151件中 51 - 60件表示
  • 松井勲

    松井勲から見た山下泰裕山下泰裕

    福井県生まれ。岐阜県立関高校時代インターハイ個人重量級で山下泰裕を破って優勝。山下の3連覇を阻んだ。山下(東海大学付属相模高等学校→東海大学)・吉岡剛(福岡県立嘉穂高等学校→中央大学)と並び称され将来を大いに嘱望され、高校3年次と大学1年次には全日本ジュニア体重別選手権でそれぞれ2位と3位にも入っている。筑波大学卒業後は同大学の職員に。1979年から3年連続して全日本柔道選手権決勝では3位と、山下の前に涙を飲んだ。185cmと山下に対して長身であったが後年はライバルには成り得なかった。全日本柔道選手権では準優勝が1回・3位が実に5回有るが遂に優勝には届かなかった、悲運の選手。全日本柔道選手権最年少出場記録保持者でもある。平成29年3月、警察大学校術科教養部長兼教授を最後に警察庁を定年退職した。松井勲 フレッシュアイペディアより)

  • 岩釣兼生

    岩釣兼生から見た山下泰裕山下泰裕

    現役引退後は母校の拓殖大学でコーチや監督を歴任。1988年のソウルオリンピックではその指導力を買われ、エジプト代表チームの監督を務める。ロサンゼルスオリンピック決勝で山下泰裕と戦ったモハメド・ラシュワン(エジプト)は岩釣の愛弟子にあたる。その後、講道館での指導員を経て、坂口征二の主宰する坂口道場にて後進の指導に当たった。岩釣兼生 フレッシュアイペディアより)

  • 姿三四郎

    姿三四郎から見た山下泰裕山下泰裕

    今日までに多数の映画、テレビドラマ、漫画作品の原作となり、後の柔道を扱った作品に大きな影響を与えている。また、柔道界で小柄でありながら大きな選手を相手に活躍した選手に「三四郎」とニックネームをつけて呼ぶのは、この作品から取ったものである(重量級の山下泰裕などは「三四郎」とは呼ばれない)。姿三四郎 フレッシュアイペディアより)

  • イタガキ

    イタガキから見た山下泰裕山下泰裕

    山下泰裕に直接「がんばって!」と言わしめた。イタガキ フレッシュアイペディアより)

  • 横四方固

    横四方固から見た山下泰裕山下泰裕

    ちなみに、山下泰裕が1984年のロサンゼルスオリンピックでモハメド・ラシュワンから横四方固で一本を取り、金メダルを獲得した。横四方固 フレッシュアイペディアより)

  • 冬樹かずみ

    冬樹かずみから見た山下泰裕山下泰裕

    山下泰裕(柔道家)と親戚にあたる。冬樹かずみ フレッシュアイペディアより)

  • 園田隆二

    園田隆二から見た山下泰裕山下泰裕

    一方、全柔連副会長の山下泰裕は園田の監督としての手腕を評価して、「熱血漢で成果を挙げていた。やり方を間違っていたことを大いに反省し、処分が解けたら、ぜひとももう一度現場に復帰して指導してもらいたい。まだまだこれからの人材だ」と語った。園田隆二 フレッシュアイペディアより)

  • 中村兼三

    中村兼三から見た山下泰裕山下泰裕

    ロサンゼルス五輪での山下泰裕の金メダルに感激し、両兄と「3人で五輪に行こう」と話して真剣に柔道に取り組み始めたが、兄達とは対照的に際立った才能もない兼三は試合結果も平々凡々で、母親から柔道をやめるよう何度も言われたほか、教師から持久力を見込まれ陸上競技への転向を勧められた事もあった。中村兼三 フレッシュアイペディアより)

  • 塚田真希

    塚田真希から見た山下泰裕山下泰裕

    2010年は1月に水原で開催されたランキング上位16選手によって争われるワールドマスターズに出場するものの、準々決勝で地元韓国の金ナ永に指導3で敗れて5位に終わった。4月の体重別決勝では1?2の微妙な判定ながら昨年に続いて杉本に敗れることになったが、続く全日本選手権決勝では杉本を大外刈で破り大会9連覇を達成し世界選手権代表に選出された。また、今回の優勝で男子の全日本選手権で1977年から1985年まで同じく9連覇を達成した東海大学の先輩である山下泰裕の記録に並ぶこととなった。7月のグランドスラム・モスクワ決勝では後輩である東海大学の田知本愛を指導3で破り今大会2連覇を飾った。9月に東京で開催された世界選手権では78kg超級準決勝で中国の秦茜に指導3で敗れて3位に終わると、当初出場予定だった無差別には出場しなかった。その後、強化選手の辞退届を全柔連に提出して受理されると、12月には引退会見を開いて、正式に現役引退を表明することになった。塚田真希 フレッシュアイペディアより)

  • ユハ・サロネン

    ユハ・サロネンから見た山下泰裕山下泰裕

    ヨーロッパジュニア95kg超級では1979年から2年連続3位に入った。1981年の世界選手権95kg超級では2回戦で山下泰裕に内股で敗れたものの、敗者復活戦を勝ち上がって3位になった。1984年のロサンゼルスオリンピック無差別では初戦で敗れた。1988年のソウルオリンピックでは準々決勝で東ドイツのヘンリー・ストールに一本負けして7位にとどまった。1989年には地元ヘルシンキで開催されたヨーロッパ選手権で優勝を果たした。1991年の世界選手権では準々決勝で敗れると、その後の3位決定戦でも小川直也に反則負けを喫して5位に終わった。1992年のバルセロナオリンピックでは初戦で敗れた。引退後はフィンランドナショナルチームの監督として、アトランタオリンピックとシドニーオリンピックに参加した。その後は出身クラブの「チカラ」で指導にあたることになった。ユハ・サロネン フレッシュアイペディアより)

151件中 51 - 60件表示

「山下泰裕」のニューストピックワード

  • 世界選手権を大成功させる会

  • 澄和(とわ)Futuristの表彰式が26日、東京都内であった。

  • 東京2020強化ミーティング