271件中 31 - 40件表示
  • 居酒屋

    居酒屋から見たエミール・ゾラ

    小説「居酒屋」L'Assommoir (エミール・ゾラのルーゴン・マッカール叢書)居酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋

    居酒屋から見た葦原王

    古事記に登場する逸話や歌から、8世紀初頭までには定着していた。「造酒司(みきのつかさ)」と呼ばれる役所の管轄の基、醸酒料としての米が租税として徴収された733年の記録が残っている。797年に書かれた続日本紀には、761年に葦原王が居酒屋で酔って殺人事件を起こした記録が残っている。ただしこの時は大陸の言葉である「酒肆(しゅし)」と書かれていた。居酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋

    居酒屋から見たマルティン・ルター

    1524年から1年間起きたドイツ農民戦争や17世紀の30年戦争では、村々の居酒屋が蜂起した農民たちの集会所となり、集会のみならず平常時でも雑貨屋や、食料品店、商談事や裁判、銀行業務、軍人募集まで請け負う多機能性を有していた。利用する人間も富裕層から貧困層まで幅広く、男女や年齢による制限も比較的ゆるいものであった。このことを都市部の人々は快く思っておらず、マルティン・ルターなどは、『祝日に行われているあらゆる悪徳の場』と蔑んでいる。居酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋

    居酒屋から見た山口瞳

    小説「居酒屋兆治」(山口瞳) - 居酒屋を営む、まっすぐにしか生きられない男を描いた作品。高倉健主演で映画化もされた。居酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋

    居酒屋から見たつげ義春

    漫画『もっきり屋の少女』(つげ義春) - 主人公の青年が奇妙な方言を話すおかっぱ頭の少女に出会い、少女がホステスをする小さな茅葺屋根の居酒屋へ出向き、少女の不幸な身の上を知る。居酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋

    居酒屋から見たカリグラ

    ローマ時代も相変わらず居酒屋は下賤なものとされたが、第2代皇帝ティベリウスや第3代カリグラ、第4代クラウディウス、第5代ネロ、第8代ウィテリウス、第17代ルキウス・ウェルス、第18代コンモドゥスの歴代皇帝は居酒屋通いをしていたとされる。特にティベリウスは『ビベリウス(のみ助)』のあだ名を称されるほどの酒好きであった。ローマの居酒屋は大体夕方の16時に開店し、祭日ともなると深夜営業を行った。日没後は香を炊くなど客への配慮も怠らなかった。ローマ時代の居酒屋には飲酒と売春業の他に賭博業が新たに加わり、特にサイコロ賭博が盛んに興じられ娯楽性が強調されていく。居酒屋はローマ帝国の発展と共に各属州に広まっていくが、ローマ帝国の終焉と共に一度全滅の憂き目に遭う。中世初期の領主たちがギリシャやローマの貴族たちのように、自分の領地内での酒類の地産地消を行い、商売としての居酒屋を認めなかったためだ。居酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋

    居酒屋から見たネロ

    ローマ時代も相変わらず居酒屋は下賤なものとされたが、第2代皇帝ティベリウスや第3代カリグラ、第4代クラウディウス、第5代ネロ、第8代ウィテリウス、第17代ルキウス・ウェルス、第18代コンモドゥスの歴代皇帝は居酒屋通いをしていたとされる。特にティベリウスは『ビベリウス(のみ助)』のあだ名を称されるほどの酒好きであった。ローマの居酒屋は大体夕方の16時に開店し、祭日ともなると深夜営業を行った。日没後は香を炊くなど客への配慮も怠らなかった。ローマ時代の居酒屋には飲酒と売春業の他に賭博業が新たに加わり、特にサイコロ賭博が盛んに興じられ娯楽性が強調されていく。居酒屋はローマ帝国の発展と共に各属州に広まっていくが、ローマ帝国の終焉と共に一度全滅の憂き目に遭う。中世初期の領主たちがギリシャやローマの貴族たちのように、自分の領地内での酒類の地産地消を行い、商売としての居酒屋を認めなかったためだ。居酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋

    居酒屋から見たブドウ

    貨幣経済が当たり前となった紀元前5世紀頃の居酒屋は宿屋の機能も兼ね、ギリシャでは多くの詩人や歴史家、演劇人が居酒屋の記録を残している。ギリシャの居酒屋には、ギリシャ以外の外国人や、商人、巡礼者、ヤクザ者、放浪者、奴隷出身の水夫や肉体労働者など下層民が溜まり場として、売春や窃盗、果ては盗賊などのアジトと化していた物まであった。特に物流が集結するアテネや植民都市であったビザンティウムには居酒屋が多く立ち並んだが、上流階級は相変わらず居酒屋を忌み嫌い、アレオパゴス集会で居酒屋入店を禁止したり、哲学者のプラトンが『飽くなき利益を追求する商売行為』と非難したほどである。またギリシャの居酒屋では、ブドウの栽培やワインの醸造が発達したためビールよりワインが好まれた。居酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋

    居酒屋から見た魚介類

    装飾や提供する飲食類は和風のことが多いが、あえて洋風にすることにより他店との差別化を図る店もある。また、新鮮な魚介類を提供していることを強調するため店内に活魚用の生け簀を作る店や、カウンターを作って目の前で調理をしてみせる店など、様々な工夫を凝らした店が多い。チェーン店においてはセントラルキッチンにおいて調理済みの料理を提供する店が多いが、近年は「店内調理」を前面に出してセールスポイントとするチェーンも少なくない。居酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋

    居酒屋から見たルキウス・ウェルス

    ローマ時代も相変わらず居酒屋は下賤なものとされたが、第2代皇帝ティベリウスや第3代カリグラ、第4代クラウディウス、第5代ネロ、第8代ウィテリウス、第17代ルキウス・ウェルス、第18代コンモドゥスの歴代皇帝は居酒屋通いをしていたとされる。特にティベリウスは『ビベリウス(のみ助)』のあだ名を称されるほどの酒好きであった。ローマの居酒屋は大体夕方の16時に開店し、祭日ともなると深夜営業を行った。日没後は香を炊くなど客への配慮も怠らなかった。ローマ時代の居酒屋には飲酒と売春業の他に賭博業が新たに加わり、特にサイコロ賭博が盛んに興じられ娯楽性が強調されていく。居酒屋はローマ帝国の発展と共に各属州に広まっていくが、ローマ帝国の終焉と共に一度全滅の憂き目に遭う。中世初期の領主たちがギリシャやローマの貴族たちのように、自分の領地内での酒類の地産地消を行い、商売としての居酒屋を認めなかったためだ。居酒屋 フレッシュアイペディアより)

271件中 31 - 40件表示

「居酒屋」のニューストピックワード