87件中 41 - 50件表示
  • 番匠義彰

    番匠義彰から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    「弥次喜多隠密道中」 - 1971年 - 1972年、日本テレビ、出演:尾上菊之助、目黒祐樹、岡田可愛番匠義彰 フレッシュアイペディアより)

  • 常磐津文字太夫

    常磐津文字太夫から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    1959年に新橋演舞場で開催された七代目文字太夫七回忌追善演奏会にて五代目小文太夫を襲名。十一代目市川團十郎、三代目市川左團次、七代目市川門之助が追善と襲名の挨拶を述べた。1972年国立劇場10月歌舞伎公演「市原野のだんまり」で立語り。1976年に十一代目小文字太夫を襲名し、新橋演舞場で開催された襲名披露演奏会には七代目尾上菊五郎が「松島」に出演。1991年に八代目文字太夫が逝去し十七世家元を継承する。1994年歌舞伎座2月興行において、七代目尾上菊五郎による「身替座禅」で九代目文字太夫を襲名披露、その披露演奏会を国立大劇場で開催する。(公財)清栄会奨励賞受賞。六代目中村歌右衛門、十七代目中村勘三郎、七代目尾上梅幸、二代目尾上松緑といった昭和の歌舞伎界を代表する名優の立語りをつとめ、歌舞伎伴奏としての華やかな芸風を習得する。数々の歌舞伎本興行、訪米訪欧歌舞伎、日本舞踊会などに出演。1996年より2009年まで東京芸術大学音楽学部・非常勤講師を務める。2000年に重要無形文化財常磐津節(総合認定)の保持者に認定される。2005年に常磐津協会会長に就任。2010年には重要無形文化財常磐津節保存会会長に就任。常磐津文字太夫 フレッシュアイペディアより)

  • 長門勇

    長門勇から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    半七捕物帳(1979年、ANB / 歌舞伎座テレビ) ※尾上菊五郎長門勇 フレッシュアイペディアより)

  • 治承・寿永の乱を題材とした作品

    治承・寿永の乱を題材とした作品から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    『源義経』NHK大河ドラマ、1966年。主演:尾上菊之助(源義経)治承・寿永の乱を題材とした作品 フレッシュアイペディアより)

  • 第24回NHK紅白歌合戦

    第24回NHK紅白歌合戦から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊五郎 - 歌舞伎俳優。第24回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 木枯し紋次郎

    木枯し紋次郎から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    『新・木枯し紋次郎』第11話「笛の流れは三度まで」で、旅の宿場女郎のお笛(早瀬久美)が吹く笛の音色は後に同枠で放送された『悪党狩り』(1980年 - 1981年、東京12チャンネル・松竹・藤映像コーポレーション制作)で、敵のアジトに乗り込んだ主人公の同心 神谷玄次郎(尾上菊五郎)が、悪党たちの前に姿を現す際に笛を吹くシーンに流用された。木枯し紋次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のテレビ (日本)

    2017年のテレビ (日本)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    28日 - 【訃報】日本テレビ・三船プロダクション製作の時代劇『桃太郎侍(尾上菊之助版)』(1967年〜1968年)、テレビ朝日・東映製作の時代劇『人形佐七捕物帳(1977年)を始め数々のテレビドラマ・映画に出演し、また、テレビ朝日系のバラエティ番組『欽ちゃんのどこまでやるの!?』(1976年〜1986年)では萩本欽一と夫婦役を演じた女優の真屋順子が長い闘病生活の末、この日に逝去した(75歳没)。2017年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 琉球の風 (NHK大河ドラマ)

    琉球の風 (NHK大河ドラマ)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊五郎・富司純子夫妻を第4作目の『源義経』以来27年ぶりに共演させたり、前年の『信長 KING OF ZIPANGU』にて羽柴秀吉役を演じた仲村トオルをプロローグのシーンに同役で起用したり(冒頭で信長の最期・本能寺の変をシルエット描写するなど、スピンオフ的効果を狙ったもの)、初めて沖縄県を舞台とするなどの試みが見られた。また、今作の最終回「美海(ちゅらうみ)紀行」のコーナーでは、首里城に施された螺鈿細工(らでんざいく)についてのエピソードを紹介、同じく螺鈿細工の施された中尊寺の話題に触れ、そこから次作『炎立つ』の予告編に繋げるというハイパーリンク的な演出がなされた。琉球の風 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 小原秀明

    小原秀明から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    半七捕物帳 第24話「闇からの声」(1979年、ANB) ※尾上菊五郎版 - 伊八小原秀明 フレッシュアイペディアより)

  • 大佛次郎

    大佛次郎から見た尾上菊五郎劇団尾上菊五郎 (7代目)

    1948年に発表した『帰郷』で日本芸術院賞受賞。1951年に初の戯曲『楊貴妃』を書き、尾上菊五郎劇団によって歌舞伎座で上演、1952年からは市川海老蔵(十一世團十郎)のための戯曲「若き日の信長」などを執筆、しばしば演出も手がけた。大佛次郎 フレッシュアイペディアより)

87件中 41 - 50件表示

「尾上菊五郎」のニューストピックワード