151件中 21 - 30件表示
  • ギービ・オナシビリ

    ギービ・オナシビリから見た山下泰裕山下泰裕

    1969年の世界選手権では3位となった。1972年のミュンヘンオリンピックでは3回戦で西村昌樹を判定で破るものの、準決勝で西ドイツのクラウス・グラーンに袈裟固で敗れたが銅メダルを獲得した。その後、ヨーロッパ選手権では2度優勝を果たした。1976年にはフランス国際決勝で当時東海大相模高校3年だった山下泰裕と対戦することになったが、棄権負けして対戦せずに終わった。ギービ・オナシビリ フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・ノヴィコフ (柔道家)

    セルゲイ・ノヴィコフ (柔道家)から見た山下泰裕山下泰裕

    柔道の重量級の歴史において特筆すべき実力、実績を有している選手の一人であるにもかかわらず、あまり言及されることのない選手である。ミュンヘンオリンピックで優勝したウィレム・ルスカの後継チャンピオン候補選手としてヨーロッパで注目されはじめ、オリンピック後事実上現役引退したルスカに代わりヨーロッパで第一人者となる。1975年の世界選手権では日本の遠藤純男に注意ポイントを取られて2位に終わるものの、翌年のモントリオールオリンピックでは初戦でその遠藤に優勢勝ちした勢いで優勝を果たす。長身(192cm 120kg)からの素早い仕掛けによる大外刈が得意技。また返し技も強烈であった。なおノヴィコフの選手生活晩年に対戦することのあった全盛期の山下泰裕はノヴィコフに2度勝っているものの、判定及び注意による優勢勝ちにとどまった。セルゲイ・ノヴィコフ (柔道家) フレッシュアイペディアより)

  • 石橋省三

    石橋省三から見た山下泰裕山下泰裕

    山下泰裕「涙の金メダル」 1984年8月ロサンゼルスオリンピック (1984年)柔道男子無差別級の全試合・表彰式を実況石橋省三 フレッシュアイペディアより)

  • ギャヴァーレ

    ギャヴァーレから見た山下泰裕山下泰裕

    当時の全日本監督だった山下泰裕はこの技に関して、「変則技の多い欧州でも初めてみる技だ」と驚きを隠せずに語った。当のサリハニはこの技に関して「技が掛かったら逃げられない。投げられた形からギャヴァーレ(ハンモック)と言うんだ。日本や韓国の選手には掛かり易いね」とコメントしている。さらに、サリハニのコーチであるアミニによると、この技はイランでは2000年以上の伝統があるレスリングの技だという。ギャヴァーレ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィリー・ヴィルヘルム

    ヴィリー・ヴィルヘルムから見た山下泰裕山下泰裕

    1981年のヨーロッパ選手権無差別で3位になった。1983年の世界選手権では決勝まで進むものの、山下泰裕に横四方固で敗れたが銀メダルを獲得した。1984年のヨーロッパ選手権では3位だったが、ロサンゼルスオリンピックでは初戦で敗れた。1985年の世界選手権無差別では3位になった。1986年のヨーロッパ選手権では優勝を果たした。ヴィリー・ヴィルヘルム フレッシュアイペディアより)

  • 月刊秘伝

    月刊秘伝から見た山下泰裕山下泰裕

    発行元のBABジャパンから販売される武道書籍・DVDソフトの宣伝を兼ねた記事を組むことが多いのが本誌の特徴で、例えば、書籍では富木謙治の直弟子佐藤忠之の『富木謙治の合気道』、澤井健一の直弟子天野敏の『組手再入門』、他には『実戦内家拳ファイル』『日本伝大東流合気柔術』『弓の道、正法流入門』などを出版し、DVDでは『塩田剛三の実戦』『毛利元貞のパーソナルディフェンスシステム』『必勝の心技 史上最強の柔道家山下泰裕』『沖縄剛柔流』『天真正傳香取神道流』など、本誌で採り上げたラインナップを多くリリースしている。月刊秘伝 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=リュック・ルージェ

    ジャン=リュック・ルージェから見た山下泰裕山下泰裕

    ベルナール・チュルーヤンによると彼は山下泰裕と3回対戦し、一度も勝てなかったが山下の128kgに対して103kgと体重差があり、山下との対戦でも震えなかった彼には勝機があったと評価している。ジャン=リュック・ルージェ フレッシュアイペディアより)

  • 中西英敏

    中西英敏から見た山下泰裕山下泰裕

    福岡県糟屋郡宇美町出身。東海大第五高校から東海大学に進学した。さらに東海大学大学院に進学すると、1年先輩の山下泰裕と一緒の家に住んでトレーニングを積んだ。1982年に体重別で優勝を飾ると、翌年は連覇して世界選手権代表に選ばれた。モスクワで開催された世界選手権では、3年前のソ連国際決勝でソ連のタマズ・ナムガラウリに帯取返で敗れた時の写真がポスターに使われていたのを見て余計に闘志が湧いて来たという。3回戦ではそのナムガラウリと対戦して、相手の得意技を封じて小内刈で技ありを取って雪辱すると、決勝ではモスクワオリンピックで優勝したイタリアのエツィオ・ガンバを崩上四方固で破って優勝を果たした。しかし、翌年のロサンゼルスオリンピックでは初戦で韓国の安柄根と対戦した際に、肋軟骨を負傷したのが影響してか注意を取られて敗れるなどして5位に終わった。1985年の講道館杯では、当時世田谷学園高校3年になったばかりの古賀稔彦に敗れて3位だった。中西英敏 フレッシュアイペディアより)

  • ラドミール・コバセビッチ

    ラドミール・コバセビッチから見た山下泰裕山下泰裕

    1971年にそれまで取り組んでいたレスリングから柔道に転向した。1976年にはモントリオールオリンピックに出場して、重量級で7位となった。その後、東海大学に柔道留学すると、山下泰裕らとともに優勝大会で東海大学の優勝に貢献した。1979年には世界選手権の無差別で3位に入った。1980年のモスクワオリンピックでは95kg超級で銅メダルを獲得した。1984年のロサンゼルスオリンピックでは5位に終わった。ラドミール・コバセビッチ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・カルロス・バルコス

    フアン・カルロス・バルコスから見た山下泰裕山下泰裕

    なお、地元で運営していたスポーツクラブを他人に賃貸して、直接経営には関わらなくなったことで煩雑さから解放されて、IJFの要職に就く身分として年に150日以上世界各地を飛び回り、思う存分柔道界の仕事に専念できるようになったという。2003年から2007年までIJFの教育コーチング理事を務めていた山下泰裕は、IJFで仕事をするにあたってバルコスが一番信頼できる存在であったと述べている。フアン・カルロス・バルコス フレッシュアイペディアより)

151件中 21 - 30件表示

「山下泰裕」のニューストピックワード

  • 世界選手権を大成功させる会

  • 澄和(とわ)Futuristの表彰式が26日、東京都内であった。

  • 東京2020強化ミーティング