前へ 1 2 3 4 5
48件中 1 - 10件表示
  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た井山裕太

    2011年 第66期本因坊戦において羽根直樹の挑戦を4-3で退け、本因坊位を初防衛。自身8年ぶりの名人挑戦となった第36期名人戦では井山裕太を4-2で破り、初の名人位を獲得すると共に史上7人目の名人本因坊となった。棋聖戦4連覇・本因坊襲位などが評価され、小林光一に続く囲碁界では2人目の北海道民栄誉賞受賞。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た高尾紳路

    張栩、羽根直樹、高尾紳路らとともに「若手四天王」「平成四天王」と称される。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た小林光一

    2000年 新鋭トーナメント戦優勝。七段昇段。小林光一を3-2で破り第25期碁聖獲得(初タイトル)21歳11ヶ月での碁聖位獲得は最年少記録。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た張栩

    張栩、羽根直樹、高尾紳路らとともに「若手四天王」「平成四天王」と称される。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た棋聖 (囲碁)

    山下 敬吾(やました けいご、1978年9月6日 - )は、日本棋院所属のプロ棋士。九段。北海道旭川市出身。緑星囲碁学園出身。棋聖、名人、本因坊などのタイトルを獲得。雅号は「道吾(どうわ)」。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た本因坊

    山下 敬吾(やました けいご、1978年9月6日 - )は、日本棋院所属のプロ棋士。九段。北海道旭川市出身。緑星囲碁学園出身。棋聖、名人、本因坊などのタイトルを獲得。雅号は「道吾(どうわ)」。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た一力遼

    2017年、第42期碁聖戦で2年ぶりに挑戦するも井山裕太碁聖(六冠)の前にストレート負け。11月、第42期棋聖戦Sリーグ2位で挑戦者決定トーナメントに進出するも決勝で一力遼七段に敗れた。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た王立誠

    2002年 棋聖戦リーグ入りし、B組で優勝し挑戦者決定戦で勝利。名人リーグ、本因坊リーグ入り。2003年 王立誠を4-1で破って第27期棋聖獲得。新昇段制度により、棋聖在位による九段昇段。名人戦挑戦。2004年 羽根直樹に3-4で敗れ棋聖位失冠。羽根を3-0で降し、第30期天元獲得。賞金ランキングで自己最高の2位。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た三村智保

    第67期本因坊戦第一局、井山裕太天元(黒)対山下道吾本因坊(この頃は「道吾」の雅号を名乗っていた)の対局で、左辺で激しい戦いが起こり、ニコニコ生放送で解説をした三村智保は「いろいろな進行が考えられるが、白(山下)が優勢」と語っていた。ところが137手目、井山が左辺ツギを打った所で山下が即投了した。ニコニコ生放送のコメントでは驚きの声が多く出て、三村も「ええっ…こんな事があるんですか?」と驚きの声を上げた。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た村川大介

    2014年3月13日、第38期棋聖戦で井山裕太棋聖に4-2で敗れ、タイトル奪取には至らず。11月13日、第39期棋聖戦挑戦者決定戦で村川大介七段に勝利し2期連続で棋聖戦挑戦権を得る。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
48件中 1 - 10件表示

「山下敬吾」のニューストピックワード