471件中 51 - 60件表示
  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た尖閣諸島尖閣諸島

    「われわれが与党になったら領土問題にケリをつける」「例えば、尖閣諸島は歴史的に見ても日本の固有の領土だ。それを明確にさせる。自公政権のように弥縫策で先送りすることはしない」と述べ、領土問題の速やかな解決を宣言している。また、2008年7月15日には、 記者会見で学習指導要領の竹島問題について問われ、「教科書云々の前に日韓の考え方の差を埋めるために、しっかり話し合いをすべきだ。話し合いを避けて教科書に載せる載せないの類は順序が違う。事実上韓国が実力支配しているわけですから、それを放置しておいて俺の領土だと言ってもどうしようもないでしょう」と日本政府を批判した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た尖閣諸島尖閣諸島

    尖閣諸島問題(せんかくしょとうもんだい)とは、日本が実効支配する尖閣諸島に1970年代から台湾(中華民国)と中国(中華人民共和国)が領有権を主張している問題。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

  • 水陸機動団

    水陸機動団から見た尖閣諸島尖閣諸島

    21世紀初頭、中華人民共和国(以後は中国と表記)は増大する国力に合わせるように、その軍事力を国外へ膨張させてゆく状態にあった。中国は第一列島線に示されるようにその防衛線を周辺国に設定した。これに合わせる様に原子力潜水艦や航空母艦の整備をはじめとする水上戦闘艦艇などの増勢を推し進め、中国水上治安当局の船艇が尖閣諸島周辺の領海に侵入を繰り返すようになった。また、それまで台湾への侵攻を主目的とした上陸訓練であったが、新たな内容に日本の尖閣諸島もその対象となった。水陸機動団 フレッシュアイペディアより)

  • 中国脅威論

    中国脅威論から見た尖閣諸島尖閣諸島

    中国空軍近代化を象徴する事件の一つとして、2011年8月中旬ごろに中国空軍のSu-27もしくはSu-30が東シナ海の日中中間線を越え、海上自衛隊の情報収集機を追尾したことが挙げられる。中間線より日本の側で、中国側による威嚇行為が行われたのはこれが初めてである。尖閣諸島へ近づかれる恐れがあると判断した航空自衛隊が、那覇基地のF-15J戦闘機をスクランブル発進させると中国軍の戦闘機は引き返した。中国脅威論 フレッシュアイペディアより)

  • 領土・主権展示館

    領土・主権展示館から見た尖閣諸島尖閣諸島

    領土・主権展示館(りょうど・しゅけんてんじかん。)は、東京都千代田区日比谷公園にある、竹島および尖閣諸島の領有権問題に関する博物館である。領土・主権展示館 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊

    自衛隊から見た尖閣諸島尖閣諸島

    日本政府は尖閣諸島は日本固有の領土であり、領有権問題は存在しないが、1971年(昭和46年)に地下資源埋蔵の可能性が確認されて以降、中国政府は尖閣諸島の領有権を主張している。また、中国政府は日本が沖ノ鳥島に排他的経済水域を設定していることに異議を唱えている。吉林省と新疆ウイグル自治区はミサイル基地が存在し、通常弾頭、核弾頭双方の中距離弾道ミサイル約25基の照準を日本の主要都市や在沖縄米軍基地へ向けている可能性が指摘されている ほか、日本領海内を潜水航行する原子力潜水艦を海上自衛隊が追跡した漢級原子力潜水艦領海侵犯事件の事例がある。近年では、アメリカ海軍の空母機動部隊の軍事プレゼンスを排除する目的で、対艦弾道ミサイルの能力向上と配備を推進している。中国人民解放軍の全兵力は約230万人である。自衛隊 フレッシュアイペディアより)

  • 中華民国

    中華民国から見た尖閣諸島尖閣諸島

    これは、中華民国が清朝の全てを継承した国家という認識によるものであり、中華民国は国交のないモンゴル人民共和国(現在のモンゴル国の前身)の独立を一旦承認したものの、1953年に取り消したものとされてきた(詳細は対モンゴル国関係を参照)が、2003年に中華民国とモンゴルとの間に事実上の大使館が建設された他、2010年に中華民国政府は、「我が国の領土にモンゴルは含まない。」との見解を示している。当然2004年に中華人民共和国がロシアと確定させたアムール川の現国境線も認めていない。さらに日本の主権下にある尖閣諸島に1969年、「青天白日旗」を掲揚し、付近海域の石油採掘権をアメリカ企業に与えた上に、1971年6月以降は中華人民共和国による同様の主張に対抗すべく、領有権を主張している。南シナ海の東沙諸島および南沙諸島の全域(九段線)の領有権も主張している。中華民国 フレッシュアイペディアより)

  • 北方領土問題

    北方領土問題から見た尖閣諸島尖閣諸島

    ヨーロッパ議会は北方領土は日本に返還されるべきとの提言を出した。2005年7月7日づけの「EUと中国、台湾関係と極東における安全保障」と題された決議文の中で、ヨーロッパ議会は「極東の関係諸国が未解決の領土問題を解決する2国間協定の締結を目指すことを求める」とし、さらに日本韓国間の竹島問題や日本台湾間の尖閣諸島問題と併記して「第二次世界大戦終結時にソ連により占領され、現在ロシアに占領されている、北方領土の日本への返還」を求めている。ロシア外務省はこの決議に対し、日ロ二国間の問題解決に第三者の仲介は不要とコメントしている。なお、ロシア議会では議論になったこの決議文は日本の議会では取り上げられなかった。北方領土問題 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年

    2012年から見た尖閣諸島尖閣諸島

    8月15日 - 中華民国政府が「東海和平倡議」を発表し尖閣諸島領有権を主張する。2012年 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の国際関係

    日本の国際関係から見た尖閣諸島尖閣諸島

    尖閣諸島(中国名:釣魚台列島など)日本の国際関係 フレッシュアイペディアより)

471件中 51 - 60件表示

「尖閣諸島問題」のニューストピックワード