前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示
  • 市村羽左衛門 (17代目)

    市村羽左衛門 (17代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    派手さはないが堅実な芸風をもった立役として時代物・世話物で模範的演技を見せ、晩年は「歌舞伎の生き字引」とまで呼ばれた。また大名跡「市村羽左衛門」を襲名した後も、自身は五代目菊五郎の孫であり、六代目菊五郎の甥である立場から、尾上菊五郎家のお家芸を守る一人として菊五郎劇団で重きをなし、二代目尾上松緑や七代目尾上菊五郎を長く支えた。市村羽左衛門 (17代目) フレッシュアイペディアより)

  • 源義経 (NHK大河ドラマ)

    源義経 (NHK大河ドラマ)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    源義経を演じた尾上菊之助は史上最年少での主演(放送開始時23歳)。なお、この記録を更新したのは奇しくも39年後の大河ドラマ『義経』で源義経を演じた滝沢秀明である(放送開始時22歳)。源義経 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 神谷玄次郎捕物控

    神谷玄次郎捕物控から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    これまでに3度テレビドラマ化されており、1度目は1980年に東京12チャンネルで『悪党狩り』のタイトルで尾上菊五郎主演で、2度目は1990年にフジテレビ系で古谷一行主演で、3度目は2014年4月よりNHK BSプレミアム「BS時代劇」で高橋光臣主演で放送された。2015年4月よりBS時代劇にて第2期が放送。神谷玄次郎捕物控 フレッシュアイペディアより)

  • 青砥稿花紅彩画

    青砥稿花紅彩画から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    弁天小僧は戦前は五代目の実子の六代目尾上菊五郎、十五代目市村羽左衛門、戦後は十七代目中村勘三郎、七代目尾上梅幸、そして現在は五代目の曾孫の七代目尾上菊五郎、さらにその子の五代目尾上菊之助、ほかに十八代目中村勘三郎らに受け継がれている。青砥稿花紅彩画 フレッシュアイペディアより)

  • 純子引退記念映画 関東緋桜一家

    純子引退記念映画 関東緋桜一家から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    同年、藤は四代目尾上菊之助(現在の七代目尾上菊五郎)と結婚、映画界から引退したが、2年後の1974年(昭和49年)、寺島純子の名でテレビ司会者として芸能界に復帰した。監督のマキノ雅弘は本作を最後にテレビ映画以外の劇場用映画の演出からは完全に引退した。純子引退記念映画 関東緋桜一家 フレッシュアイペディアより)

  • 尾上菊之助 (5代目)

    尾上菊之助 (5代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    父は歌舞伎役者の七代目尾上菊五郎、母は女優の富司純子、姉は女優の寺島しのぶ。尾上菊之助 (5代目) フレッシュアイペディアより)

  • 富司純子

    富司純子から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    1972年(昭和47年)、NHKの大河ドラマ『源義経』で共演した歌舞伎俳優の四代目尾上菊之助(現・七代目尾上菊五郎)と結婚し、『関東緋桜一家』を最後に引退を表明。富司純子 フレッシュアイペディアより)

  • 悪党狩り

    悪党狩りから見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    原作は藤沢周平。本作は、藤沢にとって初の連続テレビドラマ作品である。北町奉行所『定町廻り同心』の神谷玄次郎(尾上菊五郎)と町医者の新村出(鶴田浩二)が、秘密裏に悪党を退治する勧善懲悪型の時代劇。初回は2時間スペシャルとして放映された。1990年にフジテレビ系列で放映された『神谷玄次郎捕物控』と同じ原作を用いている。悪党狩り フレッシュアイペディアより)

  • 桃太郎侍

    桃太郎侍から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊之助(現・七代目尾上菊五郎)主演により、日本テレビ系列で1967年〜1968年に放送。三船プロ製作。桃太郎侍 フレッシュアイペディアより)

  • 尾上菊之助 (4代目)

    尾上菊之助 (4代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊之助 (4代目) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示

「尾上菊五郎」のニューストピックワード