81件中 41 - 50件表示
  • Love BayStars

    Love BayStarsから見た尾花高夫尾花高夫

    第1回 2010年4月4日 - 尾花?夫Love BayStars フレッシュアイペディアより)

  • 高野光

    高野光から見た尾花高夫尾花高夫

    ルーキーイヤーの開幕戦(対大洋・横浜スタジアム)でいきなり開幕投手を務める。ルーキーの開幕投手は、の巨人・城之内邦雄以来22年ぶりのことでドラフト制導入以後では初めてであった。この年のヤクルトは開幕から低迷、武上四郎監督が開幕後に成績不振で退陣し土橋正幸監督が就任するものの辛うじて5位に踏みとどまるのがやっとだった。その結果、10勝12敗と負け越したものの尾花高夫、梶間健一とともに先発の一角を担うようになる。高野光 フレッシュアイペディアより)

  • 梶間健一

    梶間健一から見た尾花高夫尾花高夫

    1979年以降、尾花高夫と共に先発陣の柱となり2ケタ勝利を5回記録、173cmと小柄ながら、左のサイドから繰り出す大きなカーブとスローカーブを駆使し、巧みな投球術で勝ち星を重ね、長期間低迷するチームを支え続けた。またコーナーの狙いすぎで与死球が多いのがピッチングの特徴だった。掛布雅之が現役時代のエピソードとして「梶間さんのカーブは背中から来るんで見えないんですよ、あれは怖かったですね」と語っている。安田猛とならぶ阪神キラーであった。安田の力が衰えると阪神戦で好投し「梶魔」と阪神ファンから嫌われたが、監督の広岡達朗は「梶間(火事場)の馬鹿力」と言って評価した。1983年5月7日、神宮球場での阪神戦の6回に、ランディ・バースに来日初本塁打を打たれた投手である。梶間健一 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た尾花高夫尾花高夫

    投手陣は基本的に投手コーチにほぼ一任しているが、小刻みな継投を好み、シーズンののべ登板数の日本記録を作った前任監督の尾花高夫とは異なり、先発投手はイニングを引っ張る傾向が強い。特に三浦大輔にはかなりの信頼を置いており、2012年はリーグ最多の6完投をさせている。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・クロマティ

    ウォーレン・クロマティから見た尾花高夫尾花高夫

    広島と優勝を争っていた1986年10月2日のヤクルトスワローズ戦(神宮球場)で、高野光から頭部に死球を受けて倒れ慶應義塾大学病院へ運ばれた。しかし病院を抜け出し、翌日の同ヤクルト戦にベンチ入りする。尾花高夫から代打満塁ホームランを放ち、ホームに到達した際泣きながら監督の王貞治と抱き合った。ただしこの年の巨人は最終的に優勝を逃している。ウォーレン・クロマティ フレッシュアイペディアより)

  • 尾花貴絵

    尾花貴絵から見た尾花高夫尾花高夫

    父はプロ野球・ヤクルトスワローズの投手として活躍し、横浜ベイスターズの監督を務めていた尾花高夫である。尾花貴絵 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡宏雄

    片岡宏雄から見た尾花高夫尾花高夫

    引退後は産経新聞・夕刊フジの記者を経て、ヤクルトの一軍バッテリーコーチ(, - )を務めた。からヤクルトのスカウトとなる。スカウト時代には若松勉、尾花高夫、伊東昭光、池山隆寛、広沢克己、古田敦也、高津臣吾などをスカウトした。その後は編成部長を歴任した。片岡宏雄 フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た尾花高夫尾花高夫

    しかし広岡や尾花高夫・江藤省三ら一部のコーチとの確執が表面化し、1年で解任。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • 八木沢荘六

    八木沢荘六から見た尾花高夫尾花高夫

    野村克也が阪神監督就任時、一軍投手コーチとして声をかけていた尾花高夫(尾花本人が行動を共にすることを希望していた)がダイエーのコーチに就任。阪神の一軍投手コーチを誰にするか迷った時、友人の森祇晶が八木沢を推薦したため就任に至ったという経緯がある。野村からは親しみをこめて「ロクさん」と呼ばれていた一方、藤川球児は自著の中で「八木沢と秋季キャンプで腕立て伏せのやり方で言い合いになり、その後謝罪をして和解したが、翌年のシーズンは一度も使ってもらえなかった」と告白している。八木沢荘六 フレッシュアイペディアより)

  • 上田和明

    上田和明から見た尾花高夫尾花高夫

    初打点:1989年4月25日、対ヤクルトスワローズ3回戦(明治神宮野球場)、10回表に尾花高夫から勝ち越し適時打上田和明 フレッシュアイペディアより)

81件中 41 - 50件表示

「尾花高夫」のニューストピックワード