80件中 51 - 60件表示
  • 医学と医療の年表

    医学と医療の年表から見た山中伸弥山中伸弥

    2007年 - 京都大学の山中伸弥らのグループが、ヒトの皮膚細胞に遺伝子を組み込むことにより人工多能性幹細胞(iPS細胞)を生成する技術を発表。また同日、ウィスコンシン大学のジェームズ・トムソンもほぼ同等の方法でiPS細胞を生成する論文を発表した。医学と医療の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 日本学士院賞

    日本学士院賞から見た山中伸弥山中伸弥

    山中伸弥(博士(医学)) - 「人工多能性幹細胞(iPS 細胞)の樹立」(恩賜賞も受賞)日本学士院賞 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田善雄

    岡田善雄から見た山中伸弥山中伸弥

    1957年に発表した細胞融合に関する世界初の論文は、欧米で大きな反響を呼び画期的大発見と最高の評価が下された。これ以後、人間とネズミとの細胞融合をはじめ、色々な組み合わせの融合ができることが分かり、細胞レベルでの遺伝学やウイルスによる発ガンの研究が飛躍的に進展した。また2種類の細胞の性質が混じった細胞を作る方法は、遺伝子組み換えなどとともにバイオテクノロジーの柱の一つになった。新薬や医療技術の開発、新しい植物の開発、農作物の品種改良、有用微生物の改良など、様々な分野で利用されている。生命科学や基礎医学の発展に及ぼした影響は計り知れない。近年、万能細胞として脚光を浴びる山中伸弥京都大学教授の人工多能性幹(iPS)細胞も、この系譜上にあるといえる。岡田は現代のバイオテクノロジーの発展につながる先駆者となったが、当時の国内ではその意義を理解する人は少なく、環境の整った欧米で研究は花開き生命科学の発展に繋がっていった。岡田善雄 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎

    大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎から見た山中伸弥山中伸弥

    山中伸弥 - 京都大学iPS細胞研究所所長(2012年度ノーベル生理学・医学賞受賞者)大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎 フレッシュアイペディアより)

  • 岩井圭司

    岩井圭司から見た山中伸弥山中伸弥

    1980年 - 大阪教育大学教育学部附属高等学校天王寺校舎卒業。中高の一級下に、山中伸弥(大学でも一級下)、世耕弘成。岩井圭司 フレッシュアイペディアより)

  • 9月4日

    9月4日から見た山中伸弥山中伸弥

    1962年 - 山中伸弥、医学者、京都大学iPS細胞研究所所長9月4日 フレッシュアイペディアより)

  • 守本奈実

    守本奈実から見た山中伸弥山中伸弥

    NHKスペシャル「“生命”の未来を変えた男〜山中伸弥・iPS細胞革命〜」(2010年9月)ナレーション守本奈実 フレッシュアイペディアより)

  • マスリー賞

    マスリー賞から見た山中伸弥山中伸弥

    2008年: 山中伸弥, James Thomson, ルドルフ・イエーニッシュマスリー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年代の日本

    2010年代の日本から見た山中伸弥山中伸弥

    10月8日 - 京都大学の山中伸弥教授が日本人として25年ぶり史上2人目となるにノーベル生理学・医学賞を受賞。2010年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 2025年万国博覧会の大阪招致構想

    2025年万国博覧会の大阪招致構想から見た山中伸弥山中伸弥

    2017年9月、茶道裏千家前家元千玄室、ファッションデザイナーのコシノジュンコ、外務官僚の岡村善文、サッカー選手の本田圭佑、生物学者の山中伸弥、人気キャラクターのポケットモンスター及びハローキティが、2025年国際博覧会誘致特使(万博誘致特使)に就任。2025年万国博覧会の大阪招致構想 フレッシュアイペディアより)

80件中 51 - 60件表示

「山中伸弥」のニューストピックワード