348件中 31 - 40件表示
  • 台湾の行政区分

    台湾の行政区分から見た尖閣諸島尖閣諸島

    なお、中華民国が領有する東沙諸島と南沙諸島の島々は高雄直轄市に、また尖閣諸島(中国語名:釣魚台列嶼)は「中華民国領海及鄰接区法」の規定によって宜蘭県の所管とされている。台湾の行政区分 フレッシュアイペディアより)

  • 日台関係史

    日台関係史から見た尖閣諸島尖閣諸島

    尖閣諸島(台湾名:釣魚台)問題は、台湾側が領有を主張し始めた1969年頃から、漁業権益や海底資源権益も絡んで日台間の最大の懸念事項となっている。台湾船による領海侵犯事件が繰り返し発生している。2010年5月には、防衛省が日本最西端の与那国島の防空識別圏拡大を決定したことに対し、台湾側が強く反発した。日台関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 右翼団体

    右翼団体から見た尖閣諸島尖閣諸島

    主に天皇主権(主に天皇機関説)、学校での日章旗掲揚・君が代斉唱の義務化、押し付け憲法として日本国憲法の排除・復古的改憲論肯定、失地領土(北方領土ないし千島列島、竹島、南樺太など)に対する奪還運動、尖閣諸島をはじめとする沖縄や対馬などの国境と接する島や遠方の離島の領土死守、社会主義・共産主義・社会民主主義・社民党・共産党の排除、反労働組合、朝日新聞や毎日新聞の反メディアを唱える。右翼団体 フレッシュアイペディアより)

  • アホウドリ

    アホウドリから見た尖閣諸島尖閣諸島

    北太平洋に分布しており、夏季はベーリング海やアラスカ湾、アリューシャン列島周辺に渡り、冬季になると繁殖のため日本近海へ南下する。鳥島と尖閣諸島北小島、南小島でのみ繁殖が確認されていた。2011年と2012年にはミッドウェー環礁でも繁殖が確認されている。アホウドリ フレッシュアイペディアより)

  • 海上保安庁の歴史

    海上保安庁の歴史から見た尖閣諸島尖閣諸島

    1979年(昭和54年)5月17日 - 尖閣諸島魚釣島に仮設ヘリポートを設置するため、第一管区海上保安本部釧路海上保安署所属の巡視船「そうや」を派遣。仮設ヘリポートは、後に中華人民共和国の抗議があったため撤去された。海上保安庁の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 石原伸晃

    石原伸晃から見た尖閣諸島尖閣諸島

    同じく2012年9月11日のテレビ朝日系『報道ステーション』にて、中国による尖閣諸島侵攻の可能性を問われ、「攻めてこない。誰も住んでいないんだから」と断言。このため、産経新聞から「国家主権に関わる領土問題について認識の甘さを露呈」と批判的に報じられた。石原伸晃 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た尖閣諸島尖閣諸島

    学生時代に「釣魚島(尖閣諸島)還回」を主張する活動を続け、米国留学時代の研究テーマも「釣魚島」の中華民国帰属を扱うなど領土問題に関しては非常に日本に批判的である。また、在学中は大学図書館の蔵書で尖閣諸島を日本が領有する旨が記されたページを破りとるなどの行為をしていた。2005年6月の党主席選挙では、「釣魚島の奪回のために日本とは一戦を交えることもいとわない」「戦う姿勢を見せて日本を対話のテーブルにつかせるべきだ」(2005年の沖縄近海における台湾漁船の抗議行動 参照)と主張した。党主席就任後の2005年8月には、「南京大虐殺や尖閣諸島での日本の言動は、大陸、台湾双方の人々の心を逆なでする」「国民党は将来、尖閣諸島の問題解決に注力する。私は尖閣諸島についての専門的知識を持っている」 と発言した。また、2012年8月15日に発生した香港活動家尖閣諸島上陸事件の逮捕者とも過去には交流があることが活動家側が認めている。。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 箕作佳吉

    箕作佳吉から見た尖閣諸島尖閣諸島

    地学雑誌 第142巻 - 尖閣諸島開拓者の古賀辰四郎が上京し箕作佳吉に会う。箕作佳吉 フレッシュアイペディアより)

  • 下地島空港

    下地島空港から見た尖閣諸島尖閣諸島

    先島諸島は、宮古島にある航空自衛隊レーダーサイト以外は自衛隊がまったく駐留していない「軍事空白域」となっている(海上保安庁の巡視艇は配置されている)。しかも、中華人民共和国や台湾に接しており、尖閣諸島などの領土問題も抱えている。日中間では排他的経済水域の問題でも対立があり、先島諸島近海では、中華人民共和国の科学調査船による無許可海洋調査が頻発しており、調査船の護衛名目で中華人民共和国の艦隊の威力航海が何度も行われている。また、台湾有事の可能性もあるなど軍事情勢は平穏とは言い難い。下地島空港 フレッシュアイペディアより)

  • 反中

    反中から見た尖閣諸島尖閣諸島

    21世紀に入ると、中国の経済成長や軍事面での強大化、尖閣諸島海域での領海侵犯など日本の権益への侵犯行為が表面化するにつれ、中国に脅威を感じる日本人が増えていった。特にAFCアジアカップ2004で日本が優勝した際に発生した一部中国人の暴動はマスコミでも大きく取り上げられ、「スポーツは政治と絡めないで友好を模索するもの」という日本人の一般的な市民意識と大きく隔たった問題行動が、中国に対する感情を悪化させた。反中 フレッシュアイペディアより)

348件中 31 - 40件表示

「尖閣諸島問題」のニューストピックワード