144件中 41 - 50件表示
  • テレフォン (曲)

    テレフォン (曲)から見た尾田栄一郎尾田栄一郎

    ガガはそれから白黒の大きな三角帽子をかぶり、女性実業家が着るようなスーツを着用する。そして、救済しにきたビヨンセが乗ってきた「プッシー・ワゴン」の助手席に乗り込む。ガガとビヨンセの車内での対話の後、2人は砂漠をドライブして食堂に寄る。ビヨンセはタイリースの反対側に座って、彼と無言の会話をする。そして、その人はテーブルから立ち上がって客の数人を悩ます(ここで字幕に「ワンピース!」と出るが、これは尾田栄一郎の漫画『ONE PIECE』のことである)。彼が移動する間、ビヨンセは彼のコーヒーに毒を入れる。ガガは「パパラッチ」でアレキサンダー・スカルスガルドを殺した方法について言及する。この時にガガは黄色の水玉模様のボディスーツ、ビヨンセは明るい黄色のドレスを着ている。次に頭に電話をつけたガガが調理場にいる場面になる。彼女はサンドイッチを準備して、ダンスシーケンスにそれを食べさせる。ガガは用心していない客全ての食器に毒を盛る。そして毒を盛られた客は皆発作を起こして、死ぬ。タイリースの死後、ビヨンセが彼が彼女の蜂蜜を全てとることを知っていたことを彼に話す、そして「マザー******」(mother******.、後半の部分は検閲の為、伏せられている)という。ビヨンセはその言葉を言った後に唇の上に指を添えて「おっと」と言う。その後、アメリカ国旗の柄のドレスと細かく切ったデニムを身に着けて死体の回りで踊る。それから2人は「プッシー・ワゴン」に乗り込み、ハイウェイを移動する。次に豹柄のボディスーツを着て「プッシー・ワゴン」の前で踊っているガガの映像が挿入される。最後のショットはパトカーのサイレンが背景で悲しげに鳴り響き、地平線の方に行きガガとビヨンセを示す。「To Be Continued...」という言葉が表示されて、ビデオは終わる。テレフォン (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 松井勝法

    松井勝法から見た尾田栄一郎尾田栄一郎

    尾田栄一郎 - アシスタント従事。松井勝法 フレッシュアイペディアより)

  • fanfare (Mr.Childrenの曲)

    fanfare (Mr.Childrenの曲)から見た尾田栄一郎尾田栄一郎

    『ONE PIECE』の作者尾田栄一郎が、Mr.Childrenのファンであり、その強い要望によって書き下ろされた楽曲。fanfare (Mr.Childrenの曲) フレッシュアイペディアより)

  • ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国

    ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国から見た尾田栄一郎尾田栄一郎

    同時公開されたショート映画。グランドラインカップの優勝を決めるため、麦わらチームと悪役オールスターズがPK戦で勝負する。原作者の尾田栄一郎がオリジナルキャラクター「オダッチ」として出演する他、原作のキャラクターが再登場する。実況アナウンスは、フジテレビアナウンサーの佐野瑞樹アナが担当。ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国 フレッシュアイペディアより)

  • 集英社みらい文庫

    集英社みらい文庫から見た尾田栄一郎尾田栄一郎

    『ONE PIECE』 原作:尾田栄一郎 作:浜崎達也 絵:東映アニメーション集英社みらい文庫 フレッシュアイペディアより)

  • ONE PIECE ロマンス ドーン ストーリー

    ONE PIECE ロマンス ドーン ストーリーから見た尾田栄一郎尾田栄一郎

    原作 - 尾田栄一郎(集英社『週刊少年ジャンプ』)ONE PIECE ロマンス ドーン ストーリー フレッシュアイペディアより)

  • ホップ☆ステップ賞

    ホップ☆ステップ賞から見た尾田栄一郎尾田栄一郎

    尾田栄一郎「一鬼夜行」(1993年10月期第104回、入選、第13巻収録)ホップ☆ステップ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原ゆか

    藤原ゆかから見た尾田栄一郎尾田栄一郎

    17歳で漫画家デビュー。13歳の頃『ONE PIECE』コミックス6巻のイラスト投稿コーナー「ウソップギャラリー海賊団(UGK)」にて大賞を受賞しており、50巻では「UGKからプロが出た!!」として紹介された。『CRASH!』のコミックス第1巻では、帯に『ONE PIECE』の作者尾田栄一郎からのコメントが寄せられていた。藤原ゆか フレッシュアイペディアより)

  • ジャンプフェスタ

    ジャンプフェスタから見た尾田栄一郎尾田栄一郎

    「月刊少年ジャンプ」から「ジャンプスクエア」となった最初のジャンプフェスタである。ONE PIECE連載10周年を記念した展開が多く、尾田栄一郎の描いた壁画を見る事ができた。来場者数は2日間で18万7208人。ジャンプフェスタ フレッシュアイペディアより)

  • チクサクコール うすた京介短編集

    チクサクコール うすた京介短編集から見た尾田栄一郎尾田栄一郎

    第2回GAGキングの特別賞を獲得した作品。うすたは「結構いい加減でいいんだなぁ」と思ったが、後に「いい加減」である事の大切さと難しさを痛感している」と回顧している。余談であるが尾田栄一郎は「同じ号に自分の作品がホップ☆ステップ賞の最終候補に残っており、友達に自慢したらプロフィール欄に「15歳・熊本」と書かれていたため、自分の作品と間違えられた」という。後にパァト2(『週刊少年ジャンプ』1991年5号掲載)が制作されているが、コミックス未収録。チクサクコール うすた京介短編集 フレッシュアイペディアより)

144件中 41 - 50件表示

「尾田栄一郎」のニューストピックワード