前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示
  • 羽根直樹

    羽根直樹から見た山下敬吾山下敬吾

    高尾紳路、張栩、山下敬吾らとともに「若手四天王」と称される(近年では4人が若手の実力者にとどまらない活躍をしているため、単に「四天王」あるいは「平成四天王」といわれることもある)。羽根直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池康郎

    菊池康郎から見た山下敬吾山下敬吾

    菊池康郎(きくちやすろう、1929年8月20日 - )は、アマチュアの囲碁棋士。東京都出身。世界アマチュア囲碁選手権戦優勝、全日本アマチュア本因坊戦等国内アマ大会優勝20数回を数え、アマ四強と呼ばれた一人。緑星囲碁学園を主宰し、山下敬吾を始め、多数のプロ・アマ棋士を育成している。国際囲碁交流にも尽力、緑星囲碁学園代表、国際囲碁友好会理事長、全国子ども囲碁普及会代表。菊池康郎 フレッシュアイペディアより)

  • 朴文尭

    朴文尭から見た山下敬吾山下敬吾

    世界囲碁選手権富士通杯 ベスト4 2010年(○李捷、○山下敬吾、○朴永訓、×李世?)朴文尭 フレッシュアイペディアより)

  • 高尾紳路

    高尾紳路から見た山下敬吾山下敬吾

    師から受け継いだ手厚い棋風で、地に辛い傾向の強い現代碁界にあってそのスタイルは異彩を放つ。羽根直樹、張栩、山下敬吾らとともに「若手四天王」(近年では「平成四天王」)と称される。高尾紳路 フレッシュアイペディアより)

  • 少年少女囲碁大会

    少年少女囲碁大会から見た山下敬吾山下敬吾

    また、小学生の部では、2年生の優勝が2回、女子の優勝が3回ある(2012年時点)。中でも第7回大会の小学生の部は、4年生の高尾紳路、2年生の山下敬吾の、後にトッププロとなる二人の決勝戦となり、後まで語り継がれるようになった。2年生での優勝は山下と井山裕太の二人が記録している。坂井秀至は6年生で小学生の部優勝、続いて中学生の部3連覇の計4連覇を記録している。少年少女囲碁大会 フレッシュアイペディアより)

  • 柁嘉熹

    柁嘉熹から見た山下敬吾山下敬吾

    5歳で囲碁を学び、呉肇毅の道場に入門。2002年入段。2004年二段、全国囲棋個人戦乙組3位。2005年三段、国家少年隊入り。2006年全国囲棋個人戦乙組優勝、全国体育大会9位、倡棋杯中国プロ囲棋選手権戦ベスト4に進出し、準決勝三番勝負で孔傑に0-2で敗れる。2007年富士通杯U15少年囲棋戦優勝。2008年新人王戦準優勝、農心杯で中国代表として出場し山下敬吾らを破り4人抜き、NEC杯囲棋賽ベスト8。2009年全国智力運動会男子個人快棋戦優勝。2010年BCカード杯、LG杯でベスト16、倡棋杯中国プロ囲棋選手権戦決勝で周睿羊を2-1で破って優勝。柁嘉熹 フレッシュアイペディアより)

  • 関西棋院

    関西棋院から見た山下敬吾山下敬吾

    2007年 王座 山下敬吾 3-1 今村俊也関西棋院 フレッシュアイペディアより)

  • 趙治勲

    趙治勲から見た山下敬吾山下敬吾

    2006年 山下敬吾棋聖を相手に十段位を防衛。趙治勲 フレッシュアイペディアより)

  • 棋士 (囲碁)

    棋士 (囲碁)から見た山下敬吾山下敬吾

    山下敬吾 棋聖5期 名人1期 本因坊2期 天元2期 碁聖1期 王座2期棋士 (囲碁) フレッシュアイペディアより)

  • 温昭珍

    温昭珍から見た山下敬吾山下敬吾

    LG杯世界棋王戦 ベスト4 2007年(○丁偉、○山下敬吾、○河野臨、×韓尚勲)温昭珍 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示