99件中 31 - 40件表示
  • 高木長之助

    高木長之助から見た山下泰裕山下泰裕

    29歳で迎えた1978年の全日本選手権では、3度目の決勝進出なるも、東海大学学生の山下泰裕の大外刈で一本負け。この時に引退を決意した。高木長之助 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原敬生

    藤原敬生から見た山下泰裕山下泰裕

    選手生活が山下泰裕の黄金時代とちょうど重なっていた為に大学時代にはあまり目立った成績はないが、社会人になってからは国際大会や全日本選手権、実業団大会等で目覚しく活躍した。9年間の全日本強化選手を通じて全日本選手権出場6回のキャリアを持つ。藤原敬生 フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・ノビコフ

    セルゲイ・ノビコフから見た山下泰裕山下泰裕

    柔道の重量級の歴史において特筆すべき実力、実績を有している選手の一人であるにもかかわらず、あまり言及されることのない選手である。ミュンヘンオリンピックで優勝したウィレム・ルスカの後継チャンピオン候補選手としてヨーロッパで注目されはじめ、オリンピック後事実上現役引退したルスカに代わりヨーロッパで第一人者となる。1975年の世界選手権では日本の遠藤純男に注意ポイントを取られて2位に終わるものの、翌年のモントリオールオリンピックでは初戦でその遠藤に優勢勝ちした勢いで優勝を果たす。長身(192cm 120kg)からの素早い仕掛けによる大外刈が得意技。また返し技も強烈であった。なおノビコフの選手生活晩年に対戦することのあった全盛期の山下泰裕はノビコフに2度勝っているものの、判定及び注意による優勢勝ちにとどまった。セルゲイ・ノビコフ フレッシュアイペディアより)

  • 高木海帆

    高木海帆から見た山下泰裕山下泰裕

    地元の柿生青少年柔道会で7歳より柔道を始め小学校5年、6年と柔道会の年間最優秀選手に選ばれる。東海大学付属相模中学校入学後、稽古に精進され東海大相模高校に進学の1年の時、インターハイの個人戦で、山下泰裕以来、実に33年ぶり2度目の1年生優勝を果たす。2年の時はベスト8止まりだったものの、3年の時に再び優勝する。また、3年の時には、東海大相模高校が団体戦で高校柔道3冠(全国高校選手権、金鷲旗、インターハイ)を達成する際の立役者ともなる。高木海帆 フレッシュアイペディアより)

  • 松井勲

    松井勲から見た山下泰裕山下泰裕

    福井県生まれ。岐阜県立関高校時代インターハイ個人重量級で山下泰裕を破って優勝。山下の3連覇を阻んだ。山下(東海大学付属相模高等学校→東海大学)・吉岡剛(福岡県立嘉穂高等学校→中央大学)と並び称され将来を大いに嘱望され、高校3年次と大学1年次には全日本ジュニア体重別選手権でそれぞれ2位と3位にも入っている。筑波大学卒業後は同大学の職員に。1979年から3年連続して全日本柔道選手権決勝では3位と、山下の前に涙を飲んだ。185cmと山下に対して長身であったが後年はライバルには成り得なかった。全日本柔道選手権では準優勝が1回・3位が実に5回有るが遂に優勝には届かなかった、悲運の選手。全日本柔道選手権最年少出場記録保持者でもある。松井勲 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤宣践

    佐藤宣践から見た山下泰裕山下泰裕

    引退後は全柔連やIJFで理事を歴任し柔道の教育に尽力する傍ら東海大学の教員を勤め、山下泰裕,柏崎克彦,井上康生など10名以上の世界チャンピオンを輩出している。2007年にはアジア柔道連盟会長選に立候補するも、投票でクウェートのオベイド・アル・アンジ(Obaid Al-Amzi)に敗れ落選。佐藤宣践 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=リュック・ルージェ

    ジャン=リュック・ルージェから見た山下泰裕山下泰裕

    ベルナール・チュルーヤンによると彼は山下泰裕と3回対戦し、一度も勝てなかったが山下の128kgに対して103kgと体重差があり、山下との対戦でも震えなかった彼には勝機があったと評価している。ジャン=リュック・ルージェ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・ラシュワン

    モハメド・ラシュワンから見た山下泰裕山下泰裕

    1956年1月16日- )はエジプトの柔道家。1984年に行われたロサンゼルスオリンピックの男子無差別級決勝で山下泰裕と対戦し銀メダルを獲得した。モハメド・ラシュワン フレッシュアイペディアより)

  • 柿生青少年柔道会

    柿生青少年柔道会から見た山下泰裕山下泰裕

    2006年(平成18年)8月 - 第55回全国高等学校総合体育大会(通称:インターハイ)堺市金岡公園体育館にて当会所属の高木海帆選手が一年生ながら個人100キロ級で優勝。山下泰裕氏以来、当時史上二人目、実に33年ぶりの快挙であった。持ち前の体力と得意の寝技を十分発揮し、全試合優勢に進めわずか15歳で高校柔道の頂点に立った。柿生青少年柔道会 フレッシュアイペディアより)

  • 東海大学付属相模高等学校・中等部

    東海大学付属相模高等学校・中等部から見た山下泰裕山下泰裕

    山下泰裕・井上康生をはじめ多くの柔道家を輩出している柔道部は2010年まで約三年間公式戦無敗記録。2009年現在時点でインターハイ優勝9回、金鷲旗全国高等学校柔道大会優勝6回、全国高等学校柔道選手権大会優勝6回。東海大学付属相模高等学校・中等部 フレッシュアイペディアより)

99件中 31 - 40件表示

「山下泰裕」のニューストピックワード