99件中 21 - 30件表示
  • モスクワオリンピック日本選手団

    モスクワオリンピック日本選手団から見た山下泰裕山下泰裕

    山下泰裕(東海大大学院)モスクワオリンピック日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 手島悠介

    手島悠介から見た山下泰裕山下泰裕

    東宝映画化。柔道家山下泰裕の、きかん気だった少年時代から、ロサンゼルスオリンピックで金メダルを獲得するまでの努力を描いている。手島悠介 フレッシュアイペディアより)

  • 岩釣兼生

    岩釣兼生から見た山下泰裕山下泰裕

    現役引退後は母校の拓殖大学でコーチや監督を歴任。1988年のソウルオリンピックではその指導力を買われ、エジプト代表チームの監督を務める。ロサンゼルスオリンピック決勝で山下泰裕と戦ったモハメド・ラシュワン(エジプト)は岩釣の愛弟子にあたる。その後、講道館での指導員を経て、坂口征二の主宰する坂口道場にて後進の指導に当たっていた。岩釣兼生 フレッシュアイペディアより)

  • ギービ・オナシビリ

    ギービ・オナシビリから見た山下泰裕山下泰裕

    1969年の世界選手権では3位となった。1972年のミュンヘンオリンピックでは3回戦で西村昌樹を判定で破るものの、準決勝で西ドイツのクラウス・グラーンに袈裟固で敗れたが銅メダルを獲得した。その後、ヨーロッパ選手権では2度優勝を果たした。1976年にはフランス国際決勝で当時東海大相模高校3年だった山下泰裕と対戦することになったが、棄権負けして対戦せずに終わった。ギービ・オナシビリ フレッシュアイペディアより)

  • マリウス・ビゼール

    マリウス・ビゼールから見た山下泰裕山下泰裕

    2007年9月、同総会にて会長に就任(前会長の残任期間2年+4年)。さらに教育・コーチング理事選挙では再選を目指した日本の山下泰裕に対してアルジェリアのモハメド・メリジャを推す。123対61でメリジャが当選。選挙後、日本の上村春樹を指命理事に決定(ただし議決権無し)。マリウス・ビゼール フレッシュアイペディアより)

  • 趙容徹

    趙容徹から見た山下泰裕山下泰裕

    1981年の世界選手権95kg超級準決勝では、山下泰裕に開始早々内股で一本負けを喫して、その後の3位決定戦でも敗れ5位に終わった。1984年のロサンゼルスオリンピックでは3位となった。1985年に地元のソウルで開催された世界選手権では、決勝で斉藤仁相手に開始すぐ立った姿勢から腕挫腋固を仕掛けて一挙に体を捨てると、斉藤は釣り手である左腕の肘を脱臼して試合続行不可能となり、棄権勝ちで優勝を遂げた。この試合に対して日本選手団は、趙が施した立ち姿勢から体を捨てる腕挫腋固はIJF試合審判規定28条で示されているように警告に該当するのではないかとIJFに質問状を提出したが、徒労に終わった。1986年にソウルで開催されたアジア大会では、斉藤が出場した95kg超級にはエントリーせず無差別に出場したが、決勝で正木嘉美に指導を取られて敗れた。1988年のソウルオリンピック準決勝では斉藤との因縁の再戦となったが、残り20秒になって防御姿勢で指導を取られてリードされると、今度は不用意に場外に出て注意を与えられ、それ以降は戦意喪失して戦いを止めた。その後の3位決定戦には勝ち、銅メダルを獲得した。趙容徹 フレッシュアイペディアより)

  • 神永昭夫

    神永昭夫から見た山下泰裕山下泰裕

    しかし、明治大学でなくとも広く後輩を可愛がり、例えば東海大学の山下泰裕にも飛行機の中で初対面にも関わらずいきなりウイスキーを勧めたりするざっくばらんな一面もある。神永はウイスキーが好きで、気に入った人物には酒を勧めるのが彼にとって最高のもてなしであった。神永昭夫 フレッシュアイペディアより)

  • 大迫明伸

    大迫明伸から見た山下泰裕山下泰裕

    1985年には体重無差別の全日本選手権に初出場を果たすと、緒戦で中国地区代表の板本健三を破り、続く2回戦で当時199連勝中の山下泰裕と対戦。試合は敗れたものの、試合中に山下を背負落で宙に浮かせ、会場を沸かせた。大迫明伸 フレッシュアイペディアより)

  • 岡野功

    岡野功から見た山下泰裕山下泰裕

    右の釣り込み腰から次第に背負投、左の袖釣り込み腰から次第に一本背負投に進化させ左右の担ぎ技を得意技とした。 大きな相手には、小内刈りなどの足技や相手の足を取る掬い投げなどを武器に体重差を克服した。また奥田義郎やロシアの選手に寝技で敗れた経験から、寝技も鍛錬し、立って良し、寝て良しと当時の柔道界で評価された。中央大学卒業後は、天理大学助手となり当時は交流の少ない関西独特の柔道を修行し、その後日本武道館へ移籍して東京へ戻った。特定の学閥に属さない姿勢は、一線級の選手達には評価され、正気塾には派閥や国籍に関係なく塾生が集まった。ただし、その姿勢は日本柔道界からは異端児と見られることも多く、実績と功績から観れば日本の柔道界では不遇な扱いをされている(例えば、同じく柔道三冠で遥か後輩の上村春樹九段や山下泰裕八段などに対して、柔道六段から昇段が止まっている)。岡野功 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤制剛

    斎藤制剛から見た山下泰裕山下泰裕

    北海高等学校柔道部監督の父・文雄の影響により柔道をはじめ、小学生の頃より北海道で活躍。小学校、中学校、高校までは北海道代表として全国大会で活躍し、高校3年次には得意の内股や寝業を武器にインターハイの中量級で優勝。北海高等学校卒業後は国士舘大学に進学し、86kg以下級や90kg以下級で成績を残した。団体戦でも活躍し、国士舘大学が悲願の全国制覇を果たした際には主将としてチームを牽引。また学生柔道優勝大会において4年連続で優秀選手に選出されており、この偉業は山下泰裕、正木嘉美に次いで3人目であった(後に棟田康幸、高井洋平が続いた)。斎藤制剛 フレッシュアイペディアより)

99件中 21 - 30件表示

「山下泰裕」のニューストピックワード