72件中 41 - 50件表示
  • 長門勇

    長門勇から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    半七捕物帳(1979年、ANB / 歌舞伎座テレビ) ※尾上菊五郎長門勇 フレッシュアイペディアより)

  • 江幡 高志

    江幡高志から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    半七捕物帳 第22話(1979年、ANB / 歌舞伎座テレビ) ※尾上菊五郎版 - 芝居小屋主人江幡高志 フレッシュアイペディアより)

  • 永野路子

    永野路子から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    半七捕物帳 第18話「金の蝋燭」(1979年、ANB / 歌舞伎座テレビ) ※尾上菊五郎版 - おみつ永野路子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    藤純子は約10年間の東映専属で“任侠映画の花”として一世を風靡、90本の映画に出演し1972年、歌舞伎俳優の尾上菊五郎と結婚し引退を表明した。俊藤が説得しても聞かないので、岡田も説得したが藤は頑なで諦めざるを得なかった。ただ映画は引退だがテレビのCMはそのまま残った。これはイメージダウンどころか、歌舞伎役者との結婚でむしろイメージアップだったため。看板スターの女優として脂が乗っていた時期の衝撃の引退でアタフタしたが、引退興行に当時としては破格の宣伝予算を組んで元を取ろうとした。挙式3ヵ月前に封切られた『緋牡丹博徒シリーズ』第8作『緋牡丹博徒 仁義通します』では、当時邦画ではめったになかった都内の私鉄電車の中吊り広告や、普段付き合いのない週刊誌まで広告を出した。藤は新しい企画には出ないとこちらも頑なであったが、引退記念映画の製作を俊藤に断固要求し藤を説得、製作・宣伝費に約2億円と当時の映画としては破格の予算をかけ、東映オールスター結集による引退記念映画『関東緋桜一家』を製作。これを藤の挙式直前に封切った。『関東緋桜一家』は最後の藤純子を見ようと映画館に観客が詰めかけ正月興行を上回る盛況で引退フィーバーに沸いた。しかし藤純子のフィナーレとともに任侠路線も終焉を迎えた。藤純子引退の後、すぐに“ポスト藤純子”探しを始めた。トヨタとタイアップし賞品付きで藤の後継者を一般募集した。映画館のロビーに「ポスト藤純子ご推薦ください、合格者は100万円、推薦者にはセリカを進呈」というポスターを張り出した。この後『緋ぢりめん博徒』に出演した中村英子、藤浩子、土田早苗、堀越光恵、松平純子、池玲子の6人を和服の似合う美人に仕立てあげ、“ポスト藤純子”として順繰り売り出したが、時代が任侠映画を求めておらず、中村は元を取る前2年で結婚引退。藤、土田、堀越はテレビに、松平は歌手に、池は別路線に転身した。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • 太地喜和子

    太地喜和子から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    私生活では、俳優座養成所時代からの同期だった秋野太作と1974年に結婚するも、短期間で離婚。その他三國連太郎、中村勘三郎、尾上菊五郎、志村けんとのロマンスが取り沙汰されたこともあったが、「私はサービス精神がある限り、見ている人にこの人は帰ったら所帯があると思わせてはいけない」というポリシーを持っており、離婚後は他界するまで独身を通した。また当時の映画界・芸能界の女性としては池波志乃らと共に大変な酒豪で鳴らした。「本当に愛したひとは三國さんだけ」と公言し映画「飢餓海峡」のロケを追い俳優座を辞め北海道に渡ったが、左幸子演ずる杉戸八重に嫉妬し、数ヶ月で俳優座に戻り女優一筋の道を選ぶ。その後文学座で加藤武に育てられる。その後、雑誌上で三國と最初で最後の対談をしているが、その場でも八重に猛烈な嫉妬心を語っている。太地喜和子 フレッシュアイペディアより)

  • 市川猿翁 (2代目)

    市川猿翁 (2代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    しかし猿之助はそうした逆境を見事に克服する。やがて宙乗りがない従前の演出で上演した「四ノ切」が「つまらない」と不入りになると、七代目尾上菊五郎のような権門家の宗家までもが猿之助版の「四ノ切」を上演しはじめるようになったのである。この宙乗りの演出は元々、猿之助が三代目實川延若から教わったのが最初で、その後「四ノ切」に限らず、近年では後進の歌舞伎役者も多く取り入れており、前述の七代目尾上菊五郎をはじめ、十二代目市川團十郎、九代目松本幸四郎、十八代目中村勘三郎らも宙乗りの演出を使った公演を行うようになった。市川猿翁 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 純子引退記念映画 関東緋桜一家

    純子引退記念映画 関東緋桜一家から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    同年、藤は四代目尾上菊之助(現在の七代目尾上菊五郎)と結婚、映画界から引退したが、2年後の1974年(昭和49年)、寺島純子の名でテレビ司会者として芸能界に復帰した。監督のマキノ雅弘は本作を最後にテレビ映画以外の劇場用映画の演出からは完全に引退した。純子引退記念映画 関東緋桜一家 フレッシュアイペディアより)

  • 尾上梅幸 (7代目)

    尾上梅幸 (7代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    七代目尾上菊五郎は長男。俳優の徳大寺伸は実兄。尾上梅幸 (7代目) フレッシュアイペディアより)

  • 尾上辰之助 (初代)

    尾上辰之助 (初代)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    父譲りの豪快な芸風で、同世代の六代目市川新之助、四代目尾上菊之助とともに「三之助」の一人として人気を集めていた。尾上辰之助 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 尾上松緑 (4代目)

    尾上松緑 (4代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    12歳で父・初代尾上辰之助(1987年死去)、14歳のときには祖父・二代目尾上松緑(1989年死去)と、頼るべき肉親を相次いで亡くす苦難を味わった。以後は父の旧友であり、音羽屋一門宗家にあたる七代目尾上菊五郎に直に師事することになる。尾上松緑 (4代目) フレッシュアイペディアより)

72件中 41 - 50件表示

「尾上菊五郎」のニューストピックワード