151件中 71 - 80件表示
  • 林香代子

    林香代子から見た山下泰裕山下泰裕

    引退後は陸上競技指導者、陸上競技審判員として活躍。全国レディース陸上競技大会審判長などの要職を歴任した。1981年には山下泰裕、具志堅幸司らとともに朝日スポーツ賞を受けた。林香代子 フレッシュアイペディアより)

  • 嘉納治五郎記念ウラジオストク日露ジュニア柔道交流大会

    嘉納治五郎記念ウラジオストク日露ジュニア柔道交流大会から見た山下泰裕山下泰裕

    今大会は日本国総理大臣の安倍晋三とロシア連邦大統領のウラジーミル・プーチンの合意の下、東方経済フォーラムに合わせて開催された。大会組織委員会の名誉会長を元総理大臣の森喜朗、大会組織委員会会長をロシア連邦副首相兼極東連邦管区大統領全権代表のユーリ・トルトネフ、大会組織委員会日本側代表を全柔連会長の山下泰裕、大会組織委員会ロシア側代表をロシア柔道連盟会長のワシリー・アニシモフがそれぞれ務めた。また、今大会はIJF会長のマリウス・ビゼールにより、IJF公認大会に位置付けられた。そのため、審判員も一線級が派遣された。今大会に参加資格を有するのは2017年12月31日時点で15歳以上21歳未満の選手。男女各8階級に日本およびロシア両国からそれぞれ4名がエントリーした。さらに、モンゴルからも各階級に1名がゲストとして参加した。男女の最優秀選手各1名には山下泰裕特別賞が授与された。なお、2日目の決勝ラウンドは安倍晋三とウラジーミル・プーチン及びモンゴルの大統領でモンゴル柔道連盟会長でもあるハルトマーギーン・バトトルガが観戦した。さらには、IJF会長のマリウス・ビゼール、講道館館長の上村春樹、全柔連会長の山下泰裕、ヨーロッパ柔道連盟会長のセルゲイ・ソロベイチック、ロシア柔道代表チームゼネラルマネージャーのエツィオ・ガンバ、ロンドンオリンピック60kg級金メダリストのアルセン・ガルスチャン、73kg級金メダリストのマンスール・イサエフ、100kg級金メダリストのタギル・ハイブラエフ及びグレコローマンレスリングのオリンピック130kg級で3連覇したアレクサンドル・カレリンなど錚々たるメンバーも会場に陣取った。また、首脳会談の席上では安倍が嘉納治五郎の認めた「精力善用」の書を贈呈すると、プーチンは返答として安倍に名刀村正の短刀とティーカップを贈った。。嘉納治五郎記念ウラジオストク日露ジュニア柔道交流大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年東京オリンピック構想

    2016年東京オリンピック構想から見た山下泰裕山下泰裕

    「東京オリンピック招致大使」には、星野仙一、有森裕子、山下泰裕、クルム伊達公子、野口健、古田敦也のアスリートのほか、みのもんた、萩本欽一が任命され、テレビCMも作られた。2016年東京オリンピック構想 フレッシュアイペディアより)

  • 金野潤 (柔道)

    金野潤 (柔道)から見た山下泰裕山下泰裕

    大会後の9月14日、金野は2020年東京オリンピックへ向けた全日本柔道連盟の強化スタッフに入り、それまで山下泰裕連盟副会長が兼務していた強化委員長のポストに起用されることとなった。オリンピック・世界選手権への出場経験がない柔道家として異例とも言える抜擢人事を受けた金野は「東京オリンピックへ向け、(井上・増地)男女両監督とも力を合わせて成功させたい」とし、柔道界以外からのアドバイザー及び外国人のコーチ招聘など新しい強化方針を打ち出すことを語っている。金野潤 (柔道) フレッシュアイペディアより)

  • 玉置和郎

    玉置和郎から見た山下泰裕山下泰裕

    1980年、カーター米大統領が西側諸国に対して,モスクワオリンピックをボイコットするよう提唱した問題では,日本のボイコットに賛成の立場をとり,同年4月21日の日本オリンピック委員会理事会において,山下泰裕(柔道)らと参加への思いを涙ながらに訴えた男子レスリングの高田裕司に対して,後日談で「個人の選手が泣いておりますわな。情けないね,あれは。あんな流す涙はね,もっと国の防衛で流したらどう?」と述べた。玉置和郎 フレッシュアイペディアより)

  • 女子柔道強化選手による暴力告発問題

    女子柔道強化選手による暴力告発問題から見た山下泰裕山下泰裕

    2月5日には全柔連の臨時理事会が開かれて、この問題を解決するために外部有識者を招いて調査委員会を設置することに決めた。さらに、女子選手の相談を受け持つ支援ステーションの拡充とともに、女性理事や女性監督の登用にも理解を示す姿勢を見せた。加えて、全柔連理事の山下泰裕は「選手に申し訳ない。プレーヤーズファーストを大事にしないといけない。」と述べると、全柔連副会長の佐藤宣践も「(全柔連の)倫理規定に、体罰はルール違反だと書いてある。体罰はドーピングと同じことだ。」との見解を示した。女子柔道強化選手による暴力告発問題 フレッシュアイペディアより)

  • 太田 章

    太田章から見た山下泰裕山下泰裕

    柔道で全国大会に行った時に、同い年の山下泰裕を見て、これは勝てないと思い高校からレスリングに転向した。太田章 フレッシュアイペディアより)

  • 松崎みずほ

    松崎みずほから見た山下泰裕山下泰裕

    最初はバレエに取り組んでいたが、小学校6年の時に近所にある山下泰裕を育てたことで知られる白石礼介の運営する道場で柔道を始めることになった。九州学院中学から九州学院高校へ進むと、1,2年の時に全国高校選手権72kg級を連覇した。1997年に帝京大学に進むと、大学2年の時には全日本ジュニア78kg級で優勝して、世界ジュニアでも2位となった。また、この年から体重別決勝では警視庁の阿武教子に4年連続で敗れて2位にとどまることにもなった。全国女子体重別では2連覇を果たした。さらに1999年12月の福岡国際では優勝を飾った。2001年にはコマツ所属となると、実業個人で優勝を飾った。また、当時としては珍しい賞金大会であるグランプリ・セビリアにも出場して優勝を果たした。2002年にはフランス国際でも優勝したが、体重別では3位に終わった。ワールドカップ国別団体戦では準決勝のフランス戦のみに出場して敗れたものの、チームは優勝を飾った。アジア大会では2位に終わった。2003年の体重別では2年ぶりに決勝まで進むが、またもや阿武に敗れることになった。アジア選手権では3度目の出場でようやく優勝を果たした。2004年には全日本選手権の準決勝で綜合警備保障の塚田真希に小外掛で敗れたものの3位となった。2005年の体重別では決勝で淑徳大学の中澤さえに袈裟固で敗れて体重別6度目の2位にとどまった。同じ階級に阿武教子がいたために、世界で活躍できるだけの実力を有しながら長いこと2番手に甘んじて、ついに代表になることが出来ずに終わった。松崎みずほ フレッシュアイペディアより)

  • 柔道部物語

    柔道部物語から見た山下泰裕山下泰裕

    三五が3年のときの金鷲旗大会決勝・岬商業高対耕談館浦安高戦を裁いた主審。モデルは山下泰裕柔道部物語 フレッシュアイペディアより)

  • 第50回NHK紅白歌合戦

    第50回NHK紅白歌合戦から見た山下泰裕山下泰裕

    山下泰裕(全日本柔道連盟強化ヘッドコーチ):同上。第50回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

151件中 71 - 80件表示

「山下泰裕」のニューストピックワード

  • 世界選手権を大成功させる会

  • 澄和(とわ)Futuristの表彰式が26日、東京都内であった。

  • 東京2020強化ミーティング