112件中 81 - 90件表示
  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見た国際連合

    1969年(昭和44年) - 国際連合アジア極東経済委員会による海洋調査で、イラクの埋蔵量に匹敵する大量の石油埋蔵量の可能性が報告される。尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見た尖閣諸島中国船領海侵犯事件

    尖閣諸島周辺海域では2005年の沖縄近海における台湾漁船の抗議行動や尖閣諸島中国漁船衝突事件のように、実効支配する日本と領有権を主張する台湾・中国側との間で、不法操業や不法越境・上陸をともなう国際問題がしばしば発生している。また、尖閣諸島の諸問題を巡って、両国民の間で2010年尖閣諸島抗議デモや2012年の中国における反日活動等のデモ活動が繰り返されている。さらに、2012年9月の日本政府による尖閣諸島国有化以降、中国の国家海洋局の監視船等の公船が尖閣諸島への領海侵犯を高頻度で繰り返しており、中国政府機関の航空機が領空侵犯も行っている(領海侵犯回数の詳細は尖閣諸島中国船領海侵犯事件を参照)。尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見たビロウ

    沖縄方言では「ユクン・クバジマ」、八重山方言では「イーグン・クバジマ」と呼ばれていた。「ユクン」および「イーグン」は魚釣島を指しており、尖閣諸島の主要な島である魚釣島と久場島を合わせた名称である。なお、「ユクン」は「魚」、「イーグン」は「銛」、「クバ」は「ビロウ」という意味である。尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見た日本

    日本が実効支配しており、中華人民共和国および中華民国がそれぞれ領有権を主張している。「尖閣諸島」および「尖閣列島」は日本における呼称であり、中国では釣魚群島あるいは釣魚島及びその付属島嶼、台湾では釣魚台列嶼と呼ばれている。尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見た魚釣島灯台

    1978年(昭和53年)に政治団体日本青年社が魚釣島に私設灯台を建設し、保守管理してきた。日本国政府からの「灯台を正式に海図に記載し、今後は国が灯台の管理をしていきたい」との申し出により、2005年(平成17年)2月に灯台は国に譲渡され、海上保安庁によって魚釣島灯台として管理されている。その他、北小島にも灯台がある。尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見た沖縄トラフ

    琉球諸島西方の東シナ海、沖縄トラフの西側に位置する。ここはユーラシアプレートの下にフィリピン海プレートが沈み込んでおり、尖閣諸島は沖縄島から年々その距離が離れている。南西諸島からユーラシア大陸に続く大陸棚の上にある。尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見た郵便

    日本への返還直前の1972年4月14日、沖縄で郵便事業を行っていた琉球郵政庁は記念切手「海洋シリーズ」第3集「海鳥と海と島」を発行したが、これは尖閣諸島の南小島でアホウドリが羽根を休める風景を描いたものだという。これは琉球郵政庁が切手を発行権限があるうちに、尖閣は沖縄の島であることを主張する切手を残すためであった。尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見た沖縄方言

    沖縄方言では「ユクン・クバジマ」、八重山方言では「イーグン・クバジマ」と呼ばれていた。「ユクン」および「イーグン」は魚釣島を指しており、尖閣諸島の主要な島である魚釣島と久場島を合わせた名称である。なお、「ユクン」は「魚」、「イーグン」は「銛」、「クバ」は「ビロウ」という意味である。尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見たアジア太平洋経済社会委員会

    1969年(昭和44年) - 国際連合アジア極東経済委員会による海洋調査で、イラクの埋蔵量に匹敵する大量の石油埋蔵量の可能性が報告される。尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島

    尖閣諸島から見た写真

    また、担当者は第1集の「夕陽と島」でも魚釣島に沈む夕陽にしようと目論み、写真撮影のため原画技官を2週間に渡り出張させたが、悪天候のため尖閣諸島にたどり着けず、やむなく慶良間の海と島に変更されたという。尖閣諸島 フレッシュアイペディアより)

112件中 81 - 90件表示

「尖閣諸島問題」のニューストピックワード