55件中 21 - 30件表示
  • MRC分子生物学研究所

    MRC分子生物学研究所から見た山中伸弥山中伸弥

    2012年にはジョン・ガードンが、京都大学の山中伸弥とともにノーベル生理学・医学賞を授賞した。MRC分子生物学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日賞

    朝日賞から見た山中伸弥山中伸弥

    朝永振一郎 (1946年) - 中原和郎 (1946年) - 増山元三郎 (1947年) - 坂田昌一 (1948年) - 今井功 (1950年) - 野副鉄男、吉田富三 (1951年) - 岡潔 (1953年) - 江崎玲於奈、梅沢浜夫 (1959年) - 加藤敏夫 (1960年) - 熊本大学医学部水俣病研究班 (1966年) - 広中平祐 (1967年) - 江橋節郎 (1968年) - 東北大学金属材料研究所付属材料試験炉利用施設研究グループ (1975年) - 伊藤清 (1977年) - 金関丈夫 (1978年) - B型肝炎研究グループ (1979年) - 「はくちょう」衛星観測チーム (1980年) - 利根川進 (1981年) - 多田富雄 (1981年) - 花房秀三郎 (1983年) - 西澤潤一 (1984年) - 富澤純一 (1986年) - 神岡観測グループ (1987年) - 岸本忠三 (1988年) - 豊島久真男 (1990年) -山本雅 (1990年) - 志村五郎 (1991年) - 真崎知生 (1991年) - 野依良治 (1992年) - 竹市雅俊 (1993年) - 小林誠・益川敏英 (1994年) - 丸山工作 (1994年) - 真鍋淑郎 (1995年) - 荒木不二洋 (1996年) - 伊賀健一 (1997年) - スーパーカミオカンデ観測グループ (1998年) - 柳田敏雄 (1998年) - 小川誠二 (1999年) - 赤﨑勇 (2000年) - 中村修二 (2000年) - 柳田充弘 (2000年) - 十倉好紀 (2001年) - 加藤和也 (2002年) - 板倉文忠 (2004年) - 蔵本由紀 (2005年) - 審良静男 (2005年) - 川人光男 (2006年) - 近藤孝男 (2006年) - 下村脩 (2006年) - 山中伸弥 (2007年) - 宮崎照宣・湯浅新治(2007年) - 福山幸夫・戸田達史・遠藤玉夫 (2007年) - 大隅良典 (2008年) - 深谷賢治 (2009年) - 豊島近 (2009年) - 諏訪元 (2009年) - 香取秀俊 (2011年) - 坂口志文 (2011年) - 松波弘之 (2012年) - 神谷信夫 (2012年) - 沈建仁 (2012年)朝日賞 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県立畝傍高等学校

    奈良県立畝傍高等学校から見た山中伸弥山中伸弥

    畑中正一 - ウイルス学、京都大学名誉教授、塩野義製薬相談役、『現代ウイルス事情』著者、『iPS細胞ができた!』著者(共著者は山中伸弥奈良県立畝傍高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 永田紅

    永田紅から見た山中伸弥山中伸弥

    第1回 iCeMSクロストーク:永田紅 × 山中伸弥 - 山中伸弥との対談を収めた動画永田紅 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎

    大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎から見た山中伸弥山中伸弥

    山中伸弥 - 京都大学iPS細胞研究所所長(2012年度ノーベル生理学・医学賞受賞者)大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東信久

    伊東信久から見た山中伸弥山中伸弥

    2012年にノーベル医学生理学賞を受賞した、山中伸弥とは、高校、大学の後輩であり、また、大学のラグビー部、大学院の先輩でもある。その関係で今でも交友関係があるという。伊東信久 フレッシュアイペディアより)

  • 世耕弘成

    世耕弘成から見た山中伸弥山中伸弥

    大阪教育大学教育学部附属高等学校天王寺校舎ではノーベル賞受賞者京都大学山中伸弥教授と同期。。早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業。1986年、日本電信電話(NTT)に入社。1990年よりNTTからの派遣でボストン大学コミュニケーション学部大学院へ留学し、1992年修了、企業広報論修士号を取得。帰国後、関西支社経理部経営管理担当課長、本社広報部報道部門報道担当課長を務める。世耕弘成 フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬Human Scienceスペシャル

    大正製薬Human Scienceスペシャルから見た山中伸弥山中伸弥

    山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所所長、2012年ノーベル生理学・医学賞受賞)大正製薬Human Scienceスペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 第63回NHK紅白歌合戦

    第63回NHK紅白歌合戦から見た山中伸弥山中伸弥

    2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授のゲスト審査員起用が有力視されるも実現しなかった。原田秀樹は「研究で忙しいでしょうし、テレビ出演で研究の邪魔をしてはいけない。人類のためにあえてオファーしなかった」と話した。第63回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人のノーベル賞受賞者

    日本人のノーベル賞受賞者から見た山中伸弥山中伸弥

    実際に受賞したのは、第二次世界大戦終結後の湯川秀樹が初めてであり、敗戦直後の日本国民に大いに自信を与えたという。2009年現在、日本は非欧米諸国の中で最も多くの受賞者を輩出している。現時点での受賞者は、帝国大学とそれを前身とする大学の出身者が多数を占めている。白川英樹(東京工業大学)、下村脩(現長崎大学・旧制長崎医科大学)、山中伸弥(神戸大学)も居るが、全てが国立大学の卒業生となる。また、受賞者の多くが大学教授などの研究者である中、2002年(平成14年)に民間企業の技術者であった田中耕一の化学賞受賞が話題になった。日本人のノーベル賞受賞者 フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示

「山中伸弥」のニューストピックワード