80件中 61 - 70件表示
  • 京都賞

    京都賞から見た山中伸弥山中伸弥

    京都賞を運営する稲盛財団は、名誉総裁に高円宮妃久子が、理事に野依良治、山中伸弥などノーベル賞受賞者の他、梅原猛、甘利俊一、広中平祐、中西重忠、本庶佑など世界を代表する研究者、特別顧問に京都大学総長、大阪大学総長、京都府知事、京都市長が名を連ねる。京都賞 フレッシュアイペディアより)

  • トムソン・ロイター引用栄誉賞

    トムソン・ロイター引用栄誉賞から見た山中伸弥山中伸弥

    山中伸弥 (2012)、ジェイムズ・ティル、アーネスト・マコラックトムソン・ロイター引用栄誉賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の科学技術

    日本の科学技術から見た山中伸弥山中伸弥

    日本はこれまで複数名のノーベル賞科学部門の受賞者を輩出している。当時京都大学教授だった湯川秀樹は1949年にノーベル物理学賞を受賞した。1965年に朝永振一郎が続いた。東京大学で教鞭をとっていた半導体研究者の江崎玲於奈も1973年にノーベル物理学賞を受賞した。京都大学の福井謙一が1981年にノーベル化学賞を共同受賞し、同じく京都大学で教鞭を執っていた利根川進が1987年に日本初のノーベル生理学・医学賞を受賞した。日本の化学者は2000年、2001年と立て続けにノーベル化学賞を受賞する。2000年に東京工業大学の白川英樹が、2001年に京都大学の野依良治が受賞した。2002年には東京大学の小柴昌俊がノーベル物理学賞を、東北大学出身の田中耕一がノーベル化学賞を受賞してそれに続いた。 小林誠、益川敏英、そして現在はアメリカ合衆国国籍の南部陽一郎が2008年にノーベル物理学賞を共同受賞し、同年に下村脩がノーベル化学賞を受賞した。以降も2010年に鈴木章と根岸英一がノーベル化学賞を受賞し、2012年には山中伸弥が日本人2人目のノーベル生理学・医学賞受賞者となった。日本の科学技術 フレッシュアイペディアより)

  • 世耕弘成

    世耕弘成から見た山中伸弥山中伸弥

    大阪教育大学教育学部附属高等学校天王寺校舎ではノーベル賞受賞者京都大学山中伸弥教授と同期。早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業。1986年、日本電信電話 (NTT) に入社。1990年よりNTTからの派遣でボストン大学コミュニケーション学部大学院へ留学し、1992年修了、企業広報論修士号を取得。帰国後、関西支社経理部経営管理担当課長、本社広報部報道部門報道担当課長を務める。世耕弘成 フレッシュアイペディアより)

  • 又吉イエス

    又吉イエスから見た山中伸弥山中伸弥

    臓器移植については断固反対の立場をとっているほか、iPS細胞の作製・利用についても「遺伝子組み換え・操作は、生態系を破壊し、また、人間を人間でなくするものであり、 更には、その技術の危険性も考えなければいけない。従って、遺伝子組み換え・操作は一切してはならない。 遺伝子に関しては、それが基準である」として反対しているが、実際はiPS細胞は特定の部位に向けた誘導培養がベースの為、遺伝子組み換えはもちろん、「誘導」操作以外について又吉の指摘はほぼ的を外している。さらにその発明者であり、2012年のノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学の山中伸弥に対し、「直ちにiPS細胞の作製・利用をやめなければいけない。 そうしないならば唯一神又吉イエスが山中伸弥らを地獄の火の中に投げ込むものである」としている。又吉イエス フレッシュアイペディアより)

  • 黄禹錫

    黄禹錫から見た山中伸弥山中伸弥

    しかし、2005年末に発覚したヒト胚性幹細胞捏造事件(論文の捏造・研究費等の横領・卵子提供における倫理問題)により、学者としての信用は地に墜ちた。この捏造の影響により、正攻法でES細胞を作り出そうとしていた民間企業が研究継続の断念に至るなど、山中伸弥がiPS細胞の生成に成功するまでの間、ES細胞や再生医療分野の研究の世界的な停滞を引き起こした元凶とされる。「科学における不正行為」をテーマとした書籍でたびたび言及される人物でもある。黄禹錫 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県立畝傍高等学校

    奈良県立畝傍高等学校から見た山中伸弥山中伸弥

    畑中正一 - ウイルス学、京都大学名誉教授、塩野義製薬相談役、『現代ウイルス事情』著者、『iPS細胞ができた!』著者(共著者は山中伸弥奈良県立畝傍高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 京都大学ウイルス・再生医科学研究所

    京都大学ウイルス・再生医科学研究所から見た山中伸弥山中伸弥

    2007年には、再生医科学研究所教授・山中伸弥の人工多能性幹細胞(iPS細胞:induced pluripotent stem cell)に関する論文によって、世界的に有名となる。その功績が認められ、2010年に新たに設置された京都大学iPS細胞研究所とともに日本の再生医療研究の中心地となる予定である。京都大学ウイルス・再生医科学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 京都大学iPS細胞研究所

    京都大学iPS細胞研究所から見た山中伸弥山中伸弥

    iPS細胞(人工多能性幹細胞)に関する基礎研究および応用研究を行い、「再生医療の実現に貢献する」ことを理念に掲げている。大部分を占める非正規雇用の職員と大学院生を含めて約200人が働いている(2012年現在)。研究所は地上5階、地下1階の建物で、各研究室間の仕切りを取り払い、研究者同士で自由な議論をすることができる「オープンラボ形式」が特徴である。iPS細胞に関する研究だけでなく、知的財産の管理や規制当局への対応、広報活動も業務のうちの一つとしている。所長の山中伸弥が2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞することを受け、文部科学省は今後10年間に渡って長期的に研究費を助成する方針。京都大学iPS細胞研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 小保方晴子

    小保方晴子から見た山中伸弥山中伸弥

    事件・騒動関係者 - 三木秀夫、11jigen、山中伸弥、鎌田薫小保方晴子 フレッシュアイペディアより)

80件中 61 - 70件表示

「山中伸弥」のニューストピックワード