87件中 31 - 40件表示
  • 旧金毘羅大芝居

    旧金毘羅大芝居から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    出演者:七代目尾上菊五郎、三代目河原崎権十郎、九代目坂東三津五郎など。旧金毘羅大芝居 フレッシュアイペディアより)

  • 日色 ともゑ

    日色ともゑから見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    半七捕物帳 第23話(1979年、ANB・歌舞伎座テレビ) ※尾上菊五郎版 - おとく日色ともゑ フレッシュアイペディアより)

  • 市川猿翁 (2代目)

    市川猿翁 (2代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    しかし猿之助はそうした逆境を見事に克服する。やがて宙乗りがない従前の演出で上演した「四ノ切」が「つまらない」と不入りになると、七代目尾上菊五郎のような権門家の宗家までもが猿之助版の「四ノ切」を上演しはじめるようになったのである。この宙乗りの演出は元々、猿之助が三代目實川延若から教わったのが最初で、その後「四ノ切」に限らず、近年では後進の歌舞伎役者も多く取り入れており、前述の七代目尾上菊五郎をはじめ、十二代目市川團十郎、九代目松本幸四郎、十八代目中村勘三郎らも宙乗りの演出を使った公演を行うようになった。市川猿翁 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 日本芸術院賞

    日本芸術院賞から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    1987年 七代目尾上菊五郎 歌舞伎 立役日本芸術院賞 フレッシュアイペディアより)

  • 永山武臣

    永山武臣から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    また、歌舞伎俳優の大名跡の襲名を相次いで仕掛け、7代目尾上菊五郎(1973年(昭和48年))や「高麗屋三代」(1981年(昭和56年))、12代目市川團十郎(1985年(昭和60年))、11代目市川海老蔵、4代目坂田藤十郎、18代目中村勘三郎などの襲名披露興行を指揮した。永山武臣 フレッシュアイペディアより)

  • 緋牡丹博徒シリーズ

    緋牡丹博徒シリーズから見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    本シリーズで藤の人気は不動のものとなり、加えて『日本女侠伝シリーズ』と『女渡世人シリーズ』と二つの主演シリーズが生まれた。『日本女侠伝シリーズ』が5本、『女渡世人シリーズ』が2本と任侠映画の花はまだまだ咲き誇ると思った1971年11月、藤は歌舞伎俳優の尾上菊五郎との婚約を突然発表。「絶対に引退しますとは言うなよ」と岡田と俊藤は強く念押ししていたが、藤は女優引退も同時に発表した。岡田は当時社長に就任したばかりで、東映の大事な宝を奪われ、引退に断固抗議。俊藤は娘の結婚引退を反対しなかったため岡田自ら懸命の説得に当たったが、藤は頑なで諦めざるを得なかった。藤は準備中だったシリーズ8作目の『緋牡丹博徒 仁義通します』には出るが、新たな企画は出ないつもりだった。やむを得ず、「それならみんなに惜しまれて辞めろ」と引退記念映画の製作を俊藤に断固要求し藤を説得、製作・宣伝費に約2億円と当時の映画としては破格の予算をかけ、東映オールスター結集による引退記念映画『純子引退記念映画 関東緋桜一家』を製作した。これを藤の挙式直前に封切った。『関東緋桜一家』は最後の藤純子を見ようと映画館に観客が詰めかけ正月興行を上回る盛況で引退フィーバーに沸いた。藤は約10年間の東映専属で90本の映画に出演、任侠の花として一世を風靡し引退した。しかし藤純子のフィナーレとともに任侠路線も終焉を迎えた。藤純子引退の後、岡田と俊藤がすぐに“ポスト藤純子”探しを始め、 トヨタとタイアップし賞品付き(合格者100万円、推薦者セリカ)で藤の後継者を一般募集した。合格した中村英子、藤浩子、土田早苗、堀越光恵、松平純子、池玲子の6人を和服の似合う美人に仕立てあげ、"ポスト藤純子"として順繰り売り出したが二代目は育たなかった。代わりに東映に呼ばれたのが梶芽衣子であった。緋牡丹博徒シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 清元志寿太夫

    清元志寿太夫から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    2005年 - 1月「清元志壽太夫七回忌追善演奏会」が歌舞伎座で開催された。 十八代目中村勘三郎が「玉兎」、七代目尾上菊五郎と、五代目尾上菊之助が「道行初音旅」(吉野山)、四代目中村雀右衛門が「雁金」を踊り、清元延壽太夫 (七世)らで「隅田川」を演奏した。清元志寿太夫 フレッシュアイペディアより)

  • 日本テレビ火曜8時枠時代劇

    日本テレビ火曜8時枠時代劇から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    1967.10 - 1968.04 : 桃太郎侍(尾上菊之助版)日本テレビ火曜8時枠時代劇 フレッシュアイペディアより)

  • 太地喜和子

    太地喜和子から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    私生活では、俳優座養成所時代からの同期だった秋野太作と1974年に結婚するも、短期間で離婚。その他三國連太郎、十八代目中村勘三郎、七代目尾上菊五郎、志村けんとのロマンスが取り沙汰されたこともあったが、「私はサービス精神がある限り、見ている人にこの人は帰ったら所帯があると思わせてはいけない」というポリシーを持っており、離婚後は生涯、独身を通した。また当時の女優としては池波志乃らと共に大変な酒豪で鳴らした。「本当に愛したひとは三國さんだけ」と公言し、映画「飢餓海峡」のロケを追い俳優座を辞め北海道に渡ったが、左幸子演ずる杉戸八重に嫉妬し、数ヶ月で俳優座に戻り女優一筋の道を選ぶ。その後文学座で加藤武に育てられる。その後、雑誌上で三國と最初で最後の対談をしているが、その場でも八重に対する猛烈な嫉妬心を語っている。太地喜和子 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部浩

    長谷部浩から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    菊五郎の色気』文春新書 2007長谷部浩 フレッシュアイペディアより)

87件中 31 - 40件表示

「尾上菊五郎」のニューストピックワード