前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示
  • 恒心

    恒心から見た山中伸弥山中伸弥

    将来的な広範な応用を目指して再生医学の研究が進められている。特に2006年(平成18年)、京都大学の山中伸弥らのグループによる人工多能性幹細胞(iPS細胞)の発見は大きな反響を呼んだ。一方、2014年(平成26年)頃に理化学研究所が刺激惹起性多能性獲得細胞の研究を進めてSTAP細胞と命名したが、不正疑惑が出て論文の撤回となった。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 11jigen

    11jigenから見た山中伸弥山中伸弥

    2009年(平成21年)頃から科学論文における文章盗用や画像の改竄、捏造を暴くようになった。ボランティアで不正の調査・摘発を行っている。特に、SNSによる不正摘発が話題となったSTAP細胞や小保方晴子の研究不正疑惑における活動が知られている。ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥の論文不正疑惑も取り扱っている。11jigen フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本

    2012年の日本から見た山中伸弥山中伸弥

    「金」・・・ロンドンオリンピックにおける日本人選手の過去最多となるメダルラッシュ、山中伸弥(京都大学教授)のノーベル生理学・医学賞受賞、世界一の高さを誇る自立式電波塔「東京スカイツリー」の開業など数々の金字塔が打ち立てられたことの他、日本の広範囲で金環日食が観測され注目を集めたことなどから。2012年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ガードン (生物学者)

    ジョン・ガードン (生物学者)から見た山中伸弥山中伸弥

    ジョン・バートランド・ガードン(Sir John Bertrand Gurdon, FRS, 1933年10月2日 - )は、イギリスの生物学者。専門は発生生物学。ケンブリッジ大学名誉教授。山中伸弥と2012年度ノーベル生理学・医学賞を共同授賞した。ジョン・ガードン (生物学者) フレッシュアイペディアより)

  • リプログラミング

    リプログラミングから見た山中伸弥山中伸弥

    2006年に高橋和利と山中伸弥は、マウス線維芽細胞に複数の遺伝子を導入することでリプログラミング(初期化)させ、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作成したことを報告した。この研究成果「成熟細胞が初期化(リプログラミング)され多能性を持つことの発見」により、山中が2012年のノーベル生理学・医学賞を受賞することが発表された。リプログラミング フレッシュアイペディアより)

  • 笹井芳樹

    笹井芳樹から見た山中伸弥山中伸弥

    笹井の訃報に際し、理化学研究所の野依良治理事長と竹市雅俊センター長がコメントを発表。さらに閣僚や科学技術振興機構 (JST)も声明を出し、山中伸弥や若山照彦も哀悼の意を表した。日本国外でも大きく報道され、『ネイチャー』は編集主幹が「悲劇」「科学者コミュニティーの多大な損失」と声明を発表するとともに、同誌のニュースブログでも取り上げた。また、他の多くの学術誌においても、追悼記事が掲載されていった。笹井芳樹 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋政代

    高橋政代から見た山中伸弥山中伸弥

    2006年には京都大学から理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB:Center for Developmental Biology)へ異動する。ES細胞の臨床実験の見通しが立たない頃、山中伸弥がiPS細胞の開発に成功する。iPS細胞により倫理面と適合性の問題が解消し、現実的な臨床実験への見通しが立つ。更にES細胞やiPS細胞から網膜シートを作り、マウスの眼球に移植、長期間にわたって移植片が機能的に生着し得ることを示唆する成果を出した。高橋政代 フレッシュアイペディアより)

  • 刺激惹起性多能性獲得細胞

    刺激惹起性多能性獲得細胞から見た山中伸弥山中伸弥

    また、発表当初はiPS細胞と比較したSTAP幹細胞の優位性についても強調された。しかし、iPS細胞の発見者である山中伸弥により反論され、理化学研究所も「誤解を招く表現があった」として、3月18日には当初の主張を撤回している。しかし、最初の会見時に記者に配布された解説図は iPS 細胞の樹立確立を1%としており、これを「牛が無理やり細胞を引きずる」絵で表現しているのに対し、STAP 細胞の樹立については「魔法使いが簡単に高い確率で一瞬で STAP 細胞を作った」絵を用いており、誤解というよりは、明らかに iPS 細胞に対する優位性を主張していた。刺激惹起性多能性獲得細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た山中伸弥山中伸弥

    将来的な広範な応用を目指して再生医学の研究が進められている。特に2006年(平成18年)、京都大学の山中伸弥らのグループによる人工多能性幹細胞(iPS細胞)の発見は大きな反響を呼んだ。一方、2014年(平成26年)頃に理化学研究所が刺激惹起性多能性獲得細胞の研究を進めてSTAP細胞と命名したが、不正疑惑が出て論文の撤回となった。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 人工多能性幹細胞

    人工多能性幹細胞から見た山中伸弥山中伸弥

    人工多能性幹細胞(じんこうたのうせいかんさいぼう、)とは、体細胞へ数種類の遺伝子を導入することにより、ES細胞(胚性幹細胞)のように非常に多くの細胞に分化できる分化万能性 (pluripotency)と、分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能を持たせた細胞のこと。2006年(平成18年)、山中伸弥率いる京都大学の研究グループによってマウスの線維芽細胞(皮膚細胞)から初めて作られた。人工多能性幹細胞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示

「山中伸弥」のニューストピックワード