80件中 41 - 50件表示
  • 名誉市民

    名誉市民から見た山中伸弥山中伸弥

    受賞者はその市区町村出身の国会議員や首長などの政治家や医師、教育者、研究者、出身の著名人などが多く、政治家の例では元首相の森喜朗が石川県能美市の名誉市民第1号となったことや、羽田孜が長野県上田市の名誉市民になったことが挙げられる。研究者ではノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学教授の山中伸弥が京都市と東大阪市など自身とゆかりある市の名誉市民となっている。名誉市民 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋和利

    高橋和利から見た山中伸弥山中伸弥

    生物学とは無関係の同志社大学工学部を卒業した。その後、山中伸弥が奈良先端科学技術大学院大学に助教授として赴任し、1999年に初めて研究室をもった翌年、学生が誰もいなかった山中研究室に、最初に徳澤佳美や海保英子と共に大学院生として入った。京都大学に赴任した山中に伴い、博士号取得後、研究室ごと再生医科学研究所に移籍。京都大学で特任助教として勤務した。2008年から京都大学助教、2009年から京都大学講師を務める。高橋和利 フレッシュアイペディアより)

  • 徳澤佳美

    徳澤佳美から見た山中伸弥山中伸弥

    徳澤 佳美(とくざわ よしみ)は、日本の生命科学者。愛媛大学助教。奈良先端科学技術大学院大学の山中伸弥研究室で博士号を取得した。徳澤佳美 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東信久

    伊東信久から見た山中伸弥山中伸弥

    山中伸弥は神戸大学医学部医学科、大阪市立大学大学院、神戸大学医学部ラグビー部の先輩にあたり、交友関係がある。伊東信久 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦克之

    三浦克之から見た山中伸弥山中伸弥

    1990年に大阪市立大学医学部薬理学教室講師に昇格。体液性因子の体循環が専門で、ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥が同大の大阪市立大学の博士課程に入学してきた際の指導教官を務め、「麻酔イヌにおける血小板活性化因子の降圧機序」の研究の指導をした。三浦克之 フレッシュアイペディアより)

  • BORO

    BOROから見た山中伸弥山中伸弥

    また、AYAKA基金設立から24年目の2017年には、AYAKA基金の活動にずっと共感を寄せていた「NPO法人さい帯血国際患者支援の会」理事長の有田美智世氏とタッグを組み、京都大学・山中伸弥教授のiPS細胞研究基金周知広報の歌『しあわせのおくりもの』を製作した。BORO フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ノフラー

    ポール・ノフラーから見た山中伸弥山中伸弥

    2013年にノーベル賞受賞者の山中伸弥とジョン?ガードン、ロバート?ランザなどとともに幹細胞研究分野の「最も影響力のある50人」の一人に選ばれた。ポール・ノフラー フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のテレビ (日本)

    2017年のテレビ (日本)から見た山中伸弥山中伸弥

    【教養・科学】NHK総合『NHKスペシャル』で人体の神秘に迫る新シリーズ『人体〜神秘の巨大ネットワーク〜』を開始(全7回、2018年3月まで予定)。司会はタモリと山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所々長、2012年ノーベル生理学・医学賞受賞者)が務める。翌日の「第1集」放送を前にこの日は「プロローグ」として放送した(21:00 - 21:59)。2017年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代の日本

    2000年代の日本から見た山中伸弥山中伸弥

    11月21日 - 京都大学の山中伸弥教授が、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の作成に成功したと発表。2000年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 井上学術賞

    井上学術賞から見た山中伸弥山中伸弥

    2007年 - 今中信人、小原一成、岡野栄之、岡本博、山中伸弥井上学術賞 フレッシュアイペディアより)

80件中 41 - 50件表示

「山中伸弥」のニューストピックワード