61件中 41 - 50件表示
  • 囲碁界

    囲碁界から見た山下敬吾山下敬吾

    年間最多敗戦 山下敬吾 32敗(39勝、2004年)囲碁界 フレッシュアイペディアより)

  • 坂井秀至

    坂井秀至から見た山下敬吾山下敬吾

    2010年 - 第35期碁聖戦挑戦者決定戦で山下敬吾天元を降し、初の挑戦手合進出。張栩碁聖を3勝2敗で破り、初の七大タイトル獲得。タイトル獲得により八段昇段。ペア碁選手権戦で石井茜とのペアで優勝。坂井秀至 フレッシュアイペディアより)

  • 金秀俊

    金秀俊から見た山下敬吾山下敬吾

    1997年に棋聖戦二段戦に優勝、選抜トーナメント戦にも優勝して、最高棋士決定戦に出場、1回戦で林海峰に敗退。1999年棋聖戦四段戦に優勝し選抜トーナメント戦で準優勝、五段。2000年六段。2001年にNEC杯俊英戦と新鋭トーナメント戦で準優勝。2002年七段。新鋭トーナメントは2002、03年と3期連続準優勝。2004年天元戦で、準決勝で師の趙治勲を破って挑戦者決定戦に進出、山下敬吾に敗れる。金秀俊 フレッシュアイペディアより)

  • 崔哲瀚

    崔哲瀚から見た山下敬吾山下敬吾

    2004年 2-1(○林海峰、○山下敬吾、×孔傑)崔哲瀚 フレッシュアイペディアより)

  • 結城聡

    結城聡から見た山下敬吾山下敬吾

    2006年から2009年まで、関西棋院第一位を4連覇。2008年度のNHK杯で、関西棋院の棋士としては1984年度の橋本昌二以来、24年ぶりに優勝。翌年同棋戦史上3人目、関西棋院では初の2連覇。2010年テレビ囲碁アジア選手権戦で準優勝。同年天元戦挑戦者となり、山下敬吾天元を3-0で破って、6度目の挑戦で初の七大タイトル獲得。アジア競技大会に男女ペア戦、男子団体戦に出場し、団体戦では銅メダル獲得。結城聡 フレッシュアイペディアより)

  • 平成四天王

    平成四天王から見た山下敬吾山下敬吾

    『平成四天王』(へいせいしてんのう)は、平成期に活躍した若手囲碁棋士四名の総称。張栩、山下敬吾、高尾紳路、羽根直樹の四人を指す。二十歳前後の若さで2000年前後から相次いでトップ棋士の仲間入りをし、2世代前の四天王(王立誠、小林覚、片岡聡、山城宏)との対比から、当初は「若手四天王」あるいは「新四天王」と呼ばれて将来を嘱望された。2004年から2008年までは平成四天王が三大タイトルを独占し、2008年には平成四天王が七大タイトル全てを独占するなど、平成囲碁界の中心的存在となった。現在は次世代の井山裕太の追随を受けている。平成四天王 フレッシュアイペディアより)

  • 高梨聖健

    高梨聖健から見た山下敬吾山下敬吾

    高梨 聖健(たかなし せいけん、1971年5月14日 - )は、日本棋院所属のプロ棋士。静岡県出身、八段。新鋭トーナメント戦優勝など。妻の井澤秋乃もプロ棋士。山下敬吾は義弟に当たる。高梨聖健 フレッシュアイペディアより)

  • 王檄

    王檄から見た山下敬吾山下敬吾

    2003年 0-3(×宋泰坤、×王立誠、×山下敬吾王檄 フレッシュアイペディアより)

  • 天元 (着点)

    天元 (着点)から見た山下敬吾山下敬吾

    平成時代に入っては、山下敬吾が天元戦で集中的に初手天元を試して話題となった。また依田紀基なども時に天元打ちを試し、白番2手目での天元なども打っている。下に示すのは2000年の新鋭トーナメント戦決勝にて、山下敬吾が高尾紳路相手に白番天元を放った一局。天元 (着点) フレッシュアイペディアより)

  • 大斜定石

    大斜定石から見た山下敬吾山下敬吾

    2003年、名人戦七番勝負第1局、依田紀基名人(黒)-挑戦者山下敬吾(白)戦では、白は左上の勢力を背景に左下隅で大斜ガケし、黒も戦いを回避して上ツギ定石を選択、さらに図の局面で通常は黒aと抜くところ黒△に打つなど工夫を凝らし、白の勢力の働きを制限して勝利。七番勝負も4-1で制して名人戦4連覇を達成。大斜定石 フレッシュアイペディアより)

61件中 41 - 50件表示