64件中 41 - 50件表示
  • 尾崎好美

    尾崎好美から見た全日本実業団対抗女子駅伝競走大会

    2011年12月18日、宮城県で初開催の全日本実業団対抗女子駅伝競走大会では1区を担当し区間賞を獲得、第一生命チームの総合優勝(2002年以来9年ぶり2回目)に貢献。レース後、2012年3月11日の名古屋ウィメンズマラソンで、五輪代表入りに再挑戦する意向を表明した。尾崎好美 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎好美

    尾崎好美から見た世界陸上競技選手権大会

    2011年2月20日、第2回横浜国際女子マラソンに出場。レースでは終始先頭集団を走り、39km付近からスパートをかけてペースを上げて後続を振り切ると、自身2番目の記録でマラソン2回目の優勝を果たす。これにより、2011年世界陸上大邱大会(韓国・大邱)の女子マラソン日本代表に、世界陸上選手権に二大会連続で即内定で選出された。尾崎好美 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎好美

    尾崎好美から見た2011年世界陸上競技選手権大会

    2011年2月20日、第2回横浜国際女子マラソンに出場。レースでは終始先頭集団を走り、39km付近からスパートをかけてペースを上げて後続を振り切ると、自身2番目の記録でマラソン2回目の優勝を果たす。これにより、2011年世界陸上大邱大会(韓国・大邱)の女子マラソン日本代表に、世界陸上選手権に二大会連続で即内定で選出された。尾崎好美 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎好美

    尾崎好美から見たドイツ

    同年11月16日、最後の開催となった第30回東京国際女子マラソンで2度目のマラソンに出走。終盤の38km手前で当時姉と同じチームメイトだった加納由理(現・資生堂)をかわし、38.4km地点で先頭を走っていた渋井陽子(三井住友海上火災保険)を追い抜き逆転、自己ベスト記録でマラソン初優勝を果たす。これにより、2009年世界陸上ベルリン大会(ドイツ・ベルリン)の女子マラソン日本代表に即内定で初選出された。尾崎好美 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎好美

    尾崎好美から見たアイスランド

    2010年4月25日、エイヤフィヤトラヨークトルの噴火(アイスランド)の影響により、一時開催も危ぶまれていたロンドンマラソンに出走。だが調整ミスもあってか、レース中盤で先頭集団についていけず優勝争いから脱落、結局13位に留まった。尾崎好美 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎好美

    尾崎好美から見たウクライナ

    しかし、ロンドン五輪・女子マラソン開催より3年経過後の2015年11月、ウクライナ陸連は当初5着(ゴール記録は2時間24分32秒)だったタチアナ・ガメラの血液データを蓄積し変化を調べる「生体パスポート」の検査で異常値を示した為、ガメラをドーピング違反と判定。ガメラのロンドン五輪5着の順位・ウクライナ記録をそれぞれ取り消した為、同五輪・女子マラソンの尾崎の19着の順位が18位に繰り上がった(他木崎は15位、重友も78位に繰り上げ)。尾崎好美 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎好美

    尾崎好美から見た山北町

    神奈川県足柄上郡山北町出身。実姉の尾崎朱美(現姓・石毛)も陸上競技元選手で、現役時代は資生堂?セカンドウィンドAC(SWAC)に所属。引退後姉の朱美はSWACスタッフ・一般市民ランナーとして活動、現在は1児の母となる。尾崎好美 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎好美

    尾崎好美から見た1997年世界陸上競技選手権大会

    2011年8月27日、世界陸上大邱大会の女子マラソン本番レースでは、世界陸上連続メダル獲得の期待が掛かっていた。しかし、32Km過ぎからのケニア・エチオピア勢の急激なペースアップについていけず、一方的に突き放される。結局日本女子では赤羽有紀子(ホクレン・5位入賞)・中里麗美(ダイハツ・10位)に次ぐ3番手の17位に終わった。また女子マラソン団体戦でも日本代表は、1997年の世界陸上アテネ大会で採用されて以降、初めて表彰台を逃してしまう結果となった。尾崎好美 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎好美

    尾崎好美から見た韓国

    2011年2月20日、第2回横浜国際女子マラソンに出場。レースでは終始先頭集団を走り、39km付近からスパートをかけてペースを上げて後続を振り切ると、自身2番目の記録でマラソン2回目の優勝を果たす。これにより、2011年世界陸上大邱大会(韓国・大邱)の女子マラソン日本代表に、世界陸上選手権に二大会連続で即内定で選出された。尾崎好美 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎好美

    尾崎好美から見たシドニーオリンピック

    姉に遅れること2年、ようやく山下監督の許しを得て、2008年3月9日の第29回名古屋国際女子マラソンに一般参加選手として初マラソンに挑戦。シドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子など強豪の日本選手が出場する中、積極的にレース終盤まで先頭集団に加わった。32Km過ぎ、中村友梨香(天満屋)が仕掛けたロングスパートについていけず、中村には28秒差で届かなかったが、2位と健闘した。尾崎好美 フレッシュアイペディアより)

64件中 41 - 50件表示

「尾崎好美」のニューストピックワード

  • Motherless Brooklyn(原題)

  • エドとシャウナは親になったことが嬉しくて仕方がない様子ですよ

  • 16年前撮影の女性探す かき氷の3人組