前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
100件中 1 - 10件表示
  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見た古賀辰四郎

    「尖閣諸島」の名称は、日本政府からこの島を無償貸与された実業家の古賀辰四郎の依頼により、1900年(明治33年)5月に当地を調査した高知県出身の教師、黒岩恒が命名したもので、島の尖っている形状と「イギリス海軍水路誌」にある "The Pinnacle Islands" の意訳に由来する。台湾では釣魚台列嶼、中国では釣魚島およびその付属島嶼と呼ばれる。尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見た杉浦正健

    中曽根内閣(1982年 - 1987年)の際に、海上保安庁は魚釣島に仮設ヘリポートを設置し、これに対して中国政府は抗議していた。現在、このヘリポートは撤去されている。中国人の領土保護活動を受けヘリポートを常に使えるようにしないのかとの民主党の松原仁の質問に対し、小泉内閣の杉浦正健内閣官房副長官は必要性や保守整備の観点から必要性がないと答弁している。尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見た松原仁

    中曽根内閣(1982年 - 1987年)の際に、海上保安庁は魚釣島に仮設ヘリポートを設置し、これに対して中国政府は抗議していた。現在、このヘリポートは撤去されている。中国人の領土保護活動を受けヘリポートを常に使えるようにしないのかとの民主党の松原仁の質問に対し、小泉内閣の杉浦正健内閣官房副長官は必要性や保守整備の観点から必要性がないと答弁している。尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見たアホウドリ

    付近海域は、好漁場であるためそれを餌とする大量の海鳥の生息地となっており、特に絶滅危惧種のアホウドリ(1953年8月1日 - 4日に行われた、高良鉄夫琉球大学助教授、宮城元助助教授と琉球大学学生11人の尖閣諸島学術調査団による尖閣諸島調査において、尖閣諸島北小島でアホウドリ数羽の生息を非公式に確認。その後、1971年4月1日に、池原貞雄琉球大学教授ら琉球大学学術調査団が尖閣諸島南小島でアホウドリ12羽が生息していることを公式に確認。)やクロアシアホウドリ(1970年12月10日に、九州・長崎大学合同学術調査団は、尖閣諸島北小島でクロアシアホウドリ数羽を発見。1971年に、池原貞雄琉球大学教授ら琉球大学学術調査団が尖閣諸島北小島でクロアシアホウドリ6羽の生息を確認。)の繁殖地となっている。しかし沖縄県がアメリカ軍に占領され、日本政府が主権を行使できなかった1960年代には、尖閣諸島に大量の台湾人漁民が「不法入域」していたため、1963年(昭和38年)5月15日?18日に行われた琉球大学の高良鉄夫教授らによる第四次調査で100万羽以上の海鳥が生息する事を確認していたが、1968年(昭和43年)7月7日?9日に行われた第五次調査では、小島のカツオドリが20万羽から1万羽、北小島のセグロアジサシは50万羽から10万羽に激減していた。これは台湾漁民が不法操業のついでに上陸し、海鳥や卵を大量に収奪していたからである。その後も台湾漁民による不法上陸が報告されているが、現在では上陸そのものが厳しく制限されており、保護されているため、元の海鳥の楽園となっている。尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見た角川書店

    角川地名大百科辞典編纂委員会 『角川地名大辞典47沖縄県』 角川書店、1986年尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見た無人島

    現在はいずれも無人島であるが、戦前には定住者がいた時期もあった。なお、大正島は明治の編入以来国有地(国有財産)であるが、久場島など4島は後述のように長らく個人所有(私有財産)が続き、日本政府が賃貸借契約を締結し賃貸料を支払っていた。2012年9月11日、日本政府は魚釣島、北小島と南小島の3島を埼玉県に所在する地権者から20億5千万円で購入し、日本国への所有権移転登記を完了した。賃貸借契約の時期から日本国政府の管理地であるため無断上陸は許されておらず、上陸には日本政府の許可が必要であるが許可が出されることはほとんどない。なお、上空は日本が管轄する防空識別圏であるため、航空当局の許可があれば島上空を飛行することは可能であり、付近には民間航空路が設定されている。尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見た総務省

    日本政府の立場によれば、魚釣島、北小島、南小島、大正島は国有地であり、久場島は私有地である。2012年9月に魚釣島、北小島、南小島の3島が国有化されたが、これ以前までの3島は、日本国総務省が埼玉県在住の地権者と賃借契約を結び、2002年(平成14年)からは年間約2,450万円(魚釣島2,112万円、南小島188万円、北小島150万円)で賃借していた。尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見た海上保安庁

    1978年(昭和53年)に政治団体日本青年社が魚釣島に私設灯台を建設し、保守管理してきた。日本国政府からの「灯台を正式に海図に記載し、今後は国が灯台の管理をしていきたい」との申し出により、2005年(平成17年)2月に灯台は国に譲渡され、海上保安庁によって魚釣島灯台として管理されている。その他、北小島にも灯台がある。尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見た鰹節

    現地調査の結果、いずれの国の支配下にもないと確認した日本政府は、1895年(明治28年)に尖閣諸島を日本の領土に編入することを閣議決定。同年、尖閣諸島は実業家古賀辰四郎に期限付きで無償貸与される。1880年代後半から1940年(昭和15年)にかけ、尖閣諸島には日本の琉球諸島の住民が建設した船着場や古賀が開設した鰹節工場などがあった。ただし、日本政府が行った調査は不完全なものであり、1892年には沖縄知事がそう書き残している。彼は調査の続行を望んだが中央政府との意思の疎通がうまく行かず、さらには悪天候にも見舞われたため結局調査は行われなかった。尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見た在日米軍

    尖閣諸島を開拓したのは、福岡県八女市出身の実業家古賀辰四郎であった。1870年代後半に八女茶の販路拡大のために沖縄に進出し、高級ボタン用の夜光貝の輸出で富をなした古賀は、東シナ海の島の開拓にも乗り出し、1895年(明治28年)に政府から尖閣諸島を30年間の期限付きで無償貸与され、鰹節工場やアホウドリの羽の加工場を設けた。この当時の尖閣諸島には、一時は280名あまりの島民が暮していた。1932年(昭和7年)に長男善次に当時の価格で1万5千円で払下げ(2010年時点の金額換算で約2,500万円、大正島を除く)となり、第二次世界大戦中の1940年代前半に事業中止にともない無人となる。その後、妻が所有し、1970年代に埼玉県内の親交のあった人物に約4,600万円で売却した。久場島と大正島は1978年まで在日米軍が射爆撃場として使用していた。尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
100件中 1 - 10件表示

「尖閣諸島問題」のニューストピックワード