99件中 41 - 50件表示
  • グリゴリー・ベリチェフ

    グリゴリー・ベリチェフから見た山下泰裕山下泰裕

    1981年の世界選手権では、決勝で山下泰裕に横四方固で敗れたが2位となった。1985年の世界選手権では、準決勝で斉藤仁に内股で一本負けして3位となった。1986年の正力国際では2階級制覇を達成した。この当時は外国勢として最強の選手とみなされていたが、1987年の正力国際では準決勝で明治大学1年の小川直也に払腰で敗れて3位に終わった。しかし、世界選手権では初戦で正木嘉美を隅返の有効で破ると、決勝ではエジプトのモハメド・ラシュワンを判定で破って、30歳にして世界チャンピオンとなった。1988年のソウルオリンピックでは、準決勝で東ドイツのヘンリー・ストールに判定で敗れて3位に終わった。1989年の世界選手権では3位だった。その後引退すると、ソ連のプロ格闘家の組織であるDILA所属となり、大仁田厚率いるFMWにも参加することになった。グリゴリー・ベリチェフ フレッシュアイペディアより)

  • 中西英敏

    中西英敏から見た山下泰裕山下泰裕

    東海大第五高校から東海大学に進学した。さらに東海大学大学院に進学すると、1年先輩の山下泰裕と一緒の家に住んでトレーニングを積んだ。1982年に体重別で優勝を飾ると、翌年は連覇して世界選手権代表に選ばれた。モスクワで開催された世界選手権では、3年前のソ連国際決勝でソ連のタマズ・ナムガラウリに帯取返で敗れた時の写真がポスターに使われていたのを見て余計に闘志が湧いて来たという。3回戦ではそのナムガラウリと対戦して、相手の得意技を封じて小内刈で技ありを取って雪辱すると、決勝ではモスクワオリンピックで優勝したイタリアのエツィオ・ガンバを崩上四方固で破って優勝を果たした。しかし、翌年のロサンゼルスオリンピックでは初戦で韓国の安柄根と対戦した際に、肋軟骨を負傷したのが影響してか注意を取られて敗れるなどして5位に終わった。1985年の講道館杯では、当時世田谷学園高校3年になったばかりの古賀稔彦に敗れて3位だった。現在は東海大学体育学部教授を務めている。中西英敏 フレッシュアイペディアより)

  • 正木嘉美

    正木嘉美から見た山下泰裕山下泰裕

    小学校5年より柔道を始める。天理高等学校、天理大学と関西の柔道名門校に進学、大学では全日本学生柔道優勝大会において4年連続で優秀選手に選出される(歴代でも4年連続選出されたのは山下泰裕・斎藤制剛・棟田康幸・高井洋平のみ)。正木嘉美 フレッシュアイペディアより)

  • イタガキ

    イタガキから見た山下泰裕山下泰裕

    楢原は柔道金メダリストの山下泰裕をして、直接「がんばって!」と言わしめた。イタガキ フレッシュアイペディアより)

  • 山都町

    山都町から見た山下泰裕山下泰裕

    山下泰裕(柔道家):矢部地区出身山都町 フレッシュアイペディアより)

  • 驚きももの木20世紀 放送リスト

    驚きももの木20世紀 放送リストから見た山下泰裕山下泰裕

    94.02.25 柔道王・山下泰裕驚きももの木20世紀 放送リスト フレッシュアイペディアより)

  • 棟田康幸

    棟田康幸から見た山下泰裕山下泰裕

    世田谷学園卒業後は明治大学に進学。大学時代は講道館杯を制し(1999年、2001年)、全日本柔道選手権大会や世界柔道選手権大会など世界トップレベルの大会へ多数出場し続け、また4年連続で全日本学生柔道優勝大会の優秀選手に選出されている(4回選出は山下泰裕や正木嘉美など、棟田を含め史上5名しかいない)。大学卒業後は警視庁へ入庁、2003年の世界選手権ではタメルラン・トメノフ(ロシア)ら強豪を破り、22歳の若さで最重量クラスの世界チャンピオンとなった。2007年世界柔道選手権大会においても無差別級で優勝を果たした。棟田康幸 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日スポーツ賞

    朝日スポーツ賞から見た山下泰裕山下泰裕

    山下泰裕(1981年、1983年、1984年)朝日スポーツ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 丸大食品

    丸大食品から見た山下泰裕山下泰裕

    山下泰裕(柔道家) - JOC選手強化キャンペーンの一環として出演。丸大食品 フレッシュアイペディアより)

  • 1957年のスポーツ

    1957年のスポーツから見た山下泰裕山下泰裕

    6月1日 - 山下泰裕(熊本県、柔道)1957年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

99件中 41 - 50件表示

「山下泰裕」のニューストピックワード