151件中 91 - 100件表示
  • 2017年のスポーツ

    2017年のスポーツから見た山下泰裕山下泰裕

    4日 - 【その他】 日本オリンピック委員会(JOC)理事会で、会長の竹田恆和が再任され、また副会長に日本スケート連盟会長の橋本聖子、強化本部長に全日本柔道連盟会長の山下泰裕が新たに就任した。2017年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 山部佳苗

    山部佳苗から見た山下泰裕山下泰裕

    2016年2月のグランドスラム・パリでは初戦で地元フランスのマリーヌ・エルと対戦して大内刈で敗れた。山部は「毎回、ここで変な試合をしてしまったら、もう代表に選ばれなくなってしまうかもしれないと結果を怖がっていました。試合が来るのが怖かったですし、練習で畳に上がるのも怖い時期がありました。そういう気持ちが結果に出てしまいました」と、この時期の精神状態について後に振り返った。4月の選抜体重別では決勝で東海大学2年の朝比奈沙羅を指導2で破って優勝して、オリンピック代表への望みを繋いだ。続く全日本選手権では決勝で田知本と対戦すると、残り50秒のところで左膝を負傷した田知本に対して山部は、「相手がどうなろうと手段を選んではいられない」と田知本の左膝を容赦なく攻め続けて崩れたところを隅落の技ありから横四方固で抑え込んで合技による一本勝ちを収めた。この結果、リオデジャネイロオリンピック代表に選出された。選考にあたって女子代表監督の南條充寿及びコーチ陣は今回の直接対決で山部が一本勝ちしたのは大きかったとして満場一致で山部を代表に推薦した。一方で3名の強化委員から、他の階級は国際大会での実績が代表選出に当たって重要な決め手となったのに、この階級だけは最近の国際大会での実績(去年の世界選手権で田知本は2位、山部は3位、今年のグランドスラムパリで田知本は優勝、山部は初戦敗退)でリードする田知本を選出しないのは2重基準ではないかとの疑問も投げかけられた。それに対して、2014年以降では両者とも国際大会でそれぞれ4度優勝しており差がないと指摘する強化委員もいた。だが、男子の代表選考の場合とは異なり国際大会における具体的な勝率や世界の強豪との対戦成績は今回考慮されておらず、「山部ありきの選考」と批判する強化委員もいた。なお、南條監督は田知本のケガは選考と直接関係ないとしているが、強化委員長の山下泰裕による「重量級の選手が膝をけがすれば時間がかかる。思い切り戦える選手を出すべきではないか」という提言で選考の流れが変わり、強化委員による多数決の採決にまでは至らずに代表が決定されることになったという。山部佳苗 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のスポーツ

    1977年のスポーツから見た山下泰裕山下泰裕

    4月29日 - 山下泰裕、全日本柔道選手権で史上最年少の19歳で優勝、以後9連覇する1977年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • コシノジュンコ MASACA

    コシノジュンコ MASACAから見た山下泰裕山下泰裕

    11・12 山下泰裕(柔道指導者)コシノジュンコ MASACA フレッシュアイペディアより)

  • 正木嘉美

    正木嘉美から見た山下泰裕山下泰裕

    1981年に天理大学へ進学すると、1年の時には学生優勝大会でチームの優勝に貢献して優秀選手に選ばれた(その後、今大会では3年連続して2位にとどまるが、4年連続で優秀選手に選出された。この記録は歴代でも山下泰裕・斎藤制剛・棟田康幸・高井洋平のみが達成している)。2年からは無差別の全日本学生選手権で3年連続の優勝を成し遂げた。これは山下でさえ達成できなかった記録である。正力国際では個人戦決勝でソ連のグリゴリー・ベリチェフを払腰で破って優勝すると、団体戦でも優勝を飾った。3年の時には全日本選手権で3位に入ると、正力杯では優勝した。4年の時には全日本選手権で3位だったが、アジア選手権の無差別では優勝した。ロサンゼルスオリンピックは補欠に選出されたが、現地へ赴くことはなかった。一方で、正力杯では2連覇を果たすと、世界学生の無差別でも優勝を飾った。さらに2年ぶりに出場した正力国際でも個人戦無差別と団体戦の2冠を達成した。正木嘉美 フレッシュアイペディアより)

  • 小川雄勢

    小川雄勢から見た山下泰裕山下泰裕

    修徳高校に進むと、2年の時にはインターハイ団体戦で3位となった。国体少年男子の部でも3位だったが、この際に父は「俺の高2の時よりも強い。まだ未完成だし、これからが楽しみ。やるからには俺以上の選手になってほしい」と語った。高校選手権個人戦では、準決勝で世界カデ90kg超級チャンピオンである白鴎大足利高校1年の太田彪雅を指導2で破ると、決勝では天理高校2年の古田伸悟を指導2で破って優勝を飾った。団体戦の決勝では白鴎大足利高校との対戦になると、大将戦において太田を指導2で破り個人戦との2冠を達成して、大会最優秀選手にも選ばれた。今大会を観戦していた全柔連の山下泰裕副会長も「まだ未完成だけど、お父さんとそっくりなスタイルだなあ」と評した。小川雄勢 フレッシュアイペディアより)

  • 梅垣 義明

    梅垣義明から見た山下泰裕山下泰裕

    1996年からは『はみだし刑事情熱系』では秋本篤志刑事役としてレギュラー出演したが、実弟は東海大学柔道部(山下泰裕と同期)を卒業して岡山県警で実際に刑事をしている。しかし、梅垣の弟が兄のことを他人の面前で話すことはタブーだという。梅垣義明 フレッシュアイペディアより)

  • 神永昭夫

    神永昭夫から見た山下泰裕山下泰裕

    しかし、明治大学でなくとも広く後進の柔道家達を可愛がり、例えば東海大学の山下泰裕にも飛行機の中で初対面にも関わらずいきなりウイスキーを勧めたりするざっくばらんな一面も。神永はウイスキーが好きで、気に入った人物には酒を勧めるのが彼にとって最高のもてなしであった。神永昭夫 フレッシュアイペディアより)

  • 東海大学付属相模高等学校・中等部

    東海大学付属相模高等学校・中等部から見た山下泰裕山下泰裕

    山下泰裕 - 柔道家(ロサンゼルス五輪男子無差別級金メダリスト、世界選手権4度優勝)東海大学付属相模高等学校・中等部 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方亜香里

    緒方亜香里から見た山下泰裕山下泰裕

    2015年2月にはグランプリ・デュッセルドルフに出場する予定だったが、遠征前から鼻炎の症状が見られたために市販の風邪薬を使用していた。デュッセルドルフに着くとホテルで同部屋となった普段から仲の良い70kg級の田知本遥にも同じ症状が見られたために、持参してきた市販薬を勧めると、田知本もそれを服用した。薬はプラスチックの携帯ケースに入れられていたために市販薬とは分からない状態だったものの、「緒方のことだから、問題ないことを確認した上で持っていると安心して飲んだ」という。しかし、その後心配となった田知本が緒方に確認を取ると、緒方がこの薬についてインターネットで調べてみた。すると、この薬にはドーピング規定に違反する物質メチルエフェドリンが含まれていることが判り、コーチ陣に報告した。かくして、ドーピング違反を避けるために大会への出場を見合わせることになった。その後、両者は試合を見学することなく強制送還された。市販薬を使わないのはアスリートの常識とされており、本来ならチームドクターが管理する風邪薬を服用しなければならないところだった。各選手には全柔連から事前に服用可能な薬一式を渡されていたにもかかわらず、両選手ともそちらの使用を怠った。全柔連では体重超過などにより大会への出場が果たせなかった選手に対して強化指定選手から除外する措置を講じてきたため、今回のケースでもその処分が適用される可能性があるという。全日本女子代表監督の南條充寿は「強化選手としての義務を怠った」「公費(を含む強化費)で派遣されている以上、ペナルティーが与えられてしかるべきだ」として、両選手に対する強化指定選手の除外を1年以上科す可能性を示唆した。しかしながら、3月の強化委員会で両者に対して実質的には“おとがめなし”となる警告、監督の南條及び代表コーチ5名と両者の所属先の監督2名には注意処分を科すにとどめることとなった。今回のケースは実際にドーピング違反をしたわけではなく、自己申告により出場を取りやめた「法令・規定違反行為」にあたるとして警告扱いとした。「2人の処分は軽い」との意見も出されたが、最終的には強化委員39名のうち38名がこのレベルの処分を妥当だと見なした。なお、海外遠征の際に男子選手には「現在使用している薬をすべて申告」させているが、女子選手には「違反する薬を持っているなら提出」するだけの状況だった。強化副委員長の増地千代里は「故意か過失かという議論になった。体重超過は故意。今回は過失という見解」だと述べた。全柔連副会長の山下泰裕も「計量失敗は自己管理不足。今回は知識不足の過失。我々の中では全然重さが違う」と柔道界の論理を振りかざして今回の処分の妥当性を主張した。日本アンチ・ドーピング機構(JADA)によれば、風邪薬の誤用によるドーピング違反は他の競技にも少なからずあり、多くは3カ月間の出場停止で済んでいるという事実を全柔連が確認したことも今回の処分に影響を与えたという。なお、田知本の大学時代の指導者でもあった山下が、実質上“おとがめなし”とも言える今回の決定に何らかの影響力を及ぼしたのではないかと見る向きもある。さらには、田知本の所属会社が全柔連絡みの大会の協賛ともなっている関係から、財政的側面を考慮したのではないかと指摘する声もある。また、とある強化委員は今大会がグランプリ大会だったからこそ“温情裁定”となったものの、これがオリンピックや世界選手権だったら警告では済まされなかったとの見解を示した。緒方亜香里 フレッシュアイペディアより)

151件中 91 - 100件表示

「山下泰裕」のニューストピックワード

  • 世界選手権を大成功させる会

  • 澄和(とわ)Futuristの表彰式が26日、東京都内であった。

  • 東京2020強化ミーティング