151件中 31 - 40件表示
  • ヘンリー・ストール

    ヘンリー・ストールから見た山下泰裕山下泰裕

    1990年に東西ドイツが統一されるまで東ドイツ代表として活躍していた。1983年の世界選手権では準決勝で山下泰裕に指導で敗れたが3位となった。1984年のロサンゼルスオリンピックは東ドイツがボイコットしたために出場できなかったが、その実質的な対抗大会としてワルシャワで開催されたフレンドシップ・ゲームズには出場するものの3位だった。1987年の正力国際では決勝で小川直也から払腰で技ありを取って優勝したが、世界選手権では3位だった。1988年のソウルオリンピックでは準決勝でソ連のグリゴリー・ベリチェフを判定で破るが、決勝で斉藤仁に警告で敗れて2位に終わった。1992年のバルセロナオリンピックでは2回戦でフランスのダビド・ドゥイエに反則負けを喫した。1993年の世界選手権無差別では、決勝でポーランドのラファウ・クバツキに双手刈で一本負けして2位に終わった。ヘンリー・ストール フレッシュアイペディアより)

  • ヴォイチェフ・レシェコ

    ヴォイチェフ・レシェコから見た山下泰裕山下泰裕

    1974年の世界ジュニア重量級では5位だったが、翌年のヨーロッパジュニアでは3位になった。1976年の世界ジュニアでは3位に入った。1978年の世界学生95kg超級では3位、無差別では2位だった。1980年のモスクワオリンピックでは7位になった。世界学生では95kg超級で3位、無差別では優勝した。1981年のヨーロッパ選手権無差別では優勝を飾った。世界選手権の95kg超級では7位だった。無差別では決勝まで進むものの、山下泰裕に送襟絞で敗れたが銀メダルを獲得した。1983年の世界選手権では7位だった。1984年のロサンゼルスオリンピックはポーランドがボイコットしたために出場できなかったが、その実質的な対抗大会として地元のワルシャワで開催されたフレンドシップ・ゲームズでは無差別で3位になった。ヴォイチェフ・レシェコ フレッシュアイペディアより)

  • ビタリー・ペスニャック

    ビタリー・ペスニャックから見た山下泰裕山下泰裕

    なお、1987年に雑誌の近代柔道におけるインタビューで山下泰裕は、この当時の外国選手は組んだり離れたりの繰り返しばかりで、いかに相手にいいところを持たせないかという点に全力を使っているが、なかには手首をうまく使った妙技を展開できる本当に強い外国選手もいるとして、オリンピックチャンピオンであるオーストリアのペーター・ザイゼンバッハーとともに このペスニャックの名前を挙げている。ビタリー・ペスニャック フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡剛

    吉岡剛から見た山下泰裕山下泰裕

    嘉穂高校2年の時に金鷲旗の準決勝で九州学院高校と対戦すると、超高校級と話題の1年生である山下泰裕を判定ながら破るも、決勝では鹿児島実業高校に敗れて2位だった。インターハイの団体戦では優勝した。新人体重別の重量級でも優勝を飾った。3年の時にはインターハイの団体戦で2連覇を飾ると、個人戦決勝ではこの年の全日本選手権に高校生ながら出場を果たして話題となった関高校3年の松井勲を破って、団体戦との2冠を達成した。なお、この時期は山下、松井とともに「高校3羽ガラス」とも称されていた。新人体重別でも決勝で松井を破って2連覇を成し遂げた。さらに、初開催となった世界ジュニアでは重量級で優勝を飾り初代チャンピオンとなった。吉岡剛 フレッシュアイペディアより)

  • アテネオリンピック (2004年) における柔道競技

    アテネオリンピック (2004年) における柔道競技から見た山下泰裕山下泰裕

    韓国の女子選手が不甲斐ない負け方をしたという理由で控え室においてコーチに殴られるという暴力事件が発生した。それを見て非常にショックを受けたカナダの選手がその一件をカナダのマスコミに伝えると、IOCのジャック・ロゲ会長に知られるところとなり、IJFに事実確認が要請されることになった。IJFの教育コーチング理事である山下泰裕がそのコーチに事の真偽を確かめると、女子選手を殴った事実を認めた。これを受けて、韓国側はこのコーチを選手村から追放して本国へ送還させる処置を取った。さらに、この件で柔道界に多大な迷惑を掛けたことを山下に詫びることにもなった。アテネオリンピック (2004年) における柔道競技 フレッシュアイペディアより)

  • 趙容徹

    趙容徹から見た山下泰裕山下泰裕

    1981年の世界選手権95kg超級準決勝では、山下泰裕に開始早々内股で一本負けを喫して、その後の3位決定戦でも敗れ5位に終わった。1984年のロサンゼルスオリンピックでは3位となった。1985年に地元のソウルで開催された世界選手権では、決勝で斉藤仁を相手に開始すぐ立った姿勢から腕挫腋固を仕掛けて一挙に体を捨てると、斉藤は釣り手である左腕の肘を脱臼して試合続行不可能となり、棄権勝ちで優勝を遂げた。この試合に対して日本選手団は、趙が施した立ち姿勢から体を捨てる腕挫腋固はIJF試合審判規定28条で示されているように警告に該当する反則技なのではないかとIJFに質問状を提出したが、結果として徒労に終わった。1986年にソウルで開催されたアジア大会では、斉藤が出場した95kg超級にはエントリーせず無差別に出場したが、決勝で正木嘉美に指導を取られて敗れた。迎えた1988年のソウルオリンピックの準決勝では斉藤との因縁の再戦となったが、残り20秒になって防御姿勢で指導を取られてリードされると、今度は不用意に場外に出て注意を与えられ、それ以降は戦意喪失して戦いを止めた。その後の3位決定戦には勝ち、銅メダルを獲得している。趙容徹 フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・ラシュワン

    モハメド・ラシュワンから見た山下泰裕山下泰裕

    1984年に行われたロサンゼルスオリンピックの男子無差別級決勝で山下泰裕と対戦し銀メダルを獲得した。モハメド・ラシュワン フレッシュアイペディアより)

  • グリゴリー・ベリチェフ

    グリゴリー・ベリチェフから見た山下泰裕山下泰裕

    1981年の世界選手権95kg超級では決勝で山下泰裕に横四方固で敗れたが2位となった。1984年のロサンゼルスオリンピックはソ連がボイコットしたために出場できなかったが、その実質的な対抗大会としてワルシャワで開催されたフレンドシップ・ゲームズでは優勝を飾った。1985年の世界選手権では、準決勝で斉藤仁に内股で一本負けして3位となった。1986年の正力国際では2階級制覇を達成した。この当時は外国勢として最強の選手とみなされていたが、1987年の正力国際では準決勝で明治大学1年の小川直也に払腰で敗れて3位に終わった。しかし、世界選手権では初戦で正木嘉美を隅返の有効で破ると、決勝ではエジプトのモハメド・ラシュワンを判定で破って、30歳にして世界チャンピオンとなった。1988年のソウルオリンピックでは準決勝で東ドイツのヘンリー・ストールに判定で敗れて3位に終わった。1989年の世界選手権では3位だった。その後引退すると、ソ連のプロ格闘家の組織であるDILA所属となり、大仁田厚率いるFMWにも参加することで話題になった。グリゴリー・ベリチェフ フレッシュアイペディアより)

  • 1957年のスポーツ

    1957年のスポーツから見た山下泰裕山下泰裕

    6月1日 - 山下泰裕(熊本県、柔道)1957年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 高田裕司 (レスリング選手)

    高田裕司 (レスリング選手)から見た山下泰裕山下泰裕

    連覇確実と言われていたモスクワオリンピックが西側諸国のボイコットで不参加となり、山下泰裕らと無念の心情を涙で訴えるシーンがテレビで放映され、多くの者の共感を呼んだ。ボイコット後、一旦レスリングを引退、日本体育大学研究員の職を辞し、群馬県の高校教諭となる。高田裕司 (レスリング選手) フレッシュアイペディアより)

151件中 31 - 40件表示

「山下泰裕」のニューストピックワード

  • 世界選手権を大成功させる会

  • 澄和(とわ)Futuristの表彰式が26日、東京都内であった。

  • 東京2020強化ミーティング