113件中 11 - 20件表示
  • 吉田拓郎の来歴

    吉田拓郎の来歴から見た山下久美子山下久美子

    6月15日、国立競技場で5万人の観客を集めて開催された国際青年年(IYY)記念イベント"ALL TOGETHER NOW"の企画参加と司会を担当。はっぴいえんどとサディスティック・ミカ・バンド(ヴォーカルは松任谷由実)の再結成の他、オフコース、佐野元春、サザンオールスターズ、さだまさし、南こうせつ、チェッカーズ、アルフィー、山下久美子、坂本龍一、武田鉄矢、財津和夫、イルカ、白井貴子、アン・ルイス、ラッツ&スターらが出演。再現は不可能な顔ぶれが揃ったが、拓郎から始まり、はっぴいえんど、松任谷由実を経由してトリが佐野元春、飛び入りゲストがサザンオールスターズという演奏順で世代交代を象徴する流れだったため、後に細野晴臣が「ニューミュージックの葬式」などと揶揄した。しかしながら、このイベントは大規模ロック・フェスティバルの草分けとされる。吉田拓郎の来歴 フレッシュアイペディアより)

  • MOOCS

    MOOCSから見た山下久美子山下久美子

    MOOCSでダウンロードできる邦楽アーティストのピックアップ。アナウンサー出身でさばけた語り口の船守さちことゲストのトークなどを交えて楽曲紹介をする1時間番組。【過去のゲスト】山下久美子 / w-inds. / 古内東子 などMOOCS フレッシュアイペディアより)

  • SF Rock Station

    SF Rock Stationから見た山下久美子山下久美子

    山下久美子 (1992年4月―同年9月)SF Rock Station フレッシュアイペディアより)

  • 胸キュン

    胸キュンから見た山下久美子山下久美子

    松本隆が作詞した2つの曲、山下久美子の「赤道小町ドキッ(1982年)およびイエロー・マジック・オーケストラの「君に、胸キュン。」(1983年)のヒットにより広く人口に膾炙するようになった。1983年、カネボウ化粧品の「レディ80 サンケーキ」のCMでキャッチコピーとして「胸キュン」が使用され、一般的な言葉として定着した。「君に、胸キュン。」はこのCMのイメージソングである。胸キュン フレッシュアイペディアより)

  • DOING WONDERS

    DOING WONDERSから見た山下久美子山下久美子

    アルバムラストを飾るバラード「EVERY NIGHT」は、発売よりずっと以前からライブで演奏されていた曲で、先に山下久美子のアルバムにメロディーだけを提供 (「最後のドアーまで」 1985.1.21) し、ようやく本作でオリジナルバージョンが収録された。近年でも、アコギの弾き語りにより類度に演奏されている曲である。DOING WONDERS フレッシュアイペディアより)

  • plugged

    pluggedから見た山下久美子山下久美子

    1. 瞳いっぱいの涙: 山下久美子への提供曲。1985年シングル曲のリメイク。plugged フレッシュアイペディアより)

  • 赤道小町ドキッ

    赤道小町ドキッから見た山下久美子山下久美子

    『赤道小町ドキッ』は、1982年にリリースされた山下久美子の6枚目のシングル。同年夏のカネボウ化粧品キャンペーンイメージソング。赤道小町ドキッ フレッシュアイペディアより)

  • Heavenly Sweet

    Heavenly Sweetから見た山下久美子山下久美子

    山下久美子の同名の曲のカバー。RAM RAIDERによるアレンジ。Heavenly Sweet フレッシュアイペディアより)

  • PaPa

    PaPaから見た山下久美子山下久美子

     吉川晃司のバックバンドではあるが、アン・ルイスや、山下久美子のバックを務めたこともあり、またバンド単独での作品を残している。PaPa フレッシュアイペディアより)

  • 椎野恭一

    椎野恭一から見た山下久美子山下久美子

    幼い頃、ビートルズ好きな姉のボーイフレンドがドラマーで、スティックをプレゼントされたことが、ドラマーを志すきっかけである。中学校時代初めてバンドを結成、はっぴいえんどからクリーム、ローリング・ストーンズなどをコピーする。高校生の時、当時エディー藩とオリエント・エクスプレスに在籍したゲーリー渡辺に師事。卒業後、PaPaを結成。山下久美子、吉川晃司のサポートを経てバンドデビューを果たす。椎野恭一 フレッシュアイペディアより)

113件中 11 - 20件表示

「山下久美子」のニューストピックワード