48件中 11 - 20件表示
  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た依田紀基

    2008年 趙治勲の挑戦を4-3で退け第32期棋聖を防衛。棋聖3連覇を達成。張栩に1-3で敗れ、王座を陥落。10月 第1回ワールドマインドスポーツゲームズ囲碁男子団体戦に依田紀基、羽根直樹、河野臨、高尾紳路と日本代表チームを組み出場、銅メダルを獲得。賞金ランキングで3年連続の2位。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た小林覚

    2007年 小林覚の挑戦を4-0で退け第31期棋聖を防衛。タイトル防衛は初。11月、今村俊也の挑戦を3-1で退け、第55期王座を防衛。天元戦挑戦権を獲得、河野に挑むが1-3で敗退。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た趙治勲

    2008年 趙治勲の挑戦を4-3で退け第32期棋聖を防衛。棋聖3連覇を達成。張栩に1-3で敗れ、王座を陥落。10月 第1回ワールドマインドスポーツゲームズ囲碁男子団体戦に依田紀基、羽根直樹、河野臨、高尾紳路と日本代表チームを組み出場、銅メダルを獲得。賞金ランキングで3年連続の2位。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た平成四天王

    張栩、羽根直樹、高尾紳路らとともに「若手四天王」「平成四天王」と称される。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た今村俊也

    2007年 小林覚の挑戦を4-0で退け第31期棋聖を防衛。タイトル防衛は初。11月、今村俊也の挑戦を3-1で退け、第55期王座を防衛。天元戦挑戦権を獲得、河野に挑むが1-3で敗退。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た菊池康郎

    高校の数学教師の囲碁愛好家の父より、兄(1988年に少年少女囲碁大会小学生の部で優勝を経験・元院生)と共に囲碁を習い、碁会所などで腕を磨く。1986年 旭川市立東栄小学校2年時に少年少女囲碁大会小学生の部で歴代最年少記録で優勝し、小学生名人となる。(このときの決勝の相手はのちにプロでタイトル争いをすることとなる高尾紳路)。1987年 旭川市立日章小学校3年で、連覇を掛け少年少女囲碁大会に出場するが、黒滝正憲に敗れ準優勝に終わる。その12月に母、兄とともに上京してアマチュア強豪菊池康郎の主宰する緑星囲碁学園に入園する。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た羽根直樹

    張栩、羽根直樹、高尾紳路らとともに「若手四天王」「平成四天王」と称される。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た河野臨

    2005年 第53期王座戦挑戦者、中環杯準決勝戦進出。第31期天元戦で河野臨に2-3で敗れ、タイトルを失う。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た本因坊道策

    2010年8月20日、本因坊位初獲得の就位式において、雅号を「道吾」とすることを発表した。雅号の由来は、歴代本因坊の1人本因坊道策と、自身の出身地である北海道から「道」を取り、本名の敬吾から「吾」の1文字を取って合わせたものである。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た天元戦

    2002年 棋聖戦リーグ入りし、B組で優勝し挑戦者決定戦で勝利。名人リーグ、本因坊リーグ入り。2003年 王立誠を4-1で破って第27期棋聖獲得。新昇段制度により、棋聖在位による九段昇段。名人戦挑戦。2004年 羽根直樹に3-4で敗れ棋聖位失冠。羽根を3-0で降し、第30期天元獲得。賞金ランキングで自己最高の2位。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

48件中 11 - 20件表示

「山下敬吾」のニューストピックワード