前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示
  • 篠原貴行

    篠原貴行から見た尾花高夫尾花高夫

    2年目の、この年に投手コーチから就任した尾花高夫から新球種として投球に緩急ができるカーブを覚えるよう指示されたが中々物にできず、尾花からも「投げれなければ起用できない」とも言われていた。苦肉の策で投じたスラーブが見事にハマり、キレの良い速球は「わかっていても打てない」と言われ、これらを武器に見事セットアッパーとして飛躍した。篠原が投げると負けないことから「不敗神話」と話題にもなった。9月25日、リーグ優勝を決めた対日本ハム戦で中継ぎ登板のみでの14連勝を記録した。同年ルーキーの松坂大輔と最多勝を争っていたが、消化試合の近鉄戦で山本和範に決勝本塁打を打たれて敗戦投手になり、勝利数では松坂に及ばず、また1981年の間柴茂有以来となる勝率10割も逃した。シーズン60試合に登板し防御率1.25、14勝1敗で最高勝率のタイトルを獲得。ダイエー初のリーグ優勝、日本一に貢献した。篠原貴行 フレッシュアイペディアより)

  • 広岡達朗

    広岡達朗から見た尾花高夫尾花高夫

    、千葉ロッテマリーンズの重光昭夫オーナー代行に誘われ、日本球界初のゼネラルマネージャーに就任。当時のロッテは下位に低迷し「オーナーから全部任すと言われ、革命的なことをやる必要がある」と前述の日米野球サミットで知り合った、当時テキサス・レンジャーズの監督だったボビー・バレンタインを監督に招聘する。また選手ではフリオ・フランコ、ピート・インカビリア、エリック・ヒルマンを獲得する。しかし、シーズン開始直後から低迷し、バレンタインとは早くも野球観の相違から確執を起こし、選手でも伊良部秀輝、小宮山悟、愛甲猛、ヒルマン、フランコら主力選手とも確執を起こした。広岡は二軍ヘッドコーチだった江尻亮を一軍ヘッドコーチに昇格させた。広岡はバレンタインの意向を遮って、試合のない日に選手へ練習を課したというが、広岡はバレンタインが「こんなはずじゃなかった」と泣きついてきたので「手助けしようか」と話すと「頼む」というから、それならと日本式の特守や特打を導入して、練習に飢えていたチームは軌道に乗ったと話している。チームは後半から調子をあげたため、新しい外国人選手を獲得するためアメリカへ行き、帰国したら、バレンタインが「自分にまかせていたらもっと早く上に来ていた。GMが横やりを入れたから」などという趣旨の記事を書かせたと広岡は話している。ロッテは最終的には1985年以来のAクラス(2位)に躍進。しかし江藤省三、江尻亮、尾花高夫の3コーチが「選手が不調になれば、すぐ対処するのがコーチの仕事なのに、監督は、疲れているのが原因だから休ませればいいという。これでは我々の仕事がない。出来れば辞めたい」と言ってきた。これを受け、重光昭夫オーナー代行に事情を説明すると重光武雄オーナーに裁定を仰ぐことになり、オーナーに「監督を解雇しても構わないか」と聞かれたので「困りません」と答えると同年限りでバレンタインの解任が決まり、後任に江尻が昇格した。広岡は「自身に監督をクビにする権限はなかった」と話している。後にバレンタインは「GMとは選手を集めてくるのが仕事なのに、広岡はそれをせず、現場に口を出すだけだった」と批判した。これに対し広岡は「監督は現場で泥まみれになって選手を教えるのが仕事なはずなのに、バレンタインはそれをしていなかった」と反論している。広岡達朗 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ

    横浜DeNAベイスターズから見た尾花高夫尾花高夫

    WBCでの村田の故障などによって、開幕6連敗を喫するなど序盤から低迷。5月18日に大矢監督の無期限休養(事実上の解任)が発表された。二軍監督の田代富雄が翌日から監督代行を務めたが、チームを浮上させることができず93敗喫し、2年連続の最下位に終わる。前年同様一度も貯金はなく、田代は一軍の監督代行の職が解かれ、シーズン終了後に二軍監督に再任された。投手コーチの杉本正は一年で解任された。チーム防御率・失点、打率・得点はリーグ最下位に終わった。11月11日、後任監督としてこの年まで巨人の投手コーチを務めていた尾花高夫を迎え入れ、横浜港を周遊する「マリーンルージュ」で就任記者会見を行った。横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た尾花高夫尾花高夫

    第1次では同じ時期に現役として活躍した選手が中心であったコーチ陣容を組んだ原監督だったが、第2次では彼らに加えて他球団での豊富な経験のある人材を求めた。ヘッドコーチに近藤昭仁、守備走塁コーチに篠塚和典が復帰。投手コーチに尾花高夫を、また1994年から2002年まで打撃コーチを務め、2003年より広島に戻っていた打撃コーチ・内田順三が復帰した。選手補強も積極的に行った。投手陣ではオリックスを自由契約となったジェレミー・パウエル、FA宣言した豊田清(西武)、野口茂樹(中日)を獲得した。野手ではロッテの李承燁を獲得。金銭トレードで過去ゴールデングラブ賞を4度受賞した小坂誠(ロッテ)を獲得した。一方で前年シーズン途中に既に構想から外れていた清原、ローズを自由契約で、豊田の人的補償で江藤を放出した。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 王貞治

    王貞治から見た尾花高夫尾花高夫

    1998年オフに尾花高夫投手コーチの招聘で投手陣の整備が進み、の開幕前に根本陸夫球団社長の「お前達、何を構えてるんだ。この人は、今では『世界の王』と言われているが、昔はラーメン屋の倅だったんだ。お前達と何も変わりゃしない。そう思ってやりなさい」という言葉で王とコーチ・選手の溝が埋まった、といわれる。王も「選手というのは想像以上に俺の顔色をうかがっている。だから俺もあまり難しい顔をせず、選手が失敗を恐れず、のびのびできるようにしないと」と選手に歩み寄る発言をした。このあたりから、ホークスの台頭が始まったという。王貞治 フレッシュアイペディアより)

  • マリーンルージュ

    マリーンルージュから見た尾花高夫尾花高夫

    尾花高夫 - 2009年11月、横浜ベイスターズ監督就任会見を本船をチャーターして実施。マリーンルージュ フレッシュアイペディアより)

  • 松浦英信

    松浦英信から見た尾花高夫尾花高夫

    初安打:1986年6月15日、対ヤクルトスワローズ12回戦(松本市野球場)、9回表に尾花高夫から松浦英信 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦大輔の輝け!ベイスターズ

    三浦大輔の輝け!ベイスターズから見た尾花高夫尾花高夫

    2010年3月20日 加地隆雄(横浜ベイスターズ球団社長) 、尾花高夫(横浜ベイスターズ監督) (通常は放送のない土曜日に1時間スペシャルとして放送)三浦大輔の輝け!ベイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 1957年のスポーツ

    1957年のスポーツから見た尾花高夫尾花高夫

    8月7日 - 尾花高夫(和歌山県、野球)1957年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の横浜ベイスターズ

    2011年の横浜ベイスターズから見た尾花高夫尾花高夫

    この年の横浜ベイスターズは、尾花高夫監督の2年目のシーズンである。2011年の横浜ベイスターズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示

「尾花高夫」のニューストピックワード