前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
75件中 1 - 10件表示
  • 高尾紳路

    高尾紳路から見た山下敬吾山下敬吾

    張栩、山下敬吾、羽根直樹らとともに「平成四天王」と称される。高尾紳路 フレッシュアイペディアより)

  • 井山裕太

    井山裕太から見た山下敬吾山下敬吾

    その後、2000年代に囲碁界でタイトルを独占していた張栩・山下敬吾・高尾紳路・羽根直樹の「平成四天王」から井山は次々とタイトルを奪取していく。2012年23歳の時には本因坊・天元・王座・碁聖・十段と獲得し史上2人目の五冠王となる。また2011年22歳の時に初の賞金ランキング1位となって以降5年連続で1位(継続中)。井山裕太 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た山下敬吾山下敬吾

    10歳半で来日し、林海峰の内弟子となる。この時「日本で絶対にプロにならなければならない」という使命感を背負っていた。しかし日本の院生のレベルの高さ(来日前には台湾のトップ棋士相手に少しハンデを貰えれば勝負になっていた)にも衝撃を受けた。当時の院生にはのちにライバルとなる山下敬吾・溝上知親・秋山次郎・蘇耀国らがいた(4人とも現九段)。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 朴文尭

    朴文尭から見た山下敬吾山下敬吾

    世界囲碁選手権富士通杯 ベスト4 2010年(○李捷、○山下敬吾、○朴永訓、×李世?)朴文尭 フレッシュアイペディアより)

  • 柁嘉熹

    柁嘉熹から見た山下敬吾山下敬吾

    5歳で囲碁を学び、呉肇毅の道場に入門。2002年入段。2004年二段、全国囲棋個人戦乙組3位。2005年三段、国家少年隊入り。2006年全国囲棋個人戦乙組優勝、全国体育大会9位、倡棋杯中国プロ囲棋選手権戦ベスト4に進出し、準決勝三番勝負で孔傑に0-2で敗れる。2007年富士通杯U15少年囲棋戦優勝。2008年新人王戦準優勝、農心杯で中国代表として出場し山下敬吾らを破り4人抜き、NEC杯囲棋賽ベスト8。2009年全国智力運動会男子個人快棋戦優勝。2010年BCカード杯、LG杯でベスト16、倡棋杯中国プロ囲棋選手権戦決勝で周睿羊を2-1で破って優勝。柁嘉熹 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池康郎

    菊池康郎から見た山下敬吾山下敬吾

    菊池 康郎(きくち やすろう、1929年8月20日 - )は、アマチュアの囲碁棋士。東京都出身。世界アマチュア囲碁選手権戦優勝、全日本アマチュア本因坊戦等国内アマ大会優勝20数回を数え、アマ四強と呼ばれた一人。緑星囲碁学園を主宰し、山下敬吾を始め、多数のプロ・アマ棋士を育成している。国際囲碁交流にも尽力、緑星囲碁学園代表、国際囲碁友好会理事長、全国子ども囲碁普及会代表、一般社団法人全日本囲碁協会理事長。菊池康郎 フレッシュアイペディアより)

  • 平成四天王

    平成四天王から見た山下敬吾山下敬吾

    平成四天王(へいせいしてんのう)は、平成期に活躍しているトップ囲碁棋士四名の総称。張栩、山下敬吾、高尾紳路、羽根直樹の四人を指す。平成四天王 フレッシュアイペディアより)

  • 申旻ジュン

    申旻ジュンから見た山下敬吾山下敬吾

    2017年GSカルテックス杯ベスト4。第19回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦で范廷鈺九段・余正麒七段・周睿羊九段・許家元七段・陳耀燁九段・山下敬吾九段に連勝し韓国棋士最多連勝記録を更新。申旻ジュン フレッシュアイペディアより)

  • 少年少女囲碁大会

    少年少女囲碁大会から見た山下敬吾山下敬吾

    また、小学生の部では、2年生の優勝が2回、女子の優勝が4回ある(2014年時点)。中でも第7回大会の小学生の部は、4年生の高尾紳路、2年生の山下敬吾の、後にトッププロとなる二人の決勝戦となり、後まで語り継がれるようになった。2年生での優勝は山下と井山裕太の二人が記録した。坂井秀至は6年生で小学生の部優勝、続いて中学生の部3連覇の計4連覇を記録した。少年少女囲碁大会 フレッシュアイペディアより)

  • 溝上知親

    溝上知親から見た山下敬吾山下敬吾

    1985年、8歳で祖父と叔父に教えられ囲碁を覚える。翌年の佐世保市立相浦小学校3年時に少年少女囲碁大会長崎県大会準優勝で全国大会へ進出も、2回戦で優勝するのちのトップ棋士・山下敬吾に敗退。またこの大会には高尾紳路(現九段)も出場していた。翌年は同県大会で優勝し、全国大会では2回戦敗退。同年に菊池康郎の主催する緑星囲碁学園を訪問し、北海道合宿などに参加。1989年小学校6年時に、全国大会優勝を果たし東京に地縁が無かった事から、緑星囲碁学園初の内弟子となる。当時の緑星のメンバーは青木紳一・加藤充志・秋山次郎(3人共現九段)・青木喜久代(現八段)そして山下敬吾がいた。菊池師匠には「前を歩け」と助言されていた。1992年2月に院生になり、一月ごとにクラスを上げ入段試験まで進む。溝上知親 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
75件中 1 - 10件表示

「山下敬吾」のニューストピックワード