87件中 11 - 20件表示
  • 尾上丑之助 (5代目)

    尾上丑之助 (5代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    尾上丑之助 (5代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三之助

    三之助から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    昭和40年代、六代目市川新之助(のちの十二代目市川團十郎、1958年5月から1969年10月まで新之助を名乗る)、四代目尾上菊之助(現・七代目尾上菊五郎、1965年5月から1973年9月まで菊之助を名乗る)、初代尾上辰之助(死後、三代目尾上松緑を追贈、1965年5月から1987年3月28日に死去するまで辰之助を名乗る)の三人をこう呼んだ。この三人が特にこう呼ばれたのは、(1) 若手の役者で、(2) 名前にいずれも「之助」がつき、(3) ほぼ同年代、(4) それぞれの父が菊五郎劇団ゆかりの大立者(十一代目市川團十郎、七代目尾上梅幸、二代目尾上松緑、ただし團十郎は菊五郎劇団には属さず、客分として多く出演していた)というほかに、(5) 彼らが特に親しい友人同士であったこともある。新之助と辰之助は父が兄弟(長兄と末弟)であるために従兄弟にあたる。三之助 フレッシュアイペディアより)

  • 市川門之助 (7代目)

    市川門之助 (7代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    昭和10年 (1935) 4月に初代市川たか志を名乗り初舞台。昭和21年 (1946) 8月、三代目市川松蔦を襲名。この頃は二代目市川猿之助一座で活躍。昭和38年 (1963) 2月に七代目市川門之助を襲名、以後は尾上菊五郎劇団に属した。市川門之助 (7代目) フレッシュアイペディアより)

  • 尾上菊丸

    尾上菊丸から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    七代目尾上菊五郎の門弟、1973-。尾上菊丸 フレッシュアイペディアより)

  • 富士田音蔵

    富士田音蔵から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    東京の生まれ、6代目千蔵、5代目音蔵に師事。1912年に富士田銀五郎の名で市村座で初舞台。菊五郎劇団で立唄を務めた。改名順は1920年に5代目富士田勇蔵から1924年に5代目富士田新蔵を経て1949年に6代目音蔵を襲名。富士田音蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 富士田千蔵

    富士田千蔵から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    千葉県船橋の生まれ、祖父は5代目富士田音蔵。3代目富士田吉次の養子。祖父の5代目音蔵に師事し1921年に唄方で市村座で富士田音三久の名で初舞台。菊五郎劇団で活躍。1939年に7代目(自身は8代目と称した)千蔵を襲名。のちに大薩摩家寿太夫も名乗る。富士田千蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 望月太左衛門

    望月太左衛門から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    東京の生まれ、8代目太左衛門の長男。昭和13年(1938年)に日大一中・中退。早くに父が亡くなった為、叔父の9代目太左衛門の元で修行。昭和21年(1946年)に9代目太左衛門が死去したため10代目太左衛門を襲名。菊五郎劇団で囃子を担当。戦後の歌舞伎囃子の第一人者。長らく歌舞伎囃子協会副会長を勤める。望月太左衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 尾上菊五郎劇団

    尾上菊五郎劇団から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊五郎劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 神明恵和合取組

    神明恵和合取組から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    その後、辰五郎役は十五代目市村羽左衛門、二代目尾上松緑、十七代目中村勘三郎、そして七代目尾上菊五郎と、江戸前の世話物を得意とする役者が勤めている。神明恵和合取組 フレッシュアイペディアより)

  • 鼠小紋東君新形

    鼠小紋東君新形から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    近年では七代目尾上菊五郎が幸蔵を勤めているが、このときは十七代目市村羽左衛門の与惣兵衛が絶品で、世話物の真髄を凝縮したような老け役だった。鼠小紋東君新形 フレッシュアイペディアより)

87件中 11 - 20件表示

「尾上菊五郎」のニューストピックワード