87件中 71 - 80件表示
  • 鹿内 孝

    鹿内孝から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    半七捕物帳 第22話「お照の父」(1979年、ANB / 歌舞伎座テレビ) - 定吉 ※尾上菊五郎鹿内孝 フレッシュアイペディアより)

  • 尾上松也 (2代目)

    尾上松也 (2代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    10代後半から20代前半は、「弁天娘女男白浪」の伜宗之助などの若衆役や、「人情噺文七元結」の長兵衛娘お七、「児雷也豪傑譚話」成金コギャルお辰などの女形を中心に、父・松助が所属する、七代目尾上菊五郎率いる菊五郎劇団で活動してきた。尾上松也 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 藤沢周平

    藤沢周平から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    悪党狩り(1980年 テレビ東京系 出演:尾上菊五郎、鶴田浩二)藤沢周平 フレッシュアイペディアより)

  • 尾上菊五郎 (6代目)

    尾上菊五郎 (6代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    七代目尾上梅幸は養子で、その子が七代目尾上菊五郎を襲名した。なお、二代目大川橋蔵は寺島千代の養子となり、六代目菊五郎とも生活を共にした。尾上菊五郎 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 1966年

    1966年から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    大河ドラマ 「源義経」(出演:尾上菊之助 (4代目)、緒形拳)1966年 フレッシュアイペディアより)

  • 義経 (NHK大河ドラマ)

    義経 (NHK大河ドラマ)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    滝沢秀明の大河ドラマ出演は『元禄繚乱』(1999年・吉良義周役)以来で、主演は初であった。また、滝沢は『源義経』の主演であった尾上菊之助(現在の七代目尾上菊五郎)が持っていた大河ドラマ単独主演の最年少記録(放送開始時23歳)を更新した(放送開始時22歳)。義経 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 尾上松緑 (4代目)

    尾上松緑 (4代目)から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    12歳で父・初代尾上辰之助(1987年死去)、14歳のときには祖父・二代目尾上松緑(1989年死去)と、頼るべき肉親を相次いで亡くす苦難を味わった。以後は父の旧友であり、音羽屋一門宗家にあたる七代目尾上菊五郎に直に師事することになる。尾上松緑 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 人間国宝

    人間国宝から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    立役 - 三代目市川壽海、三代目市川左團次、八代目坂東三津五郎、初代松本白鸚 (認定時は八代目松本幸四郎)、二代目中村鴈治郎、十七代目中村勘三郎、二代目尾上松緑、十三代目片岡仁左衛門、十七代目市村羽左衞門、五代目中村富十郎、四代目坂田藤十郎(認定時は三代目中村鴈治郎)(存命)、七代目尾上菊五郎(存命)、二代目中村吉右衛門(存命)、十五代目片岡仁左衛門(存命)(※坂東三津五郎(七代目)は「歌舞伎舞踊」の保持者として認定)人間国宝 フレッシュアイペディアより)

  • 学校法人森村学園

    学校法人森村学園から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊五郎 \(7代目\) (歌舞伎役者)〔高等部〕学校法人森村学園 フレッシュアイペディアより)

  • 関西歌舞伎

    関西歌舞伎から見た尾上菊五郎 (7代目)尾上菊五郎 (7代目)

    この公演は1989年(平成元年)まで十回続く。東京からは宗十郎、藤十郎兄弟のほか、十七代目中村勘三郎・五代目中村勘九郎親子、七代目尾上梅幸、十代目市川海老蔵、七代目尾上菊五郎、二代目中村吉右衛門、九代目松本幸四郎、五代目中村富十郎。地元は十三代目片岡仁左衛門、十三代目片岡我童、二代目中村鴈治郎、片岡孝夫、五代目片岡我當、二代目片岡秀太郎、三代目實川延若、七代目嵐徳三郎、二代目中村扇雀などが参加。毎年大いに話題を呼び場所も第2回から中座で行われるようになった。関西歌舞伎の聖地である道頓堀に歌舞伎役者の幟が立ちならび、大阪の夏の年中行事となった。「関西歌舞伎を育てる会」は、1992年(平成4年)「関西歌舞伎を愛する会」と改称して今日に至っている。関西歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

87件中 71 - 80件表示

「尾上菊五郎」のニューストピックワード