73件中 41 - 50件表示
  • 武上四郎

    武上四郎から見た尾花高夫尾花高夫

    監督初年度には、先発ローテーション入りしたばかりの尾花高夫を相手チームのエースの登板にぶつけた。自分と同じく気の強い尾花を大きく育てたいという願いからであった。このこともあり、チームは2位だったにもかかわらず、尾花は8勝13敗と大きく負け越した(防御率は8位)。武上四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 辻内崇伸

    辻内崇伸から見た尾花高夫尾花高夫

    自主トレではハワイで磨いたスライダーとチェンジアップを軸にするため、井川慶の投球術を手本にしたいと語り、1軍スタート組に抜擢された春季キャンプでは、ストレートなど同一の球種を状況において投げ分けることを目指した。原辰徳監督や尾花高夫投手総合コーチ、ウィンターリーグに帯同した斎藤雅樹投手コーチも彼への期待のコメントを残していたが、2月9日に左肘痛で2軍落ち。ノースロー調整を続け3月中にはキャッチボールをするまでに回復したものの3月24日に再発。精密検査の結果、内側側副靭帯の断裂と診断され、再建手術を行う事となった。4月26日に手術を受け無事に成功したが、手術の特性上再建した靭帯の定着に非常に時間がかかる為、公式戦出場及び2軍での登板はなかった。辻内崇伸 フレッシュアイペディアより)

  • BASEBALL SPECIAL〜野球道〜

    BASEBALL SPECIAL〜野球道〜から見た尾花高夫尾花高夫

    尾花高夫(1992年-1994年)BASEBALL SPECIAL〜野球道〜 フレッシュアイペディアより)

  • 1957年

    1957年から見た尾花高夫尾花高夫

    8月7日 - 尾花高夫、元プロ野球選手1957年 フレッシュアイペディアより)

  • 大ちゃん (アスキーアート)

    大ちゃん (アスキーアート)から見た尾花高夫尾花高夫

    2005年以降、横浜の苦難スレとしては「牛島和彦(2007年以降は大矢明彦)監督と苦難を乗り越えていくスレ」が存在していたが、2003年を越える勢いで負けた2008年には「やる大矢」スレにその存在を取って替わられている。2009年オフ就任の尾花高夫監督スレは「やる尾花」、2011年オフ就任の中畑清監督スレは「やるきよし」である。大ちゃん (アスキーアート) フレッシュアイペディアより)

  • 8月7日

    8月7日から見た尾花高夫尾花高夫

    1957年 - 尾花高夫、プロ野球選手、コーチ8月7日 フレッシュアイペディアより)

  • 下関球場

    下関球場から見た尾花高夫尾花高夫

    1989年3月4日に初めて開催されたプロ野球・横浜大洋ホエールズ対読売ジャイアンツのオープン戦は、前日まで降り続いた雨の影響でグラウンドが一部ぬかるむなど開催が危ぶまれた。しかしフィールドに砂と土を入れ、更に灯油を散布して点火し水分を蒸発させるなどした結果、何とか開催可能なコンディションに回復することができ、無事に試合は行われた。なお、この試合では当時大洋の新人だった谷繁元信が巨人・斎藤雅樹からプロ入り初の本塁打を通算2打席目にして放っている。谷繁は後に「下関で、リーグを代表する投手の斎藤さんから本塁打を打てたお陰で、プロでやっていける自信がついた」と振り返っている(ちなみに谷繁の公式戦初本塁打は同年5月27日の柏崎市佐藤池野球場でのヤクルト戦で尾花高夫から)。下関球場 フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た尾花高夫尾花高夫

    第1次では同じ時期に巨人で現役として活躍した選手が中心であったコーチ陣容を組んだ原監督だが、第2次では彼らに加えて他球団での豊富な経験のある人材を求めた。ヘッドコーチに近藤昭仁、守備走塁コーチに篠塚和典が復帰。投手コーチに尾花高夫を招聘、また1994年から2002年まで打撃コーチを務め、2003年より広島に戻っていた打撃コーチ・内田順三が復帰した。選手補強も積極的に行った。投手陣ではオリックスを自由契約となったジェレミー・パウエル、FA宣言した豊田清(西武)、野口茂樹(中日)を獲得した。野手ではロッテの李承燁を獲得。金銭トレードで過去ゴールデングラブ賞を4度受賞した小坂誠(ロッテ)を獲得した。一方で前年シーズン途中に既に構想から外れていた清原、ローズを自由契約で、豊田の人的補償で江藤を放出した。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た尾花高夫尾花高夫

    横浜移籍後は打撃よりもこちらの守備の器用さを期待されてユーティリティプレーヤーとしての扱いとなっており、2011年10月13日には日本では初めて二塁手でスタメン出場している。さらに横浜は打力に乏しい捕手が多く頻繁に代打を送られるチーム事情もあり、入団当時の監督の尾花高夫は緊急時に備えて、中学時代までは捕手経験のあった中村に捕手の練習をさせていることを明らかにしていた。後任の中畑清がその構想を受け継ぐかどうかは不明である。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • ニッポン放送ショウアップナイター

    ニッポン放送ショウアップナイターから見た尾花高夫尾花高夫

    尾花高夫(1992年 - 1993年)ニッポン放送ショウアップナイター フレッシュアイペディアより)

73件中 41 - 50件表示

「尾花高夫」のニューストピックワード