61件中 51 - 60件表示
  • 常昊

    常昊から見た山下敬吾山下敬吾

    2001年 2-1(○武宮正樹、○崔明勲、×山下敬吾常昊 フレッシュアイペディアより)

  • 阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦

    阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦から見た山下敬吾山下敬吾

    2010年 山下敬吾 - 趙治勲阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦 フレッシュアイペディアより)

  • 中国・常徳杯世界囲棋名人争覇戦

    中国・常徳杯世界囲棋名人争覇戦から見た山下敬吾山下敬吾

    2012年 江維傑(中国)朴永訓(韓国)、山下敬吾(日本)中国・常徳杯世界囲棋名人争覇戦 フレッシュアイペディアより)

  • 朴永訓

    朴永訓から見た山下敬吾山下敬吾

    2006年 3-0(○山下敬吾、○王立誠、○丁偉)朴永訓 フレッシュアイペディアより)

  • 碁ワールド

    碁ワールドから見た山下敬吾山下敬吾

    「竹林杯精鋭八強戦」大竹英雄・林海峰主催の若手棋士8名によるトーナメント戦。準決勝から本誌掲載し、河野臨が優勝。2000年からは第2回が開始、高尾紳路が優勝。2001年は第3回として4チームによる世代別対抗戦が行われ、20代チーム(羽根直樹・高尾紳路・山下敬吾)が優勝。碁ワールド フレッシュアイペディアより)

  • 名人 (囲碁)

    名人 (囲碁)から見た山下敬吾山下敬吾

    2003年 依田紀基 4-1 山下敬吾 (コミ6目半に移行)名人 (囲碁) フレッシュアイペディアより)

  • 依田紀基

    依田紀基から見た山下敬吾山下敬吾

    2003年 第28期名人戦で、山下敬吾棋聖の挑戦を退け、名人四連覇。第28期碁聖戦で、小林光一碁聖に挑戦、3-2で碁聖位を獲得。秀哉賞を初受賞。依田紀基 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た山下敬吾山下敬吾

    羽根直樹、山下敬吾、高尾紳路らとともに台頭したため「若手四天王」と称されたが、最近では「平成四天王」と呼ばれることが多い。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁の歴史

    囲碁の歴史から見た山下敬吾山下敬吾

    90年代後半に入ってからは、ようやく衰えを見せた木谷一門に代わり若手が活躍を始めた。依田紀基・王立誠らが覇権を争い、21世紀に入ってからは張栩・高尾紳路・山下敬吾・羽根直樹の四天王がタイトル戦線を割拠した。しかし2009年、井山裕太が初の大タイトルとなる名人を戴冠すると、2012年には一挙に五冠王となり、23歳にして第一人者の地位に就いた。囲碁の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 棋聖 (囲碁)

    棋聖 (囲碁)から見た山下敬吾山下敬吾

    2003年、山下敬吾が挑戦者として登場。第4局の封じ手でハナヅケの妙手を放つなど王を圧倒し、4-1で棋聖を奪取する。しかし翌年は羽根直樹の粘りに屈し、1年で棋聖を明け渡した。2005年には結城聡が挑戦権を獲得、関西棋院の棋士として28年ぶりの七番勝負に挑んだが、3勝2敗から後を連敗し、関西の悲願は成らなかった。棋聖 (囲碁) フレッシュアイペディアより)

61件中 51 - 60件表示

「山下敬吾」のニューストピックワード