前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示
  • 佐々木久行

    佐々木久行から見た尾崎直道尾崎直道

    ツアーでは1992年から頭角を現すようになり、1994年のツアー最終戦であるゴルフ日本シリーズ 日立カップで、尾崎直道、中嶋常幸との優勝争いを制してツアー初優勝を飾る。翌1995年には日本プロゴルフ選手権で優勝、同年のワールドカップ・ゴルフでは個人戦で2位に入るなど、公式戦で実力を発揮したことから“公式戦男”の異名を取った。その後はPGAツアーにも挑戦するなど積極果敢な姿勢も持っていた。佐々木久行 フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ 尾崎兄弟・飯合に挑戦!!

    ゴルフ 尾崎兄弟・飯合に挑戦!!から見た尾崎直道尾崎直道

    番組開始当初は「ゴルフ 尾崎兄弟に挑戦!!」と題し、尾崎3兄弟(ジャンボ尾崎=尾崎将司、ジェット尾崎=尾崎健夫、ジョー尾崎=尾崎直道)が登場したが、後にジャンボが退き、代わって1990年4月1日放送分より飯合肇(コング)がメンバーに加えられこのタイトルとなった。ゴルフ 尾崎兄弟・飯合に挑戦!! フレッシュアイペディアより)

  • ウッドワンオープン広島ゴルフトーナメント

    ウッドワンオープン広島ゴルフトーナメントから見た尾崎直道尾崎直道

    1997年:尾崎直道 (この年は新潟県のヨネックスCCで開催。これは同ゴルフ場の開設を記念したもので、テレビ新潟も協力)ウッドワンオープン広島ゴルフトーナメント フレッシュアイペディアより)

  • 我孫子一門

    我孫子一門から見た尾崎直道尾崎直道

    尾崎直道 - 林に師事、ジャンボ軍団結成の一員、日本の代表選手のひとりとして活躍。我孫子一門 フレッシュアイペディアより)

  • 森下桂吉

    森下桂吉から見た尾崎直道尾崎直道

    2008年から開催される日本ゴルフツアーのレクサス選手権ではゴルフ中継初解説となる尾崎直道とコンビを組んだ。翌週の東京国際女子マラソンではこれまた初解説となる高橋尚子とコンビを組んだ。森下桂吉 フレッシュアイペディアより)

  • 1999年のスポーツ

    1999年のスポーツから見た尾崎直道尾崎直道

    賞金王(男子):尾崎直道1999年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1956年のスポーツ

    1956年のスポーツから見た尾崎直道尾崎直道

    5月18日 - 尾崎直道(徳島県、ゴルフ)1956年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 細川和彦

    細川和彦から見た尾崎直道尾崎直道

    1993年プロゴルファーテスト合格。尾崎直道選手に師事。1995年、久光製薬KBCオーガスタゴルフトーナメントで初優勝を飾る。1999年にはゴルフ日本シリーズで公式戦初優勝、ツアー賞金ランキング2位に入るなど、実力派若手選手として脚光を浴びた。2000年にはアメリカツアーを中心に活躍し、「ケンパーオープン」大会単独2位など世界と互角に渡り合った。夏おとこ細川の異名があり、夏シーズンには滅法強い。細川和彦 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎健夫

    尾崎健夫から見た尾崎直道尾崎直道

    ジャンボ尾崎こと尾崎将司は兄で、尾崎直道は弟である。徳島県海陽町出身で海南高校野球部のエースとして活躍した。ドライバーショットがジェット機のように強烈なことから、アメリカの下部ツアー転戦時に若手プロらが「ジェット」と称して以来、ジェット、あるいは姓を続けてジェット尾崎、と愛称されている。尾崎健夫 フレッシュアイペディアより)

  • 杉原輝雄

    杉原輝雄から見た尾崎直道尾崎直道

    生涯現役を標榜して、シニアツアーと並行してレギュラーツアーにも出場を続け、同じ関西出身の金井清一とともに両ツアーを盛り上げた。2007年9月13日に行われた日本プロゴルフゴールドシニア選手権(出場資格68歳以上)最終日でエージシュートを達成しトータル3アンダー141で優勝。なお同日に行なわれたチャレンジトーナメント・「SRIXONチャレンジ」では長男の杉原敏一が優勝し、親子同日優勝を達成した。2008年6月14日、71歳の誕生日を迎えた日に開催された「杉原輝雄メモリアル第4回旭川オープンゴルフ選手権大会」において予選70ストロークで決勝へ進出し、決勝でも71ストロークと2日間続けてのエイジシュートを達成した。同大会には川岸良兼、鈴木亨、宮里聖志、小山内護、宮本勝昌、加瀬秀樹、尾崎直道、飯合肇、丸山大輔、すし石垣、上田論尉等のレギュラー・シニアツアーのトッププロが出場していた。7月9、10日に行われた関西プロゴールドシニア(新宝塚カントリークラブ(兵庫))のゴールドの部(68歳以上)では、70,65の2日続けてのエージシュートを達成し135の通算9アンダーで優勝した。2010年4月29日、中日クラウンズに出場し、同一大会連続出場の世界新記録を樹立したが、翌2011年の同大会へは体調不良の為参加を見送ると発表、記録も途切れることとなった。杉原輝雄 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示

「尾崎直道」のニューストピックワード