87件中 21 - 30件表示
  • セブンティーン -17才-

    セブンティーン -17才-から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    なお1967年10月開始の『桃太郎侍』(尾上菊之助主演版)以来、2年間この枠を一社提供した武田薬品は、『ゲバゲバ』からの90分枠番組に内包され、以後サントリーと共に、NTV火曜20時枠の筆頭スポンサーとなる。セブンティーン -17才- フレッシュアイペディアより)

  • 尾上梅幸 (7代目)

    尾上梅幸 (7代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    七代目尾上菊五郎は長男。俳優の徳大寺伸は実兄。尾上梅幸 (7代目) フレッシュアイペディアより)

  • 尚永王

    尚永王から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    『琉球の風』(1993年1月?6月、NHK大河ドラマ、演:尾上菊五郎尚永王 フレッシュアイペディアより)

  • 第49回日本レコード大賞

    第49回日本レコード大賞から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊五郎劇団音楽部「歌舞伎・黒御簾音楽精選110」第49回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 尾上多賀之丞 (3代目)

    尾上多賀之丞 (3代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    女形の名脇役として、六代目菊五郎から、二代目松緑、七代目梅幸を経て七代目菊五郎と、音羽屋三代の相方を勤める。晩年は後進の指導に当っていた。尾上多賀之丞 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 西川右近

    西川右近から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    3月、「西川右近、三世家元継承の会」を名古屋御園座にて開催。特別参加として歌舞伎界から十七代目中村勘三郎、十八代目中村勘三郎、二代目尾上松緑、七代目尾上梅幸、七代目尾上菊五郎らが出演。舞踊界から2代目藤間勘祖、3代目藤間勘祖、西川扇蔵、花柳壽輔 (3世)、尾上菊之丞、音羽菊蔵、工藤扇寿、赤堀加鶴繪らが出演。西川右近 フレッシュアイペディアより)

  • 尾上辰之助 (初代)

    尾上辰之助 (初代)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    同世代の四代目尾上菊之助(七代目菊五郎)・六代目市川新之助(十二代目團十郎)とは共演する機会も多く、特に1960年代後半には「三之助」と呼ばれて人気を集めていた。尾上辰之助 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 尾上松助 (6代目)

    尾上松助 (6代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    東京都出身。二代目尾上松緑に師事し、菊五郎劇団で二代目松緑や七代目尾上菊五郎らを支える。1954年(昭和29年)6月の歌舞伎座『源氏物語』で尾上緑也を名乗って初舞台。1971年(昭和46年)5月、二代目尾上松鶴を襲名し名題昇進。1990年(平成2年)、六代目尾上松助を襲名。敵役や老け役、女形まで幅広くこなした。また、子役時代はテレビ『赤胴鈴之助』の主役でも活躍した。尾上松助 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 尾上九朗右衛門 (2代目)

    尾上九朗右衛門 (2代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    昭和24年(1949年)7月、父・菊五郎が病死し、その門弟たちが尾上菊五郎劇団が結成をするとその理事となるが、間もなくアメリカへ留学する。尾上九朗右衛門 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中野 誠也

    中野誠也から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    半七捕物帳 第23話「むらさき鯉」(1979年、ANB / 歌舞伎座テレビ) ※尾上菊五郎中野誠也 フレッシュアイペディアより)

87件中 21 - 30件表示

「尾上菊五郎」のニューストピックワード