140件中 51 - 60件表示
  • 山下泰裕

    山下泰裕から見た皇居

    かつて皇居の園遊会に招かれ、昭和天皇から「柔道は、骨が折れますか(柔道は、大変ですかの意)」と尋ねられ、「はい、昨年骨折しました」と答えて周囲の爆笑を誘ったエピソードは、実直な人柄を表して有名である。山下泰裕 フレッシュアイペディアより)

  • 山下泰裕

    山下泰裕から見た遠藤純男

    弱冠17歳で出場した1975年の全日本選手権では、高校生ながら準決勝まで進出し、そこで旭化成の上村春樹に判定負けを喫するも3位入賞を果たした。5月にはウィーン世界選手権の国内1次予選会に出場するが、警視庁の遠藤純男に優勢負け、福岡県警の二宮和弘には合技(大外刈、小外刈)で一本負けを喫した。7月には2次予選会に出場するが、そこでは静岡県警の安斉悦雄に優勢負けした。一方、金鷲旗では11戦全勝して東海大相模の初優勝に貢献すると、インターハイ団体戦では8戦全勝して東海大相模を初優勝に導き、個人戦重量級でも6戦全勝して2年ぶり2度目の優勝を果たした。9月には全日本選抜体重別選手権に出場したが、全日本選手権同様、遠藤に優勢負けした。10月には国体高校の部に出場して、8戦7勝1分けの成績で神奈川県の優勝に大きく貢献。11月には全日本新人体重別選手権で優勝を果たした。翌76年の1月にはフランス国際に出場して、準決勝でオーストリアのクラウス・ワラスにまず小内刈で効果を取られると、続いて出足払いで技ありを取られピンチを迎えるも(この技を主審は一本と判断したが、副審2人が技ありと示した事で技ありに訂正となった)、その後横四方固で逆転の一本勝ちを果たすと、決勝でもミュンヘンオリンピック重量級3位であるソ連のギービ・オナシビリに棄権勝ちして、高校生にしてフランス国際を制した。山下泰裕 フレッシュアイペディアより)

  • 山下泰裕

    山下泰裕から見た新日本プロレス

    新日本プロレスの代表者であるアントニオ猪木が山下の祖父に契約金の一部を渡し、プロレスラー転向を進めようとした。この話に山下本人は一切関わっておらず、プロレスラーに転向するつもりも無かった。報道によってこの件を知った山下は祖父を説得し、祖父は全額を返還した。山下泰裕 フレッシュアイペディアより)

  • 山下泰裕

    山下泰裕から見た和光 (商業施設)

    ロサンゼルスオリンピックで金メダルを獲得、国民栄誉賞も受賞した山下は、そのキャリアの絶頂期に結婚。相手は、銀座和光で店員をしていた一般女性。山下は、和光での買い物の際に彼女から見初められる。もともと山下のファンだった彼女は顧客リストから山下の住所を調べ、写真と手紙を送るなど積極的にアプローチし、交際が始まる。彼女の才色兼備ぶり、当時は女性からの積極的なアプローチが珍しかった事、高級百貨店・和光の店員という経歴などから、当時の女性週刊誌を中心とするマスコミに格好の話題を提供した。同時に「『顧客リスト』を私用に使うとは何事だ」という上得意客からの非難もあった(当時は個人情報に対する認識がまだ薄い時代である)。山下泰裕 フレッシュアイペディアより)

  • 山下泰裕

    山下泰裕から見たベースボールマガジン社

    (参考資料:ベースボールマガジン社発行の近代柔道バックナンバー、『山下泰裕 闘魂の柔道』等)。山下泰裕 フレッシュアイペディアより)

  • 山下泰裕

    山下泰裕から見た日本放送協会

    一説によると山下は、海外小説の原書を読む事ができるほど英語に堪能。NHKの「土曜インタビュー」において「英語で1時間半も続けて演説した」というエピソードを披露した。また海外への出張中は英語のニュースを聞き「半分程度は理解できる」と謙遜混じりに述べた。選手生活を引退した翌年にはイギリスに一年間の留学をしている。山下泰裕 フレッシュアイペディアより)

  • 山下泰裕

    山下泰裕から見た東宝東和

    山下少年物語(1985年、キネマ東京、ザ・ワールド企画、森岡賢一郎事務所の共同製作。東宝東和配給。)山下泰裕 フレッシュアイペディアより)

  • 山下泰裕

    山下泰裕から見た全国高等学校総合体育大会柔道競技大会

    高校進学に当たり東京の強豪校から多くのスカウトを受けるが、「東京へ出るのは大学からでいい」と考えていた山下は、恩師の白石が新たに柔道部監督を務める事になった九州学院高校に進学する。金鷲旗の準決勝では嘉穂高校2年生の吉岡剛に判定負けしてチームは3位にとどまったものの、インターハイ重量級では史上初の1年生優勝を果たした。山下泰裕 フレッシュアイペディアより)

  • 山下泰裕

    山下泰裕から見た内股

    高校3年になる直前の3月には全日本選手権の関東予選に出場して、神奈川県警の諸井三義に内股で一本負けするものの高校生にして出場権を得た。山下泰裕 フレッシュアイペディアより)

  • 山下泰裕

    山下泰裕から見た上益城郡

    熊本県上益城郡山都町(旧矢部町)出身。東海大学卒業。同大学大学院体育研究科修了。東海大学体育学部教授(1996年 -)、体育学部学部長(2009年4月 - )、副学長(2011年10月 - )、同大学柔道部監督。柔道指導員。前全日本柔道男子強化ヘッドコーチ(1992年 - 2000年)、前男子強化部長(2000年 - 2004年)、強化副委員長(2004年 - )。前国際柔道連盟教育コーチング理事(2003年 - 2007年)。全日本柔道連盟理事。日本オリンピアンズ協会理事。神奈川県体育協会会長。山下泰裕 フレッシュアイペディアより)

140件中 51 - 60件表示

「山下泰裕」のニューストピックワード