75件中 51 - 60件表示
  • 黄翊祖

    黄翊祖から見た山下敬吾山下敬吾

    2008年精鋭リーグ戦優勝。王座戦本戦入り。第34期天元戦で山下敬吾棋聖王座・羽根直樹本因坊に勝利し挑戦者決定戦進出。名人戦リーグ陥落。前期シード者が負け越さずに陥落するのは名人戦史上初。黄翊祖 フレッシュアイペディアより)

  • 井澤秋乃

    井澤秋乃から見た山下敬吾山下敬吾

    奈良県出身、日本棋院東京本院所属、四段。夫は高梨聖健、義弟に山下敬吾。左利き。井澤秋乃 フレッシュアイペディアより)

  • 今村俊也

    今村俊也から見た山下敬吾山下敬吾

    2007年、関西棋院では橋本昌二以来、25年ぶりとなる王座戦登場を果たすが、山下敬吾に1-3で敗れる。第31期棋聖戦リーグ残留。今村俊也 フレッシュアイペディアより)

  • 伊田篤史

    伊田篤史から見た山下敬吾山下敬吾

    2014年 本因坊リーグでは山下敬吾名人・結城聡十段・高尾紳路九段・河野臨九段・余正麒七段に勝利し5勝1敗で、6連勝の山下敬吾と対戦しこれを降す。6勝1敗で並んだことによりプレーオフとなり、山下を再度降し、挑戦権を獲得。20歳0ヶ月での挑戦者は、本因坊戦史上最年少(それまでの最年少記録はリーグで伊田に土をつけた張栩の21歳)。規定により八段昇段。挑戦手合では、井山裕太本因坊に1-4で敗れてタイトル奪取は成らず。第53期十段戦予選Aで松岡秀樹九段に勝利し最終予選進出。最終予選で清成哲也九段に勝利し本戦進出。本戦では蘇耀国八段・結城聡九段・志田達哉七段に勝利し決勝進出。伊田篤史 フレッシュアイペディアより)

  • 棋聖 (囲碁)

    棋聖 (囲碁)から見た山下敬吾山下敬吾

    2003年、山下敬吾が挑戦者として登場。第4局の封じ手でハナヅケの妙手を放つなど王を圧倒し、4-1で棋聖を奪取する。しかし翌年は羽根直樹の粘りに屈し、1年で棋聖を明け渡した。2005年には結城聡が挑戦権を獲得、関西棋院の棋士として28年ぶりの七番勝負に挑んだが、3勝2敗から後を連敗し、関西の悲願は成らなかった。棋聖 (囲碁) フレッシュアイペディアより)

  • 謝爾豪

    謝爾豪から見た山下敬吾山下敬吾

    6歳で囲碁を覚えて閻安七段に学び。2008年から北京囲碁道場で学ぶ。2011年豊城杯全国業余囲棋大奨戦で優勝、同年初段。同年全国囲棋個人戦男子乙組5位。2012年第1回百霊愛透杯に出場し、芮廼偉、山下敬吾、李康らを破りベスト4進出、準決勝三番勝負で周睿羊に1-2で敗れたが、14歳で世界戦ベスト4の最年少記録となる。2013年リコー杯囲棋戦ベスト16、阿含・桐山杯ベスト8、リコー杯新秀戦ベスト8。2014年天元戦ベスト8、棋聖戦ベスト4、LG杯世界棋王戦ベスト8。2016年天元戦ベスト4。謝爾豪 フレッシュアイペディアより)

  • 聶衛平

    聶衛平から見た山下敬吾山下敬吾

    1980年、孔祥明と結婚し、一子孔令文をもうける。91年離婚して、人民解放軍政治部歌劇員の歌手王静と結婚、2000年に離婚して、01年に再婚。2014年、小学4年生の孫(孔令文の一人息子)が日本第35回少年少女囲碁大会出場、予選で山下敬吾九段の一人息子(4年生)を破り、7位入賞。聶衛平 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁界の2017年

    囲碁界の2017年から見た山下敬吾山下敬吾

    25日、第42期碁聖戦で井山裕太碁聖が山下敬吾九段に3連勝し防衛・6連覇達成。囲碁界の2017年 フレッシュアイペディアより)

  • 棋戦 (囲碁)

    棋戦 (囲碁)から見た山下敬吾山下敬吾

    七大タイトルを全て一回以上通算で経験する事をグランドスラムと呼び、これを達成したのは趙治勲、張栩、井山裕太の三人のみ。このうち、井山裕太は七大タイトル全てを同時に保持したことがある(2016年、2017年)。また、井山は2017年のすべてのタイトルを獲得する年間グランドスラムを達成した。後1タイトルで達成するのは林海峰、山下敬吾の2人。棋戦 (囲碁) フレッシュアイペディアより)

  • 睦鎮碩

    睦鎮碩から見た山下敬吾山下敬吾

    2000年 2-1(○山下敬吾、○邱峻、×工藤紀夫)睦鎮碩 フレッシュアイペディアより)

75件中 51 - 60件表示

「山下敬吾」のニューストピックワード