81件中 51 - 60件表示
  • 1999年の福岡ダイエーホークス

    1999年の福岡ダイエーホークスから見た尾花高夫尾花高夫

    1998年のパシフィック・リーグで67勝67敗1分の勝率5割でオリックスと並ぶ3位タイ、21年ぶりのAクラスとなったものの、シーズンオフに主力投手かつ前年度13勝を挙げ最多勝タイの武田一浩がFAで中日へ移籍、また前年度21セーブを挙げた岡本克道が故障により離脱、1991年から主力投手だった木村恵二が戦力外通告を受け西武へ移籍、前年加入した外国籍選手、ブライアン・ウィリアムズ、ルイス・ロペス、ライアン・トンプソンがいずれも1年で退団し、ドラフト会議では、即戦力候補で相思相愛だった新垣渚(沖縄水産)をオリックスと競合の上逃すなど、投手力に不安が残る中、新たに尾花高夫が投手コーチに就任、また球団専務取締役だった根本陸夫が1月から球団社長に就任した。根本は、社長就任から間もない1月29日、必勝祈願に訪れた福岡市の筥崎宮で、「お前たちは何を構えているんだ。世界の王と言わる監督も昔はラーメン店の息子。お前たちとなんら変わりはないんだぞ」と発言、それまで「世界の王」に気後れしていた選手の呪縛を解いたという。1999年の福岡ダイエーホークス フレッシュアイペディアより)

  • 衣笠 祥雄

    衣笠祥雄から見た尾花高夫尾花高夫

    500本塁打:1987年8月11日、対ヤクルトスワローズ15回戦(広島市民球場)、4回裏に尾花高夫から左越ソロ ※史上5人目衣笠祥雄 フレッシュアイペディアより)

  • 1957年

    1957年から見た尾花高夫尾花高夫

    8月7日 - 尾花高夫、元プロ野球選手1957年 フレッシュアイペディアより)

  • 大野久 (野球)

    大野久 (野球)から見た尾花高夫尾花高夫

    初盗塁:1985年6月20日、対ヤクルトスワローズ8回戦(阪神甲子園球場)、7回に弘田澄男の代走として出場、二盗(投手:尾花高夫、捕手:八重樫幸雄)大野久 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 山口鉄也

    山口鉄也から見た尾花高夫尾花高夫

    尾花高夫投手コーチから左のセットアッパーとして期待をかけられ、春季キャンプでフォーム改造に取り組む。自身初の開幕一軍入りを果たすと、シーズン序盤から先発陣が苦戦する中、越智大祐や西村健太朗とともにブルペンを支える。9月12日のヤクルト戦で巨人史上初となる全て中継ぎ登板での2桁勝利を達成。最終的に67試合に登板して11勝を挙げ、13ゲーム差を逆転してのリーグ優勝に貢献。リードを守れなかったにもかかわらず味方の逆転で勝利投手になる「勝ち星泥棒」は1回のみ。中日とのクライマックスシリーズ第3戦ではリリーフで3イニングを投げ、西武との日本シリーズでも3試合に登板し、最後までフル回転でチームを支えた。オフには育成選手枠出身選手として初の新人王を受賞した。山口鉄也 フレッシュアイペディアより)

  • 田中総司 (野球)

    田中総司 (野球)から見た尾花高夫尾花高夫

    。3年目には尾花高夫投手コーチの指導により田中総司 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 田尾安志

    田尾安志から見た尾花高夫尾花高夫

    100本塁打:1984年8月20日、対ヤクルトスワローズ22回戦(明治神宮野球場)、3回表に尾花高夫から2ラン ※史上134人目田尾安志 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクホークスから見た尾花高夫尾花高夫

    前年オフにFAで武田が中日へ移籍したが、この年投手コーチとして就任した尾花高夫が手腕を発揮する。先発の穴を2年目の永井智浩・星野順治を抜擢し共に10勝をマーク、同じく2年目の篠原貴行が中継ぎながら14勝1敗で最高勝率のタイトルを獲得。藤井が最優秀中継ぎ投手、工藤が最優秀防御率・最多奪三振・シーズンMVP獲得。若田部がここ数年の不振を脱出し5年ぶりに10勝する。結果、長年課題と言われていた投手力で福岡移転後初のリーグ優勝を達成。この時、シーズン終了直前まで総得点が総失点を下回り、史上初の珍事かと話題になったが、最終的には総得点が上回った(総得点563、総失点553)。サヨナラ勝ち12回は12球団最多だった。さらに日本シリーズでは中日ドラゴンズを4勝1敗で下し、日本一となった。秋山が2本の本塁打とファインプレーでシリーズMVPを獲得し、西武時代の1991年につづき史上初の2球団での日本シリーズMVP獲得者となった。福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た尾花高夫尾花高夫

    初本塁打:1989年5月27日、対ヤクルトスワローズ9回戦(柏崎市佐藤池野球場)、5回表に尾花高夫からソロ谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 牛田成樹

    牛田成樹から見た尾花高夫尾花高夫

    投球の途中で一度三塁側に顔を向ける独特のフォームから平均球速約140km/h、最速149km/hのストレートと大小2種類のフォークボールを投げ込む。また、時折スローカーブも織り交ぜて投球を組み立てる。2010年春キャンプでは監督の尾花高夫からシュートを直伝された。牛田成樹 フレッシュアイペディアより)

81件中 51 - 60件表示

「尾花高夫」のニューストピックワード