前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
151件中 1 - 10件表示
  • 斉藤仁

    斉藤仁から見た山下泰裕山下泰裕

    史上最強の柔道家とも言われる3歳年長の山下泰裕の全日本選手権9連覇のうち、斉藤は最後3年間の決勝戦の対戦相手であった。現役時代はライバルと称されたが、ソウルオリンピックでは「先輩行ってきます」「頼んだぞ」という言葉を交わした逸話が残されており、現役時代から信頼関係はあった。また、共に指導者となった後は更に深い信頼を寄せる間柄となっていた。斉藤仁 フレッシュアイペディアより)

  • 上村春樹

    上村春樹から見た山下泰裕山下泰裕

    1975年の全日本選手権では初戦から3回戦まで僅差の判定で辛勝し、準決勝戦では日の出の勢いで勝ち進む同郷・熊本出身の高校生山下泰裕から大内刈で有効を取り優勢勝ちを収めた。2年前と同じ高木長之助との顔合わせとなった決勝戦では、両者ポイント無しながら、習得した横捨身技の浮技で試合を終始優勢に進めた上村の判定勝となり自身2度目の優勝。上村春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原敬生

    藤原敬生から見た山下泰裕山下泰裕

    1977年3月に高校を卒業し明治大学に進学。大学時代は山下泰裕率いる東海大学の黄金時代と丁度重なっていたためにあまり目立った成績はないが、それでも新たに習得した支釣込足を武器に個人戦では1978年2月の全日本新人体重別選手権で重量級準優勝、シニアでも1980年4月の講道館杯3位といった戦績が光る。藤原敬生 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年代の日本

    1980年代の日本から見た山下泰裕山下泰裕

    ロサンゼルスオリンピック開催。柔道の山下泰裕が金メダルを獲得。後に山下に国民栄誉賞が贈られる。1980年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本市立藤園中学校

    熊本市立藤園中学校から見た山下泰裕山下泰裕

    1984年(昭和59年)9月14日 - 卒業生山下泰裕がロサンゼルスオリンピック柔道無差別級優勝の報告に来校。熊本市立藤園中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 柿生青少年柔道会

    柿生青少年柔道会から見た山下泰裕山下泰裕

    2006年(平成18年)8月 - 第55回全国高等学校総合体育大会(通称:インターハイ)堺市金岡公園体育館にて柔道会所属の高木海帆選手が一年生ながら個人100キロ級で優勝。山下泰裕以来、史上2人目となった。柿生青少年柔道会 フレッシュアイペディアより)

  • ジュリー (柔道)

    ジュリー (柔道)から見た山下泰裕山下泰裕

    2000年9月のシドニーオリンピック100kg超級決勝における篠原信一対フランスのダビド・ドゥイエ戦でもまた誤審騒動が発生した。この試合では1分半過ぎに篠原が繰り出した内股すかしを副審の1人が篠原の一本と判断した。しかし、主審であるニュージーランド出身のクレイグ・モナハンがドゥイエの有効と判断すると、もう1名の副審もそれを黙認したために、ドゥイエの方にポイントが付くという「誤審」が起こった(柔道では審判員の判断が分かれた場合は、多数決によりどちらの選手のポイントかが決まる。但し、主審と副審の意見が分かれて、もう一方の副審が何も意見しなかった場合は、主審の判断が優先される)。試合を止めて審判団に意見を述べる権限を有しているはずのジュリー2名は、この時点でこの判断に対して何の反応も示さなかった(なお、審判委員の1人だった川口孝夫は、篠原に有効ポイントが与えられたものだと勘違いしており、ドゥイエに有効が与えられていたことに終盤になってからようやく気付くというありさまだった)。この後、篠原が注意まで取ってポイントで並ぶが、終盤にドゥイエが内股返で有効を取り返したために有効1つの差で篠原が敗れた。終了直後に代表監督の山下泰裕が篠原の内股すかしは篠原の一本であったとして抗議したものの、IJF試合審判規定にある「一度審判員が判定を下して畳から離れたらその判定を変えることはできない」という条項に抵触することもあって、こちらは木本のケースと異なり、結果として抗議が受け入れられることはなかった。当時審判理事であったカナダのジム・コジマは試合会場において、「個人的見解では篠原の一本だと思うが、3人の審判が決めたことだから覆せない。篠原にはかわいそうなことになった」と誤審であるとの認識を示す発言を行った。その一方で、「審判委員(ジュリー)が介入するようなクリアな状況ではなかった」「技の有効度に対する判定は審判個人に委ねられている」とも発言している。ジュリー (柔道) フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤純男

    遠藤純男から見た山下泰裕山下泰裕

    後年は山下泰裕のライバルとして、1980年の全日本選抜柔道体重別選手権大会では奇襲技「蟹挟」(オリンピックなどの国際大会では禁じ手)で山下の腓骨をへし折った。詳細は山下泰裕のリンクを参考。遠藤純男 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年ロサンゼルスオリンピックの日本選手団

    1984年ロサンゼルスオリンピックの日本選手団から見た山下泰裕山下泰裕

    主将:山下泰裕、旗手:室伏重信1984年ロサンゼルスオリンピックの日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 1970年代の日本

    1970年代の日本から見た山下泰裕山下泰裕

    全日本柔道選手権大会で山下泰裕が19歳10ヶ月の最年少優勝(当時)を飾る1970年代の日本 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
151件中 1 - 10件表示

「山下泰裕」のニューストピックワード