尾崎直道 ニュース&Wiki etc.

尾崎 直道(おざき なおみち、1956年5月18日 - )は徳島県出身のプロゴルファー。愛称はジョー。同じくプロゴルファーで兄の尾崎将司(ジャンボ)、尾崎健夫(ジェット)と3人で「尾崎3兄弟」と呼ばれる。 (出典:Wikipedia)

「尾崎直道」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「尾崎直道」のつながり調べ

  • 杉原輝雄

    杉原輝雄から見た尾崎直道

    生涯現役を標榜して、シニアツアーと並行してレギュラーツアーにも出場を続け、同じ関西出身の金井清一とともに両ツアーを盛り上げた。2007年9月13日に行われた日本プロゴルフゴールドシニア選手権(出場資格68歳以上)最終日でエージシュートを達成しトータル3アンダー141で優勝。なお同日に行なわれたチャレンジトーナメント・「SRIXONチャレンジ」では長男の杉原敏一が優勝し、親子同日優勝を達成した。2008年6月14日、71歳の誕生日を迎えた日に開催された「杉原輝雄メモリアル第4回旭川オープンゴルフ選手権大会」において予選70ストロークで決勝へ進出し、決勝でも71ストロークと2日間続けてのエイジシュートを達成した。同大会には川岸良兼、鈴木亨、宮里聖志、小山内護、宮本勝昌、加瀬秀樹、尾崎直道、飯合肇、丸山大輔、すし石垣、上田論尉等のレギュラー・シニアツアーのトッププロが出場していた。7月9、10日に行われた関西プロゴールドシニア(新宝塚カントリークラブ(兵庫))のゴールドの部(68歳以上)では、70,65の2日続けてのエージシュートを達成し135の通算9アンダーで優勝した。2010年4月29日、中日クラウンズに出場し、同一大会連続出場の世界新記録を樹立したが、翌2011年の同大会へは体調不良の為参加を見送ると発表、記録も途切れることとなった。(杉原輝雄 フレッシュアイペディアより)

  • 森下桂吉

    森下桂吉から見た尾崎直道

    2008年から開催される日本ゴルフツアーのレクサス選手権ではゴルフ中継初解説となる尾崎直道とコンビを組んだ。翌週の東京国際女子マラソンではこれまた初解説となる高橋尚子とコンビを組んだ。(森下桂吉 フレッシュアイペディアより)

「尾崎直道」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「尾崎直道」のニューストピックワード