75件中 11 - 20件表示
  • 一力遼

    一力遼から見た山下敬吾山下敬吾

    2016年4月、早稲田大学社会科学部に入学。同年9月2日、第42期天元戦の本戦決勝で山下敬吾を下し、井山裕太天元への挑戦権を獲得。現行の七大タイトル戦史上、10代の挑戦者は2008年の名人戦に19歳で登場した井山に続き2人目。同年9月26日、第26期竜星戦の決勝で井山裕太を下し、優勝する。同年9月27日、第18回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦の第1戦、棋界の第一人者・李世?を撃破する快挙を成し遂げた。棋道賞最多勝・最多対局賞受賞。賞金ランキングで自己最高の3位。一力遼 フレッシュアイペディアより)

  • 羽根直樹

    羽根直樹から見た山下敬吾山下敬吾

    張栩、山下敬吾、高尾紳路らとともに「平成四天王」と称される。羽根直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 本木克弥

    本木克弥から見た山下敬吾山下敬吾

    2016年、第11回広島アルミ杯若鯉戦準優勝。第71期本因坊戦リーグで張栩元五冠・山下敬吾元棋聖・伊田篤史十段・河野臨九段・一力遼七段に勝利し5勝2敗の2位で残留成功。本木克弥 フレッシュアイペディアより)

  • 棋士 (囲碁)

    棋士 (囲碁)から見た山下敬吾山下敬吾

    山下敬吾 棋聖5期 名人2期 本因坊2期 王座2期 天元2期 碁聖1期棋士 (囲碁) フレッシュアイペディアより)

  • 趙治勲

    趙治勲から見た山下敬吾山下敬吾

    2006年 (50歳) 山下敬吾棋聖を相手に十段位を防衛。2007年 NHK杯囲碁トーナメントで11年ぶりに優勝、さらに同年4月十段位を防衛し、タイトル獲得数を71へ更新。阿含・桐山杯準優勝。趙治勲 フレッシュアイペディアより)

  • 山下道吾

    山下道吾から見た山下敬吾山下敬吾

    山下道吾 フレッシュアイペディアより)

  • 董彦

    董彦から見た山下敬吾山下敬吾

    6歳で囲碁を学ぶ。李偉、李明健や、南京のアマチュア強豪姚健科、張乃勝などの指導を受け、1988年に河北省体育局体工大隊に入る。1989年棋童杯優勝。1990年初段、国家少年隊入りする。1991年全国少年戦準優勝。1997年に全国囲棋個人戦3位。1998年六段。1999、2001年にNEC杯新秀戦で優勝し、日中スーパー囲碁の俊英戦に出場し、それぞれ山下敬吾に0-2、溝上知親に1-2。2000年、天元戦挑戦者となるが、常昊に1-3で敗れる。同年七段。2002年天元戦トーナメントベスト4。2003年名人戦トーナメントベスト4。董彦 フレッシュアイペディアより)

  • 羅洗河

    羅洗河から見た山下敬吾山下敬吾

    2002年 3-1(○崔哲瀚、○山下敬吾、○崔珪昞、×中野寛也)羅洗河 フレッシュアイペディアより)

  • 林至涵

    林至涵から見た山下敬吾山下敬吾

    1992年に世界青少年囲碁選手権大会少年組優勝。1997年世界アマチュア囲碁選手権戦4位。2001年入段。同年、台湾棋院杯優勝。以後数々の台湾棋院棋戦に優勝。2002年CSK杯囲碁アジア対抗戦に中華台北チームとして出場。2004年、中環杯世界囲碁選手権戦に出場、1回戦で宋泰坤に勝ち、2回戦で山下敬吾に敗れる。2007年八段、中環杯世界囲碁選手権戦1回戦で崔哲瀚に勝ち、2回戦で朴正祥に敗れる。2008年には中国乙級リーグに台湾棋院チーム主将として出場。同年CMC杯、天元戦、国手戦、碁聖戦の4冠を達成。2009年に八段昇段後120勝の規定により、台湾の棋士としては二人目、台湾棋院としては初めての九段昇段を果たす。林至涵 フレッシュアイペディアより)

  • 碁ワールド

    碁ワールドから見た山下敬吾山下敬吾

    「竹林杯精鋭八強戦」大竹英雄・林海峰主催の若手棋士8名によるトーナメント戦。準決勝から本誌掲載し、河野臨が優勝。2000年からは第2回が開始、高尾紳路が優勝。2001年は第3回として4チームによる世代別対抗戦が行われ、20代チーム(羽根直樹・高尾紳路・山下敬吾)が優勝。碁ワールド フレッシュアイペディアより)

75件中 11 - 20件表示

「山下敬吾」のニューストピックワード