1 2 次へ
19件中 11 - 19件表示
  • たかじんnoばぁ〜

    たかじんnoばぁ〜から見た尾崎直道尾崎直道

    ゲスト:大竹まこと、島田洋七、尾崎直道たかじんnoばぁ〜 フレッシュアイペディアより)

  • 島田誠

    島田誠から見た尾崎直道尾崎直道

    ゴルフが得意なことで知られ、ゴルフ番組への出演もある(ハンデキャップ一桁)。野球選手でゴルフが上手い者は多く、プロゴルファーに転向する者も珍しくないが、元プロ野球選手のアマチュアゴルファーとしては、平松政次と肩を並べるレベルだと言われる。毎年オフに行われる球団の納会ゴルフでも、毎回好成績を残している。また、尾崎直道に顔が似ていることから、博多華丸は「福岡の尾崎直道」などと呼んでいる。島田誠 フレッシュアイペディアより)

  • 宍喰町

    宍喰町から見た尾崎直道尾崎直道

    尾崎直道(プロゴルファー)宍喰町 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎将司

    尾崎将司から見た尾崎直道尾崎直道

    プロゴルフ転向後は1971年に日本プロゴルフ選手権で初優勝、1973年に出場2度目のマスターズ・トーナメントで東洋人で初めて8位入賞、1974年日本オープンゴルフ選手権で優勝、と同世代の青木功、中嶋常幸らとともに「AON」時代と呼ばれるほどに日本のゴルフ界で活躍し、弟のジェット健夫、ジョー直道らとともにジャンボ軍団として若年層を育成している。尾崎将司 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本昌弘

    倉本昌弘から見た尾崎直道尾崎直道

    1992年のブリヂストンオープンゴルフトーナメントで優勝し永久シードを獲得した。この時の優勝インタビューで倉本は「もう永久シードは出ないでしょう」と答えた。これを横で聞いていたのが、この大会でベストアマを獲得した片山晋呉で「そうか..もう出ないんだ」と思ったという。当時は永久シードの条件である25勝を挙げるのは相当難しいことと考えられていた。実際は2008年に獲得した片山の前に尾崎直道も獲得しているが、大卒選手では倉本と片山の二人だけ。さらに倉本は大学卒業後、一時家業を継いでいた時期もありプロデビューしたのは26歳の時であった。倉本昌弘 フレッシュアイペディアより)

  • 上田利治

    上田利治から見た尾崎直道尾崎直道

    実家は魚屋。5人兄弟の長男で、叔父は徳島県弁護士会の副会長だった。上田の徳島の実家のすぐ近くには、高校の後輩となる元西鉄選手でプロゴルファーの尾崎将司、その実弟でやはりゴルファーの健夫、直道の実家があった。上田利治 フレッシュアイペディアより)

  • なべおさみ

    なべおさみから見た尾崎直道尾崎直道

    1994年12月、銀座のソミドホールで本格的に芸能活動再開。応援に駆けつけた長年の友人である尾崎将司、尾崎健夫、尾崎直道の尾崎三兄弟の前で、発売し損ねた『母恋酒』を涙ながらに熱唱した。なべおさみ フレッシュアイペディアより)

  • 多賀公人

    多賀公人から見た尾崎直道尾崎直道

    上記の神戸大学大学院での修士論文は「プロゴルファーのキャリア・トランジションに関する研究」であった。賞金王を獲得した尾崎直道や羽川豊などトッププロゴルファー22人にインタビュー取材して作成され、キャリアの転記となった出来事とその要因分析が主な内容である。修士論文は一部が2014年に『プロゴルファーという生き方』(日経BP社)として刊行された。多賀公人 フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ侍、見参!

    ゴルフ侍、見参!から見た尾崎直道尾崎直道

    尾崎直道(第51回・第56回)ゴルフ侍、見参! フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
19件中 11 - 19件表示

「尾崎直道」のニューストピックワード