72件中 21 - 30件表示
  • 半七捕物帳 (1979年のテレビドラマ)

    半七捕物帳 (1979年のテレビドラマ)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    テレビ朝日版では1971年10月から1972年3月まで主演は平幹二朗だったが、今回は歌舞伎俳優の尾上菊五郎を起用。半七捕物帳 (1979年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 第17回NHK紅白歌合戦

    第17回NHK紅白歌合戦から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊之助(歌舞伎俳優。この年の大河ドラマ『源義経』の主人公・源義経役)第17回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 娘道成寺

    娘道成寺から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    歌舞伎舞踊の頂点をなす作品で、過去に多くの名優がこれをつとめてきた。初演以後は、三代目坂東三津五郎、四代目中村芝翫、九代目市川團十郎、五代目中村歌右衛門、六代目尾上菊五郎、七代目坂東三津五郎、六代目中村歌右衛門、七代目尾上梅幸などの名優がつとめ、現在では七代目尾上菊五郎、十八代目中村勘三郎、四代目坂田藤十郎、五代目坂東玉三郎が得意としている。娘道成寺 フレッシュアイペディアより)

  • 第24回NHK紅白歌合戦

    第24回NHK紅白歌合戦から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊五郎(歌舞伎俳優)第24回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 学校法人森村学園

    学校法人森村学園から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊五郎 \(7代目\) (歌舞伎役者)〔高等部〕学校法人森村学園 フレッシュアイペディアより)

  • 琉球の風 (NHK大河ドラマ)

    琉球の風 (NHK大河ドラマ)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊五郎・富司純子夫妻を第4作目の『源義経』以来27年ぶりに共演させたり、前年の『信長 KING OF ZIPANGU』にて羽柴秀吉役を演じた仲村トオルをプロローグのシーンに同役で起用したり(冒頭で信長の最期・本能寺の変をシルエット描写するなど、スピン・オフ的効果を狙ったもの)、初めて沖縄県を舞台とするなどの試みが見られた。また、今作の最終回「美海(ちゅらうみ)紀行」のコーナーでは、首里城に施された螺鈿細工(らでんざいく)についてのエピソードを紹介、同じく螺鈿細工の施された中尊寺の話題に触れ、そこから次作『炎立つ』の予告編に繋げるというハイパーリンク的な演出がなされた。琉球の風 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 三之助

    三之助から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    昭和40年代、六代目市川新之助(のちの十二代目市川團十郎、1958年5月から1969年10月まで新之助を名乗る)、四代目尾上菊之助(現・七代目尾上菊五郎、1965年5月から1973年9月まで菊之助を名乗る)、初代尾上辰之助(死後、三代目尾上松緑を追贈、1965年5月から1987年3月28日に死去するまで辰之助を名乗る)の三人をこう呼んだ。この三人が特にこう呼ばれたのは、(1) 若手の役者で、(2) 名前にいずれも「之助」がつき、(3) ほぼ同年代、(4) それぞれの父が菊五郎劇団ゆかりの大立者(十一代目市川團十郎、七代目尾上梅幸、二代目尾上松緑、ただし團十郎は菊五郎劇団には属さず、客分として多く出演していた)というほかに、(5) 彼らが特に親しい友人同士であったこともある。新之助と辰之助は父が兄弟(長兄と末弟)であるために従兄弟にあたる。三之助 フレッシュアイペディアより)

  • 樅ノ木は残った (NHK大河ドラマ)

    樅ノ木は残った (NHK大河ドラマ)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    伊達綱宗:尾上菊之助(現・尾上菊五郎樅ノ木は残った (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 清水めぐみ (女優)

    清水めぐみ (女優)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    半七捕物帳 第22話(1979年、歌舞伎座テレビ) ※尾上菊五郎版 - おてる清水めぐみ (女優) フレッシュアイペディアより)

  • 中野 誠也

    中野誠也から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    半七捕物帳 第23話「むらさき鯉」(1979年、ANB / 歌舞伎座テレビ) ※尾上菊五郎中野誠也 フレッシュアイペディアより)

72件中 21 - 30件表示

「尾上菊五郎」のニューストピックワード