151件中 11 - 20件表示
  • 柔道

    柔道から見た山下泰裕山下泰裕

    東海大学・日本体育大学・国士舘大学・天理大学等をオピニオンリーダーとする全日本学生柔道連盟(学柔連)と講道館(東京教育大学(現筑波大学)等)の対立は政界をも巻き込み、1983年あたりから長く続いた。学士インテリ対町道場主&骨接ぎとも揶揄された。発端は正力杯国際柔道大会の運営に関する学柔連と全柔連のボタンの掛け違いといわれている。学柔連が全柔連を脱退するという事態から組織の分裂に問題が発展した。国際柔道連盟は当時松前重義東海大学総長が会長をつとめており、さらに学柔連側には山下泰裕ら主力選手が多くいた背景もあったので、全柔連も対応に苦しんだ。完全統一がなったのはニュージャパン柔道協会が講道館大阪支部となった1995年のときといわれている。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 猪熊功

    猪熊功から見た山下泰裕山下泰裕

    東京教育大学(現・筑波大学)に入学後は、1年先輩で、後に日本一を賭けて争う事となる長谷川博之の家に下宿。大学の同期には竹内善徳らがいた。大学4年次の1959年、初めて出場した全日本選手権で優勝し、21歳にして日本一に。学生として、また体重86kgという小躯でのチャンピオンは史上初であった(後に年齢は山下泰裕が、体重は岡野功が記録を更新)。この大会の論評で宇土虎雄9段は「体力のない者でも技の研究・練習を積めば体力に対抗できる事を証明した」「学生達に希望と自信を持たせた」と評し、「大きな意味のある大会で、猪熊の優勝は実に愉快であった」と締め括っている。猪熊功 フレッシュアイペディアより)

  • 木村政彦

    木村政彦から見た山下泰裕山下泰裕

    1985年出版の著書『わが柔道』の山下泰裕との対談では、物議を醸した1980年の山下と遠藤純男との試合は「明らかに君(山下)の負け」としたうえで、「強いんだから全日本選手権を10連覇しなさい」と述べる。木村政彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小川直也

    小川直也から見た山下泰裕山下泰裕

    東京都杉並区出身。全日本柔道選手権優勝7回(5連覇、2連覇)は山下泰裕に次ぐ歴代2位。明治大学経営学部卒業。筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程コーチング学専攻修了。元JRA職員。血液型B型。長男の小川雄勢も柔道選手で、2014年の高校選手権無差別で優勝。小川直也 フレッシュアイペディアより)

  • 篠原信一

    篠原信一から見た山下泰裕山下泰裕

    1999年の選抜体重別では決勝で明治大学1年の棟田康幸を効果で破って優勝した。天覧試合となった全日本選手権では、大会史上最年少の18歳で決勝まで勝ち上がってきた棟田を大外刈の技ありで破って2連覇を飾った。世界選手権の100kg超級では決勝でペルテルソンと対戦すると、警告でリードされるも終盤に大外刈を決めて優勝した。無差別の決勝ではトルコのセリム・タタログルを内股で破った。今大会では総計11試合のうち10試合で一本勝ちする圧倒的強さで、山下泰裕、小川、ドゥイエに次ぐ史上4人目の世界選手権での2階級制覇を達成することになった。篠原信一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井慧

    石井慧から見た山下泰裕山下泰裕

    2004年に講道館杯全日本柔道体重別選手権大会100kg級で優勝した。高校生の優勝は1998年の鈴木桂治、翌99年の高松正裕に次ぐ史上3人目で、翌年には連覇を果たした。2006年、全日本柔道選手権大会に初出場ながら鈴木桂治を破り、19歳4か月の史上最年少で優勝した(それまでの最年少優勝記録は山下泰裕の19歳10か月)。同年アジア競技大会(ドーハ)では100kg級で準優勝。石井慧 フレッシュアイペディアより)

  • JUDOしてっ!

    JUDOしてっ!から見た山下泰裕山下泰裕

    佐久兄弟の兄。人形中学柔道部主将。中学柔道選手権の個人戦で優勝し、下福部に「山下泰裕以来の超大物」と言わせている。中学生でありながら、全日本の強化選手にも選ばれていて、牛を相手に稽古をしている。過去に怪我を負わせた南を相手にせず、日高をライバル視している。黄鶏中学戦では大将をつとめる。JUDOしてっ! フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤制剛

    斎藤制剛から見た山下泰裕山下泰裕

    北海高等学校柔道部監督の父・文雄の影響により柔道をはじめ、小学生の頃より北海道で活躍。小学校、中学校、高校までは北海道代表として全国大会で活躍し、高校3年次には得意の内股や寝業を武器にインターハイの中量級で優勝。北海高等学校卒業後は国士舘大学に進学し、86kg以下級や90kg以下級で成績を残した。団体戦でも活躍し、国士舘大学が悲願の全国制覇を果たした際には主将としてチームを牽引。また学生柔道優勝大会において4年連続で優秀選手に選出されており、この偉業は山下泰裕、正木嘉美に次いで3人目であった(後に棟田康幸、高井洋平が続いた)。斎藤制剛 フレッシュアイペディアより)

  • 塚田真希

    塚田真希から見た山下泰裕山下泰裕

    2010年は1月に水原で開催されたランキング上位16選手によって争われるワールドマスターズに出場するものの、準々決勝で地元韓国の金ナ永に指導3で敗れて5位に終わった。4月の体重別決勝では1?2の微妙な判定ながら昨年に続いて杉本に敗れることになったが、続く全日本選手権決勝では杉本を大外刈で破り大会9連覇を達成し世界選手権代表に選出された。また、今回の優勝で男子の全日本選手権で1977年から1985年まで同じく9連覇を達成した東海大学の先輩である山下泰裕の記録に並ぶこととなった。7月のグランドスラム・モスクワ決勝では後輩である東海大学の田知本愛を指導3で破り今大会2連覇を飾った。9月に東京で開催された世界選手権では78kg超級準決勝で中国の秦茜に指導3で敗れて3位に終わると、当初出場予定だった無差別には出場しなかった。その後、強化選手の辞退届を全柔連に提出して受理されると。12月には引退会見を開いて、正式に現役引退を表明することになった。塚田真希 フレッシュアイペディアより)

  • 関勝治

    関勝治から見た山下泰裕山下泰裕

    女子柔道強化選手による暴力告発問題?や助成金の不正受給・流用疑惑に揺れる全柔連会長の上村春樹に関しては、「旭化成ホームプロダクツの副社長まで務めた一般企業においても認められた人物なので、原点に戻って会長を続けて欲しい」、また、次期会長候補である東海大学副学長の山下泰裕の会長就任は「時期尚早」とのコメントを発した。関勝治 フレッシュアイペディアより)

151件中 11 - 20件表示

「山下泰裕」のニューストピックワード

  • 世界選手権を大成功させる会

  • 澄和(とわ)Futuristの表彰式が26日、東京都内であった。

  • 東京2020強化ミーティング