348件中 41 - 50件表示
  • 2012年の日本

    2012年の日本から見た尖閣諸島尖閣諸島

    尖閣諸島の魚釣島に香港の活動家ら7人が上陸し、沖縄県警はこのうち5人を出入国管理法違反(不法上陸)の疑いで現行犯逮捕した。また、海上保安庁の巡視船が領海内で抗議船を捕捉し、乗っていた9人全員を同法違反(不法入国)の疑いで現行犯逮捕した。(香港活動家尖閣諸島上陸事件)。2012年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊

    自衛隊から見た尖閣諸島尖閣諸島

    日本政府は尖閣諸島は日本固有の領土であり、領有権問題は存在しないという立場だが、1971年に地下資源埋蔵の可能性が確認されて以降、中国は尖閣諸島の領有権を主張している。また、中国政府は日本が沖ノ鳥島に排他的経済水域を設定していることに異議を唱えている。吉林省と新疆ウイグル自治区通化にはミサイル基地が存在し、通常弾頭、核弾頭双方の中距離弾道ミサイル約25基の照準を日本の主要都市や在沖縄米軍基地へ向けている可能性が指摘されているほか、日本領海内を潜水航行する原子力潜水艦を海上自衛隊が追跡した漢級原子力潜水艦領海侵犯事件の事例がある。近年では、アメリカ海軍の空母機動部隊の軍事プレゼンスを排除する目的で、対艦弾道ミサイルの能力向上と配備を推進している。自衛隊 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国

    中華人民共和国から見た尖閣諸島尖閣諸島

    世界最大の人口を持つ国、中華人民共和国はアジア大陸の東部、太平洋の西海岸に位置し、国土はチベットとウイグル(東トルキスタン)も中国と見なした場合は9,597,000km?でロシアとカナダに次ぐ面積であり、世界第3の大きさであるとされることが多い。水面積の統計上の処理の方法によってはアメリカ合衆国の面積の方がわずかに中華人民共和国を上回るとされることもある。領土は北は漠河以北の黒竜江の中軸線から、南は南沙諸島の一部まで。東は黒竜江とウスリー川の合流する地点から、西はパミール高原まで広がっている。陸地の国境線は2万2800キロで、東は朝鮮民主主義人民共和国、北はモンゴル、北東はロシア、北西はカザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、西と南西はアフガニスタン、パキスタン、インド、ネパール、シッキム、ブータン、南はミャンマー、ラオス、ベトナムと接し、東部と東南部は韓国、日本、フィリピン、ブルネイ、マレーシア、インドネシアと海を挟んで接している。海岸線は約1万8000キロで、中国大陸の東部は渤海、黄海、東シナ海に、南部は南シナ海に臨んでいる。海域には5,400の島が点在する。これらの島嶼では南沙諸島や西沙諸島、台湾とその北東海域に位置する日本の尖閣諸島、フィリピンのミスチーフ環礁、マレーシアのラヤンラヤン島の領有権も主張している。その一部は既に武力支配され、周辺国から反感を買い警戒されている。島嶼以外ではチベット、ウイグルの独立問題の他、インドのアクサイチン、アルナーチャル・プラデーシュ州の領有も主張している。主要河川として黄河や長江があり、それぞれ黄河文明、長江文明を育んだ自然の恵みでもある。中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た尖閣諸島尖閣諸島

    北京オリンピックと上海万博を開催して、「四つの近代化」を進めてきた中国は急速に経済的存在感を強め、日中関係は「政冷経熱」と呼ばれるように緊密化した(日本の最大の貿易相手国は中国である)。それとともに、ガス田開発、尖閣諸島などの領土を巡る尖閣諸島問題などで日本との摩擦が表面化している。また、中国は天安門事件で国際社会から制裁を受けた1989年(平成元年)以降、年々軍備増強を強力に推し進めており、日本にとって脅威になっていると言われている(中国脅威論)。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 野田佳彦

    野田佳彦から見た尖閣諸島尖閣諸島

    沖ノ鳥島が領土であることを批判した唐家璇中国国務委員(副首相級)に対し、「南沙諸島を実効支配している貴国にとやかく言われる筋合いはない」と述べた。更に、尖閣諸島に中国人活動家が上陸した折、日本の領土であることを確認する国会決議を提案したことがあり、一貫して中国脅威論を主張する。一方、2012年10月29日の所信表明演説では、尖閣・竹島などの領土問題に関して具体的な国や島の名前の言及は避けており、竹島問題での国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴を11月以降に先送りするなど「関係改善」を探っている。2012年10月27日に判明した自衛隊と在日米軍による共同の離島奪還訓練の断念については、米・キャンベル国務次官補が「日本が決めたなら、戻せとは言わないが、なぜ中止しないといけないのか理解しかねる」と述べた。野田佳彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中華民国

    中華民国から見た尖閣諸島尖閣諸島

    これは、中華民国が清朝の全てを継承した国家という認識によるものであり、中華民国は国交のないモンゴルの独立を一旦承認したものの、1953年に取り消したものとされてきた(詳細は対モンゴル国関係を参照)。当然2004年に中華人民共和国がロシアと確定させたアムール川の現国境線も認めていない。さらに日本の主権下にある尖閣諸島に1969年、「青天白日旗」を掲揚し、付近海域の石油採掘権をアメリカ企業に与えた上に、1971年6月以降は中華人民共和国による同様の主張に対抗するべく、領有権を主張している。東沙諸島および南沙諸島の全域の領有権も主張している。中華民国 フレッシュアイペディアより)

  • 南西諸島

    南西諸島から見た尖閣諸島尖閣諸島

    北から南へ、大隅諸島、トカラ列島、奄美群島、沖縄諸島、宮古諸島、八重山列島、尖閣諸島と連なり、少し離れて大東諸島がある。南西諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た尖閣諸島尖閣諸島

    尖閣諸島問題(せんかくしょとうもんだい)とは、日本が自国領土として実効支配する尖閣諸島について、1971年から台湾(中華民国)と中国(中華人民共和国)が領有権を主張していることに関する日本と台湾及び中国との間の外交問題である。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

  • スナヅル

    スナヅルから見た尖閣諸島尖閣諸島

    日本では小笠原諸島、九州南部、南西諸島(屋久島?尖閣諸島)に、日本国外では台湾、中国南部、南アメリカ、中央アメリカ、ハワイ、フロリダに分布する。主に日当りのよい海岸の砂浜に生育する。寄主は多く、日本では主にグンバイヒルガオやハマゴウ等の海浜植物に寄生する。スナヅル フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣

    尖閣から見た尖閣諸島尖閣諸島

    尖閣 フレッシュアイペディアより)

348件中 41 - 50件表示

「尖閣諸島問題」のニューストピックワード