151件中 61 - 70件表示
  • 白瀬英春

    白瀬英春から見た山下泰裕山下泰裕

    同じ頃、国際柔道連盟の会長を務めていた松前総長の音頭取りで女子選手の強化を打ち出した東海大学は、附属校の東海大仰星高校に所属し全国高校選手権を制した松尾徳子が東海大学進学を希望した関係で急きょ女子柔道部を設立。その中で、男子柔道部の監督は大学の5年後輩である山下泰裕にバトンをタッチし、白瀬は女子柔道部の監督を任ぜられる事となった。白瀬英春 フレッシュアイペディアより)

  • 大迫明伸

    大迫明伸から見た山下泰裕山下泰裕

    1985年には体重無差別の全日本選手権に初出場を果たすと、緒戦で中国地区代表の板本健三を破り、続く2回戦で当時199連勝中の山下泰裕と対戦。試合は敗れたものの、試合中に山下を背負落で宙に浮かせ、会場を沸かせた。大迫明伸 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年リオデジャネイロオリンピックの柔道競技

    2016年リオデジャネイロオリンピックの柔道競技から見た山下泰裕山下泰裕

    前回のロンドンオリンピックで金メダルが0だった日本男子チームが今大会2個の金メダルを獲得した。また、1988年のソウルオリンピックで7階級制度になってから初めてとなる全階級でのメダル獲得ともなった。女子は金1つを含めて5個のメダルを獲得しており、これにより柔道競技では史上最多となる12個のメダルを獲得することになった。この結果に対して強化委員長の山下泰裕は、「もっと金が欲しかったが、世界のレベルは上がっている。日本柔道は完全復活したと世界はみている」と語った。一方、国ぐるみによる組織的ドーピングの発覚で一時はオリンピックへの出場禁止の可能性もあったロシアは、前回の3個には及ばなかったものの2個の金メダルを獲得した。前回2個の金メダルを獲得した韓国は世界ランキング1位になったことのある選手が男子に4名もおり、自国では史上最強チームともみなされていたが、銀メダルと銅メダルの2個に終わった。女子は銀1個だったが、アトランタオリンピック以来20年ぶりに決勝進出を果たした。また、今大会では男子100kg超級でフランスのテディ・リネール、女子78kg級でアメリカのケイラ・ハリソンがそれぞれオリンピック2連覇を達成した。2016年リオデジャネイロオリンピックの柔道競技 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年のスポーツ

    1984年のスポーツから見た山下泰裕山下泰裕

    10月9日 - 柔道の山下泰裕、国民栄誉賞受賞1984年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺浩稔

    渡辺浩稔から見た山下泰裕山下泰裕

    秋田経済法科大学に進むと、山下泰裕の最大のライバルの一人だった柔道部監督である遠藤純男の指導を受けることになり、実績を上げるようになっていった。3年の時には全日本選手権に出場すると、初戦となる2回戦で山下と対戦した。山下が指導を先取するも、中盤に渡辺が蟹挟を仕掛けると山下は腰から崩れて尻餅をついた。この技は有効があったと見る向きもあったがポイントにはならず、終盤に山下が崩上四方固で一本勝ちした。山下はかつてモスクワオリンピックのボイコットが決まった翌日の選抜体重別で、遠藤に蟹挟を仕掛けられて左足腓骨を骨折させられたことがあったが、弟子からも同じ技を喰らうことになった。その後の選抜体重別95kg超級では決勝まで進むも、滋賀県警の伊藤久雄に敗れた。正力杯でも決勝まで進むが、天理大学4年の正木嘉美に敗れて2位だった。正力国際では決勝で日本大学3年の渋谷恒男に腕挫腕固で敗れたが、団体戦では優勝を飾った。4年の時には正力杯の決勝で日本大学の村上修司に敗れて再び2に終わった。1986年には皇宮警察の所属となると、1987年の講道館杯で3位となった。1988年の講道館杯では優勝を飾った。イタリア国際では2年連続で優勝を果たした。1989年の選抜体重別では3位だった。1990年には全日本選手権の準々決勝で71kg級の世界チャンピオンである「平成の三四郎」こと小兵の古賀稔彦と対戦するも、身長で15cm、体重で80kg近く下回る相手に小内巻込などで先々に攻められて判定負けを喫した。ちなみに、この当時95kg超級及び無差別世界チャンピオンで今大会2連覇を達成したJRAの小川直也は、「自分ら重量級でも渡辺さんとやるのはきついから、古賀ではまず勝てないだろう」と語っていたが、その予想を覆す結果となった。続いてグッドウィル・ゲームズに出場すると、初戦でソ連のセルゲイ・コソロトフに袈裟固で敗れるも、その後の3位決定戦でポーランドのラファウ・クバツキに有効で勝って3位となった。渡辺浩稔 フレッシュアイペディアより)

  • 真喜志慶治

    真喜志慶治から見た山下泰裕山下泰裕

    2年の時には団体戦の国際高校柔道選手権大会においてオール一本勝ちで日本チームの優勝に貢献して最優秀選手に選ばれた。インターハイ個人戦の重量級でもオール一本勝ちで優勝を果たした。このような活躍ぶりにより、一部からは山下2世とまで囁かれるようになった。続く全国高校選手権の個人戦では決勝で東海大相模高校2年の窪田茂に判定で敗れた。団体戦では阿嘉とともに活躍して決勝まで進むと、東海大相模高校との対戦では上水研一朗を背負落で破ると、窪田をも判定で破るなどして沖縄県勢では初となる全国優勝にチームを導いた。真喜志慶治 フレッシュアイペディアより)

  • 野瀬清喜

    野瀬清喜から見た山下泰裕山下泰裕

    「国際試合出場柔道選手の戦績分析 -パーソナリティ傾向との関連について」(船越正康・山下泰裕・斉藤仁・野瀬清喜・高野裕光・中西英敏・西田孝宏・越野忠則・岡田弘隆), Research Journal of Budo 30, 74-74, 1997野瀬清喜 フレッシュアイペディアより)

  • 越野忠則

    越野忠則から見た山下泰裕山下泰裕

    この4カ月間のブランクの間に越野は奥襟を持つ変則柔道に限界を感じ、一つの組手から全ての技を掛けられる山下泰裕の組手を理想とした。技もそれまでの内股・大外刈等の大技中心のスタイルから、背負投をはじめとするオーソドックスな柔道へ変更。ゼミ教官の山下泰裕のもと取り組んだ自身の卒業論文『背負い投げの研究』は、現在も指導の際に活用するという。越野忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 村田正夫 (柔道家)

    村田正夫 (柔道家)から見た山下泰裕山下泰裕

    「高校や夜間高校にも売り込みに行ったが、40歳を過ぎていると全部ダメだった」と村田。そんな折に東海大学の教授を務める山下泰裕から海外指導の話を持ち掛けられもしたが、教員への道に対する熱意は揺るがず村田はこの誘いを断っている。村田正夫 (柔道家) フレッシュアイペディアより)

  • 送襟絞

    送襟絞から見た山下泰裕山下泰裕

    通算528勝、203連勝を記録した山下泰裕は後に振り返って、自分の固技の軸は送襟絞であったと述べている。送襟絞 フレッシュアイペディアより)

151件中 61 - 70件表示

「山下泰裕」のニューストピックワード

  • 世界選手権を大成功させる会

  • 澄和(とわ)Futuristの表彰式が26日、東京都内であった。

  • 東京2020強化ミーティング