(運輸大臣は)「森山さん以外ならだれでもいい」と発言した住田正二運輸事務次官を1979年7月に辞任に追い込んだ。森山欽司 フレッシュアイペディアより)

471件中 21 - 30件表示

「尖閣諸島問題」のニューストピックワード