131件中 61 - 70件表示
  • DOING WONDERS

    DOING WONDERSから見た山下久美子山下久美子

    アルバムラストを飾るバラード「EVERY NIGHT」は、発売よりずっと以前からライブで演奏されていた曲で、先に山下久美子のアルバムにメロディーだけを提供 (「最後のドアーまで」 1985.1.21) し、ようやく本作でオリジナルバージョンが収録された。近年でも、アコースティック・ギターの弾き語りにより類度に演奏されている曲である。DOING WONDERS フレッシュアイペディアより)

  • 横内タケ

    横内タケから見た山下久美子山下久美子

    その後は、佐野元春のバック・バンドだったザ・ハートランドに参加したほか、矢沢永吉、宇崎竜童などのツアーにギタリストとして参加し、さらにかまやつひろし、佐久間学、白井貴子、レベッカ、山下久美子、渡辺美里などのレコーディングにスタジオ・ミュージシャンとして参加している。 横内タケ フレッシュアイペディアより)

  • スマッシュ!!11

    スマッシュ!!11から見た山下久美子山下久美子

    1982年10月13日「ギャツビーポップンロールナイト」(九電記念体育館)- ゲスト:ラッツ&スター、山下久美子スマッシュ!!11 フレッシュアイペディアより)

  • 大村憲司

    大村憲司から見た山下久美子山下久美子

    1970年にアメリカに渡り、フィルモア・ウェストのステージに立つ。1971年帰国し、上智大学国際学部へ入学する一方、赤い鳥に参加。1973年に赤い鳥を脱退し、村上秀一らと「エントランス」を結成。続く1974年にバンブー、1975年にカミーノを結成。 1980年、YMOのサポートギタリストとして国内およびワールドツアーに参加。その後1980年代はアレンジャーとして山下久美子のヒット曲「赤道小町ドキッ」をはじめ、大江千里、本田美奈子などの楽曲を手がけている他、セッションギタリストとしても数多くの楽曲に参加。特に1980年代後半から1990年代前半にかけては後藤次利の作編曲作品(工藤静香、とんねるずなど)に頻繁に参加している。晩年は柳ジョージ、遊佐未森、宮沢和史などのツアーにサポートギタリストとして参加。またその卓越したギターテクニックや知識により『ギターマガジン』のエレクトリックギターのレビューを担当。大村憲司 フレッシュアイペディアより)

  • SF Rock Station

    SF Rock Stationから見た山下久美子山下久美子

    山下久美子 (1992年4月 - 同年9月)SF Rock Station フレッシュアイペディアより)

  • ROMANTIC 1990

    ROMANTIC 1990から見た山下久美子山下久美子

    当時布袋の妻であり、吉川とも親交のあった山下久美子がライブでカバーしたと言われている。ROMANTIC 1990 フレッシュアイペディアより)

  • 恋するバラード〜Woman

    恋するバラード〜Womanから見た山下久美子山下久美子

    バスルームから愛をこめて/山下久美子恋するバラード〜Woman フレッシュアイペディアより)

  • しょこたん☆かばー4

    しょこたん☆かばー4から見た山下久美子山下久美子

    2013年3月16日放送の『ミュージックフェア』で山下久美子とコラボ。しょこたん☆かばー4 フレッシュアイペディアより)

  • SOMEDAY (佐野元春の曲)

    SOMEDAY (佐野元春の曲)から見た山下久美子山下久美子

    山下久美子(2005年発売のアルバム『Duets』収録)SOMEDAY (佐野元春の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 安宅美春

    安宅美春から見た山下久美子山下久美子

    ギターインストアルバム。シングルCDに収録されていた「孤独のRunaway」と「KNOCK ME」の2曲の他、ゲストボーカルに早尻翔介(後のT-BOLANの森友嵐士)、ドラムにLOUDNESSの樋口宗孝を迎えたBOØWYの「IMAGE DOWN」のカバー、ゲストボーカルに大黒摩季(デビュー前。当時の表記は大黒摩紀)を迎えた山下久美子の「WHY?」「LOVE & PEACE」「BIBBIDI,BOBBIDI,BOO」のカバーを含めた計6曲が収録されている。安宅美春 フレッシュアイペディアより)

131件中 61 - 70件表示

「山下久美子」のニューストピックワード