前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
73件中 1 - 10件表示
  • 横浜DeNAベイスターズ

    横浜DeNAベイスターズから見た尾花高夫尾花高夫

    2009年はWBCでの村田の離脱や、開幕6連敗など成績面で不振が相次ぎ、5月18日に大矢監督の無期限休養を発表(事実上の解任)。二軍監督の田代富雄が翌日から監督代行を務めたが、落ち切ったチームを浮上させることができず、2年連続の最下位となった。前年同様1度も貯金はなく、田代は一軍の監督代行の職が解かれ、シーズン終了後に二軍監督に再任した。 11月11日、後任監督としてこの年まで巨人の投手コーチを務めていた尾花高夫を迎え入れ、横浜港を周遊する「マリーンルージュ」で就任記者会見を行った(船上での監督就任会見はプロ野球史上初)。ヘッドコーチには島田誠が就任。オフには、ロッテのエース清水直行を斉藤俊雄と那須野巧とのトレードで獲得、同じくFA宣言をしたロッテの橋本将を獲得、日本ハムを自由契約となったターメル・スレッジを獲得するなど大規模な補強を行っている。横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • マリーンルージュ

    マリーンルージュから見た尾花高夫尾花高夫

    尾花高夫 - 2009年11月、横浜ベイスターズ監督就任会見を本船をチャーターして実施。マリーンルージュ フレッシュアイペディアより)

  • 眞下貴之

    眞下貴之から見た尾花高夫尾花高夫

    アーム投法と呼ばれる肘が伸びたまま投げるフォームであり、コーチ陣は結果が出ている限りまだ修正しない方針であったが、2011年5月15日の対東京ヤクルトスワローズ戦で2回でKOされたため、当時監督だった尾花高夫指導のもと改良を続けていた。しかし同年オフ、フォームの改良が終わらないまま尾花は解任された。眞下貴之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡宏雄

    片岡宏雄から見た尾花高夫尾花高夫

    引退後は産経新聞・夕刊フジの記者、ヤクルトアトムズのバッテリーコーチを経て、1972年からヤクルトスワローズのスカウトとなる(1974年はヤクルトのコーチ)。スカウト時代には若松勉、尾花高夫、伊東昭光、池山隆寛、広沢克己、古田敦也、高津臣吾などをスカウトした。その後は編成部長を歴任した。片岡宏雄 フレッシュアイペディアより)

  • 大野久 (野球)

    大野久 (野球)から見た尾花高夫尾花高夫

    初盗塁:1985年6月20日、対ヤクルトスワローズ8回戦(阪神甲子園球場)、7回に弘田澄男の代走として出場、二盗(投手:尾花高夫、捕手:八重樫幸雄)大野久 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た尾花高夫尾花高夫

    (セ) 江川(巨)、○尾花(ヤ)、高木宣(広)、斉藤(洋)、S山本和(神)?山倉(巨)、若菜(洋)1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1982年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1982年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た尾花高夫尾花高夫

    (セ) 尾花(ヤ)、郭(中)、大野(広)、斉藤(洋)?中尾、山倉1982年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 銚子利夫

    銚子利夫から見た尾花高夫尾花高夫

    初本塁打:1984年9月24日、対ヤクルトスワローズ22回戦(横浜スタジアム)、2回裏に尾花高夫から左越ソロ銚子利夫 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た尾花高夫尾花高夫

    (セ) 槙原(巨)、大野(広)、○中山(洋)、尾花(ヤ)、S津田(広)?達川、中村(中)1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 三浦大輔の輝け!ベイスターズ

    三浦大輔の輝け!ベイスターズから見た尾花高夫尾花高夫

    2010年3月20日 加地隆雄(横浜ベイスターズ球団社長) 、尾花高夫(横浜ベイスターズ監督) (通常は放送のない土曜日に1時間スペシャルとして放送)三浦大輔の輝け!ベイスターズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
73件中 1 - 10件表示

「尾花高夫」のニューストピックワード