60件中 41 - 50件表示
  • 尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊五郎 (7代目)から見た公益社団法人

    2012年 公益社団法人日本俳優協会理事長(現職)尾上菊五郎 (7代目) フレッシュアイペディアより)

  • 尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊五郎 (7代目)から見た江戸っ子

    20代の菊之助時代に三之助の一人として人気を博した。またその端整な顔立ちから、NHK大河ドラマ『源義経』(1966/昭和41年)を当時最年少で主演した。静御前に扮した藤純子とはこの共演を縁に、後に結婚した。かつては女形中心だったが、年を増すごとに男っぽさが強くなり、立役中心となった。後述の人間国宝も歌舞伎立役として認定されている。現代歌舞伎のスターにして、お家芸の世話物を得意とし、特に江戸っ子の小悪党をやらせたら、右に出る者はいないとまでいわれるほど。「尾上菊五郎劇団」を主宰して江戸歌舞伎の世話物を今日に伝えることをライフワークとしている。尾上菊五郎 (7代目) フレッシュアイペディアより)

  • 尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊五郎 (7代目)から見た助六曲輪菊

    1948年4月 新橋演舞場『助六曲輪菊』の禿で五代目尾上丑之助を襲名して初舞台。森村学園小学校へ入学。尾上菊五郎 (7代目) フレッシュアイペディアより)

  • 尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊五郎 (7代目)から見た立役

    20代の菊之助時代に三之助の一人として人気を博した。またその端整な顔立ちから、NHK大河ドラマ『源義経』(1966/昭和41年)を当時最年少で主演した。静御前に扮した藤純子とはこの共演を縁に、後に結婚した。かつては女形中心だったが、年を増すごとに男っぽさが強くなり、立役中心となった。後述の人間国宝も歌舞伎立役として認定されている。現代歌舞伎のスターにして、お家芸の世話物を得意とし、特に江戸っ子の小悪党をやらせたら、右に出る者はいないとまでいわれるほど。「尾上菊五郎劇団」を主宰して江戸歌舞伎の世話物を今日に伝えることをライフワークとしている。尾上菊五郎 (7代目) フレッシュアイペディアより)

  • 尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊五郎 (7代目)から見た女形

    20代の菊之助時代に三之助の一人として人気を博した。またその端整な顔立ちから、NHK大河ドラマ『源義経』(1966/昭和41年)を当時最年少で主演した。静御前に扮した藤純子とはこの共演を縁に、後に結婚した。かつては女形中心だったが、年を増すごとに男っぽさが強くなり、立役中心となった。後述の人間国宝も歌舞伎立役として認定されている。現代歌舞伎のスターにして、お家芸の世話物を得意とし、特に江戸っ子の小悪党をやらせたら、右に出る者はいないとまでいわれるほど。「尾上菊五郎劇団」を主宰して江戸歌舞伎の世話物を今日に伝えることをライフワークとしている。尾上菊五郎 (7代目) フレッシュアイペディアより)

  • 尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊五郎 (7代目)から見た弥次喜多隠密道中

    弥次喜多隠密道中』(1971年、日本テレビ系) - 弥次郎 役(共同主演)尾上菊五郎 (7代目) フレッシュアイペディアより)

  • 尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊五郎 (7代目)から見た人間国宝

    2003年 重要無形文化財各個保持者(人間国宝)に認定(祖父・六代目尾上菊五郎、父・七代目尾上梅幸に続いて、親子孫三代での人間国宝)。尾上菊五郎 (7代目) フレッシュアイペディアより)

  • 尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊五郎 (7代目)から見た琉球の風 (NHK大河ドラマ)

    琉球の風』(1993年、NHK) - 尚永王 役尾上菊五郎 (7代目) フレッシュアイペディアより)

  • 尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊五郎 (7代目)から見た屋号

    七代目 尾上菊五郎(しちだいめ おのえ きくごろう、1942年10月2日 - )は、日本の俳優、歌舞伎役者。歌舞伎名跡「尾上菊五郎」の当代。本名は寺島 秀幸(てらしま ひでゆき)。屋号は音羽屋。定紋は重ね扇に抱き柏、替紋は四つ輪。尾上菊五郎 (7代目) フレッシュアイペディアより)

  • 尾上菊五郎 (7代目)

    尾上菊五郎 (7代目)から見た青砥稿花紅彩画

    青砥稿花紅彩画』 - 弁天小僧菊之助役尾上菊五郎 (7代目) フレッシュアイペディアより)

60件中 41 - 50件表示

「尾上菊五郎」のニューストピックワード