前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
72件中 1 - 10件表示
  • 市村羽左衛門 (17代目)

    市村羽左衛門 (17代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    派手さはないが堅実な芸風をもった立役として時代物・世話物で模範的演技を見せ、晩年は「歌舞伎の生き字引」とまで呼ばれた。また大名跡「市村羽左衛門」を襲名した後も、自身は五代目菊五郎の孫であり、六代目菊五郎の甥である立場から、尾上菊五郎家のお家芸を守る一人として菊五郎劇団で重きをなし、二代目尾上松緑や七代目尾上菊五郎を長く支えた。市村羽左衛門 (17代目) フレッシュアイペディアより)

  • 源義経 (NHK大河ドラマ)

    源義経 (NHK大河ドラマ)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    源義経を演じた尾上菊之助は史上最年少での主演(放送開始時23歳3ヶ月)。なお、この記録を更新したのは39年後の大河ドラマ『義経』で源義経を演じた滝沢秀明である(放送開始時22歳9ヶ月)。源義経 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 尾上菊之助 (5代目)

    尾上菊之助 (5代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    父は歌舞伎役者の七代目尾上菊五郎、母は女優の富司純子、姉は女優の寺島しのぶ。尾上菊之助 (5代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桃太郎侍

    桃太郎侍から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊之助(現・七代目尾上菊五郎)主演により、日本テレビ系列で1967年?1968年に放送。三船プロ製作。桃太郎侍 フレッシュアイペディアより)

  • 富司純子

    富司純子から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    父は俊藤浩滋、夫は七代目尾上菊五郎、長女は寺島しのぶ、長男は五代目尾上菊之助。2007年(平成19年)に紫綬褒章受章。富司純子 フレッシュアイペディアより)

  • 尾上菊之助 (4代目)

    尾上菊之助 (4代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊之助 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 尾上丑之助 (5代目)

    尾上丑之助 (5代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    尾上丑之助 (5代目) フレッシュアイペディアより)

  • 鼠小紋東君新形

    鼠小紋東君新形から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    近年では七代目尾上菊五郎が幸蔵を勤めているが、このときは十七代目市村羽左衛門の与惣兵衛が絶品で、世話物の真髄を凝縮したような老け役だった。鼠小紋東君新形 フレッシュアイペディアより)

  • 番匠義彰

    番匠義彰から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    「弥次喜多隠密道中」 - 1971年 - 1972年、日本テレビ、出演:尾上菊之助、目黒祐樹、岡田可愛番匠義彰 フレッシュアイペディアより)

  • 市川門之助 (7代目)

    市川門之助 (7代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    昭和10年 (1935) 4月に市川たか志を名乗り初舞台。昭和21年 (1946) 8月、三代目市川松蔦を襲名。この頃は二代目市川猿之助一座で活躍。昭和38年 (1963) 2月に七代目市川門之助を襲名、以後は尾上菊五郎劇団に属した。市川門之助 (7代目) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
72件中 1 - 10件表示

「尾上菊五郎」のニューストピックワード