73件中 51 - 60件表示
  • 2012年の野球

    2012年の野球から見た尾花高夫尾花高夫

    【NPB】巨人がのコーチ陣を発表。二軍監督の川相昌弘と、一軍ヘッドコーチの岡崎郁が担当配置を交換。また、前横浜監督の尾花高夫が二軍投手総合コーチに就任。2012年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 広岡達朗

    広岡達朗から見た尾花高夫尾花高夫

    西武時代に広岡に教えられた食事法を現在も実践し、体調管理に役立てているといい「管理野球が自分の基礎」「これまで何度もあった逆境を乗り越えられたのは、広岡監督に若いうちにプロ魂をたたき込まれたお陰」「玄米じゃなきゃ壊れてたかもしれない」「頭が上がらないというより、今でも顔を見たら直立不動です」「野球に懸ける情熱、思いはあまりにすごすぎてまねできない」などとと話している。なお熊谷組への就職を発表していた工藤をドラフト6位で強行指名し入団させた仕掛人は、長らく工藤自身含めて全て根本と信じられてきたが、実は根本は工藤指名には反対で、強行指名の仕掛人は広岡だったという。伊東勤も基本の大事さを教えられた最も影響を受けた野球人として広岡を挙げている。大久保博元は「何でボクを獲ったのかというところから始まった広岡野球が、指導者になった今になって、なるほどと思えることばかり」と話している。また、秋山幸二は、米教育リーグと広岡野球を心酔して招聘された長池徳士コーチによって育てられたもの。西武の「育てながら勝つ」という伝統は、広岡の時代から始まったものである。またロッテコーチ時代に毎日のように広岡に怒られ指導者としての心構えをたたき込まれたという尾花高夫も、最も影響を受けた指導者として広岡を挙げており、2010年から2011年まで横浜ベイスターズで指揮を執った際、広岡と野村克也を手本にした野球をやりたいと話していた。2010年シーズン途中からヤクルト監督に就任した小川淳司も“広岡+野村”の考えをエッセンスに含めた小川流管理野球をやるという。安田猛は「広岡さんは理論がきちんとして、絶対にブレなかった。はっきり言って好きなタイプじゃない。ただ野球に対する考え方は素晴らしい。当時は反発しましたが、すべて若気の至り。反省しています。いまのヤクルトにも広岡さんのDNAはしっかり残っています」などと話している。 広岡達朗 フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・クロマティ

    ウォーレン・クロマティから見た尾花高夫尾花高夫

    広島と優勝を争っていた1986年10月2日のヤクルトスワローズ戦(神宮球場)で、高野光から頭部に死球を受けて倒れ慶應義塾大学病院へ運ばれた。巨人は原辰徳も骨折で離脱しており優勝は絶望的と思われたが、病院を抜け出し、翌日の同ヤクルト戦にベンチ入りする。尾花高夫から代打満塁ホームランを放ち、ホームに到達した際泣きながら監督の王貞治と抱き合い、中畑清は感激のあまりクロマティにキスをした。ウォーレン・クロマティ フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た尾花高夫尾花高夫

    初本塁打:1989年5月27日、対ヤクルトスワローズ9回戦(柏崎市佐藤池野球場)、5回表に尾花高夫からソロ谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 田尾 安志

    田尾安志から見た尾花高夫尾花高夫

    100本塁打:1984年8月20日、対ヤクルトスワローズ22回戦(明治神宮野球場)、3回表に尾花高夫から2ラン ※史上134人目田尾安志 フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た尾花高夫尾花高夫

    当時低迷していた巨人投手陣の再建を期待され招聘された尾花高夫投手コーチ(元・横浜ベイスターズ監督)が実際に巨人の若手投手の投球を目にした際、「ソフトバンクを超える投手陣を作れる」と、コメントしたが、特に木佐貫は「潜在能力は斉藤和巳クラス」と、そのポテンシャルが絶賛された。木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中出謙二

    中出謙二から見た尾花高夫尾花高夫

    社会人時代、ヤクルトの名スカウト・片岡宏雄が大矢明彦に続く捕手を獲得するため、新日鉄堺グラウンドへ中出の視察に赴いたことがあった。しかし現役時代捕手でもあった片岡は「こんなレベルじゃプロでは通用せえへんな」と、即決で中出の獲得を断念している(ちなみにこの時片岡の目に留まったのが中出の後輩の投手・尾花高夫である)。中出謙二 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヤクルトスワローズ

    東京ヤクルトスワローズから見た尾花高夫尾花高夫

    スワローズ音頭 - 1983年4月発売。メインボーカルは坂上二郎、荒木大輔・松岡弘・梶間健一・尾花高夫・大矢明彦・角富士夫・大杉勝男・若松勉らのスワローズ選手がコーラスを務めている。東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • 高野光

    高野光から見た尾花高夫尾花高夫

    ルーキーイヤーの開幕戦(対大洋・横浜スタジアム)でいきなり開幕投手を務める。ルーキーの開幕投手は、の巨人・城之内邦雄以来22年ぶりのことでドラフト制導入以後では初めてであった。この年のヤクルトは開幕から低迷、武上四郎監督が開幕後に成績不振で退陣し土橋正幸監督が就任するものの辛うじて5位に踏みとどまるのがやっとだった。その結果、10勝12敗と負け越したものの尾花高夫、梶間健一とともに先発の一角を担うようになる。この頃のヤクルトは下位に低迷していたものの「家族的アットホームさ」が売りであり、荒木大輔、広沢克己、秦真司らがのびのびと野球をしていた。高野光 フレッシュアイペディアより)

  • 長嶋清幸

    長嶋清幸から見た尾花高夫尾花高夫

    初本塁打・初打点:1980年7月17日、対ヤクルトスワローズ20回戦(静岡草薙球場)、6回表に池谷公二郎の代打として出場、尾花高夫からソロ長嶋清幸 フレッシュアイペディアより)

73件中 51 - 60件表示

「尾花高夫」のニューストピックワード