80件中 21 - 30件表示
  • 再生医学

    再生医学から見た山中伸弥山中伸弥

    胚性幹細胞(ES細胞)の作成には受精卵を用いるといった倫理的な問題も伴うことから、京都大学再生医科学研究所の山中伸弥教授らによる人工多能性幹細胞(iPS細胞)の研究成果が、ノーベル生理学・医学賞を受賞したことなどから世界から注目されている。細胞や細胞医薬品の長期保存のため液体窒素を活用した大型の全自動凍結保存システムなども注目される。再生医学 フレッシュアイペディアより)

  • 胚性幹細胞

    胚性幹細胞から見た山中伸弥山中伸弥

    2006年8月10日、京都大学再生医科学研究所の山中伸弥らは、マウスの胚性線維芽細胞に4つの因子 (Oct3/4 ,Sox2, c-Myc, Klf4) を導入することでES細胞のように分化多能性を持つ人工多能性幹細胞(iPS細胞; induced pluripotent stem cells)が樹立できることを科学雑誌セルで発表した。胚性幹細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 畑中正一

    畑中正一から見た山中伸弥山中伸弥

    『iPS細胞ができた! ひろがる人類の夢』山中伸弥共著 集英社 2008畑中正一 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の科学

    2013年の科学から見た山中伸弥山中伸弥

    生命科学ブレークスルー賞 - 山中伸弥、ロバート・ワインバーグなど11人2013年の科学 フレッシュアイペディアより)

  • 日経スペシャル 稲盛和夫 生きる

    日経スペシャル 稲盛和夫 生きるから見た山中伸弥山中伸弥

    京都セラミック(現・京セラ)と第二電電(現・KDDI)の創業者で、日本航空の再建を指揮した稲盛和夫は、1985年に自らの私財を投じて京都賞を創設。同賞の創設30周年に際し、番組は過去に同賞を受賞した志村ふくみ、山中伸弥、五代目板東玉三郎へのインタビューを通じて稲盛のそれまでの人生を振り返り、彼が常に人生のテーマとして掲げる「ひたむきに生きて働く」ことの大切さを訴えた。日経スペシャル 稲盛和夫 生きる フレッシュアイペディアより)

  • オールバニ・メディカルセンター賞

    オールバニ・メディカルセンター賞から見た山中伸弥山中伸弥

    2011年: Elaine Fuchs, James Thomson, 山中伸弥オールバニ・メディカルセンター賞 フレッシュアイペディアより)

  • アイス・バケツ・チャレンジ

    アイス・バケツ・チャレンジから見た山中伸弥山中伸弥

    日本国内では、8月16日にSHELLYがチャレンジを行ったことを発表した頃から著名人のチャレンジが相次ぎ、孫正義や山中伸弥などが氷水をかぶるなど、広がりを見せている。日本ALS協会には8月18日から22日の間に、前年1年間の募金額に匹敵する394万円の募金が集まった。またその年を象徴する言葉を選出する「新語・流行語大賞」の候補50語に選出された。日本ALS協会は公式サイトによると、「アイス・バケツ・チャレンジ」で約3755万円(14年11月末現在)の寄付が集まり、同協会への寄付金は過去20年で約7688万円であることから、この活動により過去20年間の半分近くの金額が集まったことになる成果があったとしている。アイス・バケツ・チャレンジ フレッシュアイペディアより)

  • 神原陽一

    神原陽一から見た山中伸弥山中伸弥

    平成20年(2008年)度に、鉄系超伝導体LaFeAs(O,F)を発見。鉄系高温超伝導体に関する論文がトムソン・ロイターから世界での最多被引用研究者として選ばれ、細野秀雄と共に発見した「超伝導物質」の論文が、山中伸弥・京都大学教授による「iPS細胞研究に基づく細胞の再プログラミング化」と共に米・『サイエンス』誌の2008年科学10大ニュースに選出された。神原陽一 フレッシュアイペディアより)

  • 竹内弘一のズキュ〜ン

    竹内弘一のズキュ〜ンから見た山中伸弥山中伸弥

    子守康範 竹内の山中伸弥へのインタビュー内容に感動して、大浦を介して自ら出演を申し出た。竹内弘一のズキュ〜ン フレッシュアイペディアより)

  • セルラー・ダイナミクス・インターナショナル

    セルラー・ダイナミクス・インターナショナルから見た山中伸弥山中伸弥

    2010年に京大の知的財産管理会社は、CDIに対して海外の会社としては初めて、山中伸弥京都大教授らが開発した基本特許を非独占的なライセンス供与する契約を結んだと発表した。セルラー・ダイナミクス・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

80件中 21 - 30件表示

「山中伸弥」のニューストピックワード