前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
271件中 1 - 10件表示
  • 居酒屋

    居酒屋から見たビール

    居酒屋(いざかや)とは、酒類とそれに伴う簡単な料理を提供する飲食店で、日本式の飲み屋である。主に酒類を提供している点で一般のレストランと異なる。またバーやパブなどは洋風の店舗で洋酒を中心に提供しているのに対し、居酒屋は和風でビールやチューハイ、日本酒などを提供している店が多く、バーやパブに比べると料理の種類や量も多い。居酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋

    居酒屋から見た木の実ナナ

    歌謡曲「居酒屋」- 五木ひろしと木の実ナナが歌い1982年(昭和57年)に流行した。いまでもカラオケでよく歌われている。居酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋

    居酒屋から見た高倉健

    小説「居酒屋兆治」(山口瞳) - 居酒屋を営む、まっすぐにしか生きられない男を描いた作品。高倉健主演で映画化もされた。居酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋

    居酒屋から見た池波正太郎

    テレビ時代劇 - 小説を下敷きに居酒屋の場面が入る例がしばしば見られ、シリーズになった「鬼平犯科帳」(池波正太郎) や「御宿かわせみ」(平岩弓枝)、「桃太郎侍」(山手樹一郎)があげられる。居酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋

    居酒屋から見た渡邊孝好

    映画「居酒屋ゆうれい」- 1994年(平成6年)に渡邊孝好監督により映画化された。同年のキネマ旬報日本映画ベストテンに入った。居酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋

    居酒屋から見た五木ひろし

    歌謡曲「居酒屋」- 五木ひろしと木の実ナナが歌い1982年(昭和57年)に流行した。いまでもカラオケでよく歌われている。居酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋

    居酒屋から見た蒸留酒

    その後居酒屋は、唐の時代ごろになると、各都市部に庶民向けの店が出始め、「酒肆(しゅし)」や「酒楼(しゅろう)」、「酒家(しゅか)」などと呼ばれた。これらは、当時の詩人であった李白や杜甫によって歌に詠まれている。各都市の街道沿いには宿屋を兼ねる居酒屋が軒を並べ、看板である「酒旗」を掲げ、ウイグル系の酌婦などが働いていた。当時は夜間の営業が禁止されており、深夜営業は宋朝の時代まで待たなくてはならなかった。またこの唐の時代に、詩人の王翰が葡萄酒を歌に詠んでいるが、ワインのような代物ではなく米と葡萄汁をブレンドした醸造酒だったようである。その後アラビアから蒸留酒が伝来し、「白酒(パイチュウ)」呼ばれて富裕層が嗜んだ。蒸留酒が庶民に出回るのは20世紀になってからである。居酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋

    居酒屋から見たカフェ

    明治時代になると文明開化の名の下、ビールなど洋酒が流入し、1899年には銀座に富裕層向けの「恵比寿ビアホール」が設立された。その後、カフェやキャバレー等の洋風居酒屋が相次いで流入した。1939年には、ビール生産量が戦前のピークを迎えている。1944年、決戦非常措置要綱により多くの飲食店やカフェーが閉店に追い込まれ、一方で1人ビール1本または日本酒1合に限る公営の国民居酒屋が登場した。居酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋

    居酒屋から見た土間土間

    土間土間、とりでんなど(レインズインターナショナル)居酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋

    居酒屋から見た甘太郎

    甘太郎、贔屓屋など(コロワイド)居酒屋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
271件中 1 - 10件表示

「居酒屋」のニューストピックワード