55件中 11 - 20件表示
  • 山崎貞一賞

    山崎貞一賞から見た山中伸弥山中伸弥

    2008 京都大学物質?細胞統合システム拠点iPS細胞研究センター山中伸弥センター長が第8回山崎貞一賞を受賞。発表資料山崎貞一賞 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田善雄

    岡田善雄から見た山中伸弥山中伸弥

    1957年に発表した細胞融合に関する世界初の論文は、欧米で大きな反響を呼び画期的大発見と最高の評価が下された。これ以後、人間とネズミとの細胞融合をはじめ、色々な組み合わせの融合ができることが分かり、細胞レベルでの遺伝学やウイルスによる発ガンの研究が飛躍的に進展した。また2種類の細胞の性質が混じった細胞を作る方法は、遺伝子組み換えなどとともにバイオテクノロジーの柱の一つになった。新薬や医療技術の開発、新しい植物の開発、農作物の品種改良、有用微生物の改良など、様々な分野で利用されている。生命科学や基礎医学の発展に及ぼした影響は計り知れない。近年、万能細胞として脚光を浴びる山中伸弥京都大学教授の人工多能性幹(iPS)細胞も、この系譜上にあるといえる。岡田は現代のバイオテクノロジーの発展につながる先駆者となったが、当時の国内ではその意義を理解する人は少なく、環境の整った欧米で研究は花開き生命科学の発展に繋がっていった。岡田善雄 フレッシュアイペディアより)

  • トムソン・ロイター引用栄誉賞

    トムソン・ロイター引用栄誉賞から見た山中伸弥山中伸弥

    山中伸弥 人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発 → 2012年ノーベル生理学・医学賞受賞トムソン・ロイター引用栄誉賞 フレッシュアイペディアより)

  • 黄禹錫

    黄禹錫から見た山中伸弥山中伸弥

    しかし、2005年末に発覚したヒト胚性幹細胞捏造事件(ES細胞論文の捏造・研究費等横領・卵子提供における倫理問題)により、学者としての信用は地に落ちた。この捏造の影響により、正攻法でES細胞を作り出そうとしていた民間企業が研究継続の断念に至るなど、山中伸弥がiPS細胞の生成に成功するまでの間、ES細胞や再生医療分野の研究の世界的な停滞を引き起こした元凶とされる。「科学における不正行為」をテーマとした書籍でたびたび言及される人物でもある。黄禹錫 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦克之

    三浦克之から見た山中伸弥山中伸弥

    1990年に大阪市立大学医学部薬理学教室講師に昇格。体液性因子の体循環が専門で、ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥が同大の大阪市立大学の博士課程に入学してきた際の指導教官を務め、「麻酔イヌにおける血小板活性化因子の降圧機序」の研究の指導をした。三浦克之 フレッシュアイペディアより)

  • アルバート・ラスカー医学研究賞

    アルバート・ラスカー医学研究賞から見た山中伸弥山中伸弥

    2009年 山中伸弥(基礎医学研究賞)アルバート・ラスカー医学研究賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の科学技術

    日本の科学技術から見た山中伸弥山中伸弥

    日本はこれまで複数名のノーベル賞科学部門の受賞者を輩出している。当時京都大学教授だった湯川秀樹は1949年にノーベル物理学賞を受賞した。1965年に朝永振一郎が続いた。東京大学で教鞭をとっていた半導体研究者の江崎玲於奈も1973年にノーベル物理学賞を受賞した。京都大学の福井謙一が1981年にノーベル化学賞を共同受賞し、同じく京都大学で教鞭を執っていた利根川進が1987年に日本初のノーベル生理学・医学賞を受賞した。日本の化学者は2000年、2001年と立て続けにノーベル化学賞を受賞する。2000年に東京工業大学の白川英樹が、2001年に京都大学の野依良治が受賞した。2002年には東京大学の小柴昌俊がノーベル物理学賞を、東北大学出身の田中耕一がノーベル化学賞を受賞してそれに続いた。 小林誠、益川敏英、そして現在はアメリカ合衆国国籍の南部陽一郎が2008年にノーベル物理学賞を共同受賞し、同年に下村脩がノーベル化学賞を受賞した。以降も2010年に鈴木章と根岸英一がノーベル化学賞を受賞し、2012年には山中伸弥が日本人2人目のノーベル生理学・医学賞受賞者となった。日本の科学技術 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋和利

    高橋和利から見た山中伸弥山中伸弥

    生物学とは無関係の同志社大学工学部を卒業後、山中伸弥が奈良先端科学技術大学院大学に助教授として赴任し、1999年に初めて研究室をもった翌年、学生が誰もいなかった山中研究室に最初に大学院生として入った一番弟子。京都大学に赴任した山中にともない、博士号取得後、研究室ごと再生医科学研究所に移籍。京都大学で特任助教として勤務した。2008年から京都大学助教、2009年から京都大学講師を務める。高橋和利 フレッシュアイペディアより)

  • 国別のノーベル賞受賞者

    国別のノーベル賞受賞者から見た山中伸弥山中伸弥

    山中伸弥、医学生理学賞、2012年国別のノーベル賞受賞者 フレッシュアイペディアより)

  • 京都大学再生医科学研究所

    京都大学再生医科学研究所から見た山中伸弥山中伸弥

    2007年には、再生医科学研究所教授・山中伸弥の人工多能性幹細胞(iPS細胞:induced pluripotent stem cell)に関する論文によって、世界的に有名となる。その功績が認められ、再生医科学研究所は日本の再生医療研究の中心地となる予定である。京都大学再生医科学研究所 フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示

「山中伸弥」のニューストピックワード