尾上菊五郎 ニュース&Wiki etc.

七代目 尾上菊五郎(しちだいめ おのえ きくごろう、1942年10月2日 - )は、日本の俳優、歌舞伎役者。歌舞伎名跡「尾上菊五郎」の当代。本名は寺島 秀幸(てらしま ひでゆき)。屋号は音羽屋。定紋は重ね扇に抱き柏、替紋は四つ輪。 (出典:Wikipedia)

「尾上菊五郎」Q&A

  • Q&A

    歌舞伎の団菊左について 9代目市川団十郎、5代目尾上菊五郎、初代市川左団次の3人で…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年10月29日 11:45

  • Q&A

    歌舞伎界の家格・序列について(素人ですみません)。芸能ネタで感じた疑問です。 Q…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年9月24日 14:16

  • Q&A

    寺島しのぶは、初めから、染五郎の遊び道具だったの? もともと、尾上菊五郎と松本幸四郎…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年4月28日 21:53

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「尾上菊五郎 (7代目)」のつながり調べ

  • 第17回NHK紅白歌合戦

    第17回NHK紅白歌合戦から見た尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊之助(歌舞伎俳優。この年の大河ドラマ『源義経』の主人公・源義経役)(第17回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 市村羽左衛門 (17代目)

    市村羽左衛門 (17代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)

    派手さはないが堅実な芸風をもった立役として時代物・世話物で模範的演技を見せ、晩年は「歌舞伎の生き字引」とまで呼ばれた。また大名跡「市村羽左衛門」を襲名した後も、自身は五代目菊五郎の孫であり、六代目菊五郎の甥である立場から、尾上菊五郎家のお家芸を守る一人として菊五郎劇団で重きをなし、二代目尾上松緑や七代目尾上菊五郎を長く支えた。(市村羽左衛門 (17代目) フレッシュアイペディアより)

「尾上菊五郎 (7代目)」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「尾上菊五郎」のニューストピックワード