48件中 31 - 40件表示
  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦

    2010年 第34期棋聖戦にて張栩に1-4で敗れ棋聖位を失冠。5連覇による名誉棋聖獲得はならなかった。第65期本因坊戦において、羽根直樹を4-1で破り、自身初となる本因坊位を奪取。第19期竜星戦にて優勝。全棋士参加の早碁棋戦での初タイトルとなる。第17期 阿含桐山杯優勝。賞金ランキングで2年ぶりの2位。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た布石

    かつては初手天元、5の五など意欲的な手を打つことも多く、特に2000年の碁聖戦では、挑戦者決定トーナメントから挑戦手合五番勝負まで5の五を多用して注目を集めた。しかし、その後はトーナメント上位での対局が増え、そのような大胆な布石はあまり見られなくなった。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た少年少女囲碁大会

    高校の数学教師の囲碁愛好家の父より、兄(1988年に少年少女囲碁大会小学生の部で優勝を経験・元院生)と共に囲碁を習い、碁会所などで腕を磨く。1986年 旭川市立東栄小学校2年時に少年少女囲碁大会小学生の部で歴代最年少記録で優勝し、小学生名人となる。(このときの決勝の相手はのちにプロでタイトル争いをすることとなる高尾紳路)。1987年 旭川市立日章小学校3年で、連覇を掛け少年少女囲碁大会に出場するが、黒滝正憲に敗れ準優勝に終わる。その12月に母、兄とともに上京してアマチュア強豪菊池康郎の主宰する緑星囲碁学園に入園する。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た棋士 (囲碁)

    山下 敬吾(やました けいご、1978年9月6日 - )は、日本棋院所属のプロ棋士。九段。北海道旭川市出身。緑星囲碁学園出身。棋聖、名人、本因坊などのタイトルを獲得。雅号は「道吾(どうわ)」。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た週刊碁

    1988年 板橋区立高島第四小学校4年時、東京都代表として少年少女囲碁大会に出場し、初の兄弟決勝戦となるが(2010年度までその後一度もない)、兄に敗れ準優勝に終わる。1989年に日本棋院院生。1993年 4月に入段。1997年 「週刊碁」1000号記念企画「十代棋士チャンピオン戦」で優勝。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た緑星囲碁学園

    山下 敬吾(やました けいご、1978年9月6日 - )は、日本棋院所属のプロ棋士。九段。北海道旭川市出身。緑星囲碁学園出身。棋聖、名人、本因坊などのタイトルを獲得。雅号は「道吾(どうわ)」。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た封じ手

    2日制の碁の封じ手で封じる時は、戦いに持っていくような手、守りの手では無く、効かしの手を打つことが多い。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見たワールドマインドスポーツゲームズ

    2008年 趙治勲の挑戦を4-3で退け第32期棋聖を防衛。棋聖3連覇を達成。張栩に1-3で敗れ、王座を陥落。10月 第1回ワールドマインドスポーツゲームズ囲碁男子団体戦に依田紀基、羽根直樹、河野臨、高尾紳路と日本代表チームを組み出場、銅メダルを獲得。賞金ランキングで3年連続の2位。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た旭川市

    山下 敬吾(やました けいご、1978年9月6日 - )は、日本棋院所属のプロ棋士。九段。北海道旭川市出身。緑星囲碁学園出身。棋聖、名人、本因坊などのタイトルを獲得。雅号は「道吾(どうわ)」。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見たツギ

    第67期本因坊戦第一局、井山裕太天元(黒)対山下道吾本因坊(この頃は「道吾」の雅号を名乗っていた)の対局で、左辺で激しい戦いが起こり、ニコニコ生放送で解説をした三村智保は「いろいろな進行が考えられるが、白(山下)が優勢」と語っていた。ところが137手目、井山が左辺ツギを打った所で山下が即投了した。ニコニコ生放送のコメントでは驚きの声が多く出て、三村も「ええっ…こんな事があるんですか?」と驚きの声を上げた。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

48件中 31 - 40件表示

「山下敬吾」のニューストピックワード