前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示
  • 1980年代

    1980年代から見た山下泰裕山下泰裕

    ロサンゼルスオリンピック開催。柔道の山下泰裕が金メダルを獲得。後に山下に国民栄誉賞が贈られる。1980年代 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本市立藤園中学校

    熊本市立藤園中学校から見た山下泰裕山下泰裕

    1984年(昭和59年)9月14日 - 卒業生山下泰裕がロサンゼルスオリンピック柔道無差別級優勝の報告に来校。熊本市立藤園中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤純男

    遠藤純男から見た山下泰裕山下泰裕

    後年は山下泰裕のライバルとして、1980年の全日本選抜柔道体重別選手権大会では奇襲技「蟹挟」(オリンピックなどの国際大会では禁じ手)で山下の腓骨をへし折った。詳細は山下泰裕のリンクを参考。遠藤純男 フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルスオリンピック (1984年) 日本選手団

    ロサンゼルスオリンピック (1984年) 日本選手団から見た山下泰裕山下泰裕

    主将:山下泰裕、旗手:室伏重信ロサンゼルスオリンピック (1984年) 日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 上村春樹

    上村春樹から見た山下泰裕山下泰裕

    1975年に2度目の全日本優勝を飾った上村であったが、準決勝で当たった同郷・熊本出身の高校生(この時は全日本選手権初出場)に才能を感じ、その後1年間、その選手対策として捨て身の小内刈(いわゆる小内捲込)を練習した。翌1976年の全日本選手権では遠藤に敗れ優勝こそならなかったものの、東海大学1年生となった同郷の後輩である山下泰裕には準決勝で小内捲込により優勢勝ちし、モントリオールオリンピックの代表権を獲得した。上村春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 石井慧

    石井慧から見た山下泰裕山下泰裕

    2004年に講道館杯全日本柔道体重別選手権大会100kg級で優勝した。高校生の優勝は1998年の鈴木桂治、翌99年の高松正裕に次ぐ史上3人目で、翌年には連覇を果たした。2006年、全日本柔道選手権大会に初出場ながら鈴木桂治を破り、19歳4か月の史上最年少で優勝した(それまでの最年少優勝記録は山下泰裕の19歳10か月)。同年アジア競技大会(ドーハ)では100kg級で準優勝。石井慧 フレッシュアイペディアより)

  • 木村政彦

    木村政彦から見た山下泰裕山下泰裕

    1985年出版の著書『わが柔道』の山下泰裕との対談では、物議を醸した1980年の山下と遠藤純男との試合は「明らかに君(山下)の負け」としたうえで、「強いんだから全日本選手権を10連覇しなさい」と述べる。1990年代、テレビ朝日『ニュースステーション』にビデオ出演。斉藤仁らが活躍する柔道界を「今の柔道はブタのやる柔道」と批判した。木村政彦 フレッシュアイペディアより)

  • 1970年代

    1970年代から見た山下泰裕山下泰裕

    全日本柔道選手権大会で山下泰裕が19歳10ヶ月の最年少優勝(当時)を飾る1970年代 フレッシュアイペディアより)

  • 猪熊功

    猪熊功から見た山下泰裕山下泰裕

    東京教育大学(現・筑波大学)に入学後は、1年先輩で、後に日本一を賭けて争う事となる長谷川博之の家に下宿。大学の同期には竹内善徳らがいた。大学4年次の1959年、初めて出場した全日本選手権で優勝し、21歳にして日本一に。学生として、また体重86kgという小躯でのチャンピオンは史上初の快挙であった(後に年齢は山下泰裕が、体重は岡野功が記録を更新)。この大会の論評で宇土虎雄9段は「体力のない者でも技の研究・練習を積めば体力に対抗できる事を証明した」「学生達に希望と自身を持たせた」と評し、「大きな意味のある大会で、猪熊の優勝は実に愉快であった」と締め括っている。猪熊功 フレッシュアイペディアより)

  • 小川直也

    小川直也から見た山下泰裕山下泰裕

    東京都杉並区出身。全日本柔道選手権優勝7回(5連覇、2連覇)は山下泰裕に次ぐ歴代2位。明治大学経営学部卒業。2011年4月より筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程コーチング学専攻に在籍中。元JRA職員。血液型B型。小川直也 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示

「山下泰裕」のニューストピックワード