151件中 41 - 50件表示
  • 正木照夫

    正木照夫から見た山下泰裕山下泰裕

    県立和歌山北高校にて社会科教諭となった正木はプライベートで同校の教え子と結婚して活動の拠点を和歌山に置き、和歌山県代表として出場した国体では1976年に成年男子の部で優勝したほか、教員男子の部でも73・74年に準優勝、75・77年に優勝している。また全日本選手権でも近畿代表として1971年の初出場以来計8回の出場を果たし、77年には自信最高のベスト8進出のほか、32歳で迎えた79年大会では大会最年長出場者として選手宣誓をし、初戦で大会3連覇を狙う山下泰裕と接戦を繰り広げた。また指導者としても、1979年に和歌山北高校をインターハイで準優勝に導いた実績などが特筆される。正木照夫 フレッシュアイペディアより)

  • 棟田康幸

    棟田康幸から見た山下泰裕山下泰裕

    世田谷学園卒業後は明治大学に進学。大学時代は講道館杯を制し(1999年、2001年)、全日本柔道選手権大会や世界柔道選手権大会など世界トップレベルの大会へ多数出場し続け、また4年連続で全日本学生柔道優勝大会の優秀選手に選出されている(4回選出は山下泰裕や正木嘉美など、棟田を含め史上5名しかいない)。大学卒業後は警視庁へ入庁、2003年の世界選手権ではタメルラン・トメノフ(ロシア)ら強豪を破り、22歳の若さで最重量クラスの世界チャンピオンとなった。2007年世界柔道選手権大会においても無差別級で優勝を果たした。棟田康幸 フレッシュアイペディアより)

  • ヒーローたちの名勝負

    ヒーローたちの名勝負から見た山下泰裕山下泰裕

    無敗の王者を倒せ 柔道・至高の一戦(山下泰裕・斉藤仁)ヒーローたちの名勝負 フレッシュアイペディアより)

  • テレビが映したスポーツ60年

    テレビが映したスポーツ60年から見た山下泰裕山下泰裕

    (2013年4月)「カメラがスターを追いかけた」 具志堅用高や山下泰裕、カール・ルイスら、テレビを通して数多くのアスリートがスターへとのし上がった。そのスーパースターたちの美技を見つめるテレビが映したスポーツ60年 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋千里

    石橋千里から見た山下泰裕山下泰裕

    小学校4年の時にロサンゼルスオリンピックで金メダルを獲得した山下泰裕をテレビで見て柔道に興味を抱き、自宅近くにあった山口香の出身道場として知られる豊道館西村道場で柔道を始めることになった。池袋中学から修徳高校に進むと、1年の時に全国高校選手権66kg級で3位となった。3年の時にはインターハイ団体戦と国体少年女子の部でそれぞれ3位になった。卒業後は埼玉大学で野瀬清喜の指導を受けたかったものの、弟の高校進学と重なったために断念して、埼玉大学とも交流のあるあさひ銀行所属となった。1993年には福岡国際で3位となった。1994年の体重別では決勝で横浜そごうの大石愛子と対戦して、先に小外刈で技ありを取られるが、終了間際に小外掛で有効を取り返したものの及ばずに敗れた。翌年の体重別では拓殖大学の中市陽子を判定で破って世界選手権代表に選ばれた。世界選手権では準々決勝で韓国の曹敏仙と対戦して、先に大内刈で有効を取るものの、中盤に内股で逆転負けを喫すると、敗者復活戦でもフランスのアリス・デュボワに1?2の判定で敗れて9位に終わった。1996年の体重別では準決勝で土浦日大高校の一見理沙に腕挫十字固で敗れるなどして5位に終わり、アトランタオリンピック代表には選ばれなかった。その後は綜合警備保障所属に変わり、全日本選手権では2年連続5位になった。2007年からは静岡県静岡市にあるNPO法人の「武道学舎」で師範を務めている。石橋千里 フレッシュアイペディアより)

  • 蟹挟

    蟹挟から見た山下泰裕山下泰裕

    1980年の全日本選抜柔道体重別選手権大会で、遠藤純男が蟹挟みを仕掛けた時に、山下泰裕が左足腓骨を骨折し、大きな反響を呼んだ。山下の骨折から二か月後に全日本柔道連盟の委員会が開かれ、「蟹挟」の是非について検討され禁止賛成派と反対派に別れた。蟹挟 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤宣践

    佐藤宣践から見た山下泰裕山下泰裕

    引退後は全柔連やIJFで理事を歴任し、柔道の教育に尽力する傍ら東海大学の教員を務め、山下泰裕・柏崎克彦・井上康生など10名以上の世界チャンピオンを輩出している。2007年にはアジア柔道連盟会長選に立候補するも、投票でクウェートのオベイド・アル・アンジ(Obaid Al-Amzi)に敗れ落選。佐藤宣践 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年世界ジュニア柔道選手権大会

    2015年世界ジュニア柔道選手権大会から見た山下泰裕山下泰裕

    今大会の開催地には日本の横浜が立候補しており、全柔連副会長の山下泰裕も当選に自信を持っていたが、2014年8月23日に世界選手権が開催されるロシアのチェリャビンスクで開かれたIJF理事会でUAEのアブダビに決まった。現地の全柔連関係者は理事会が開かれていたことさえ知らず、翌日になってIJFのホームページを見て事の経緯にようやく気付いたという。この結果に対して山下は、「IJFのビゼール会長と面会して落選の経緯を確認したい」と語った。今回の一件は、2013年8月に前全柔連会長の上村春樹が女子柔道強化選手による暴力告発問題の責任を取る形でIJFの会長指名理事を辞退することになって以来、日本からのIJF理事が不在になったことで国際柔道界における日本の影響力が低下していることが一因だとの指摘もなされている。2015年世界ジュニア柔道選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田久和

    岩田久和から見た山下泰裕山下泰裕

    嘉納杯無差別では準決勝で東海大学の山下泰裕に横四方固で敗れるも3位となった。岩田久和 フレッシュアイペディアより)

  • マリウス・ビゼール

    マリウス・ビゼールから見た山下泰裕山下泰裕

    2007年9月、同総会にて会長に就任(前会長の残任期間2年+4年)。さらに教育・コーチング理事選挙では再選を目指した日本の山下泰裕に対してアルジェリアのモハメド・メリジャを推す。123対61でメリジャが当選し選挙後、日本の上村春樹を指命理事に決定した(ただし議決権無し)。マリウス・ビゼール フレッシュアイペディアより)

151件中 41 - 50件表示

「山下泰裕」のニューストピックワード

  • 世界選手権を大成功させる会

  • 澄和(とわ)Futuristの表彰式が26日、東京都内であった。

  • 東京2020強化ミーティング