110件中 21 - 30件表示
  • 山中伸弥

    山中伸弥から見たうつ病

    その後、帰国して日本学術振興会特別研究員 (PD) を経たのち、日本の医学界に戻り、岩尾洋教授の下、大阪市立大学薬理学教室助手に就任。しかし、その研究環境の米国との落差に苦しむ。アメリカ合衆国と異なりネズミの管理担当者がおらず、ネズミの管理に忙殺され、またすぐに役立つ薬の研究をしなかったため「やまちゅう」と呼ばれ、周囲の理解を得られず、半分うつ病状態になった。基礎研究を諦め、研究医より給料の良い整形外科医へ戻ろうと半ば決意した中、科学雑誌で見つけた奈良先端科学技術大学院大学の公募に「どうせだめだろうから、研究職を辞めるきっかけのために。」と考え、応募したところ、採用に至り、アメリカ時代と似た研究環境の中で再び基礎研究を再開した。奈良先端大では毎朝構内をジョギングして、体調管理に努めた。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た神戸大学

    1987年(昭和62年)3月 - 神戸大学医学部医学科卒業山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た胚性幹細胞

    2007年(平成19年)11月21日、山中のチームはさらに研究を進め、人間の大人の皮膚に4種類の発癌遺伝子などの遺伝子を導入するだけで、ES細胞に似たヒト人工多能性幹(iPS)細胞を生成する技術を開発、論文として科学誌セルに発表し、世界的な注目を集めた。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見たジョギング

    その後、帰国して日本学術振興会特別研究員 (PD) を経たのち、日本の医学界に戻り、岩尾洋教授の下、大阪市立大学薬理学教室助手に就任。しかし、その研究環境の米国との落差に苦しむ。アメリカ合衆国と異なりネズミの管理担当者がおらず、ネズミの管理に忙殺され、またすぐに役立つ薬の研究をしなかったため「やまちゅう」と呼ばれ、周囲の理解を得られず、半分うつ病状態になった。基礎研究を諦め、研究医より給料の良い整形外科医へ戻ろうと半ば決意した中、科学雑誌で見つけた奈良先端科学技術大学院大学の公募に「どうせだめだろうから、研究職を辞めるきっかけのために。」と考え、応募したところ、採用に至り、アメリカ時代と似た研究環境の中で再び基礎研究を再開した。奈良先端大では毎朝構内をジョギングして、体調管理に努めた。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た奈良市

    大阪府東大阪市出身。小学校時代から大学1回生まで、奈良県奈良市の学園前に居住。父親は工学部を出て、ミシンを作る町工場を経営。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た遺伝子

    2007年(平成19年)11月21日、山中のチームはさらに研究を進め、人間の大人の皮膚に4種類の発癌遺伝子などの遺伝子を導入するだけで、ES細胞に似たヒト人工多能性幹(iPS)細胞を生成する技術を開発、論文として科学誌セルに発表し、世界的な注目を集めた。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た再生医療

    2007年にセルに掲載された論文。上記のマウスで成功した方法を、ヒトに応用し、成功したことを報告したもの。成人のヒトの皮膚の細胞から多能性幹細胞を作成することに成功したことを報告した。この報告はヒトにおける再生医療(自分の体の一部から移植用の臓器を作成する、すなわち皮膚から肝臓を作成する等)の具体的実現可能性を示した報告として、社会的にも大きい注目を浴びる。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た大阪市立大学

    すぐに新しいことをやりたくなる飽きやすい性格であるといい、整形外科の仕事を単調に感じてしまったこともあり、病院を退職、1989年(平成元年)に大阪市立大学大学院に入学。山本研二郎が教授を務めていた薬理学教室で、三浦克之講師の指導の下、研究を開始。当初はいずれ臨床医に戻るつもりだったという。指導教官の三浦は、非常に優秀ながら時間を効率的に使い、適当な時間になると研究を切り上げ帰宅していた、誰にでも好かれるさわやかな性格だった、と述懐する。論文 "Putative Mechanism of Hypotensive Action of Platelet-Activating Factor in Dogs"(「麻酔イヌにおける血小板活性化因子の降圧機序」)を提出し、博士 (医学)の学位を取得。しかし、学位取得後は、どうやったら人の3倍研究できるかを考えて研究に従事。ほとんど寝ずに研究を行うことも多く、ハードワークでは誰にも負けない自信があったという。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見たセル (雑誌)

    2006年(平成18年)8月25日の米学術雑誌セルに京都大学再生医科学研究所教授である山中と特任助手だった高橋和利(現、講師)らによる論文が発表された。論文によると山中らはマウスの胚性繊維芽細胞に4つの因子 (Oct3/4, Sox2, c-Myc, Klf4) を導入することで ES細胞のように分化多能性を持つマウス人工多能性幹細胞(iPS細胞:induced pluripotent stem cell)を確立した。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見たカリフォルニア大学サンフランシスコ校

    山中 伸弥(やまなか しんや、1962年(昭和37年)9月4日 - )は、日本の医学者。京都大学iPS細胞研究所所長・教授。1993年大阪市立大学大学院医学研究科修了(医学博士)。カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所上級研究員、奈良先端科学技術大学院大学栄誉教授。文化功労者。「成熟細胞が初期化され多能性をもつことの発見」により2012年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

110件中 21 - 30件表示

「山中伸弥」のニューストピックワード